日本漢字能力検定協会(本部京都市)の鬼追明夫理事長(75)が13日に開かれた臨時理事会で、退任の意向を伝えていたことが18日、分かった。任期が切れる3月末に退任する見通し。
 協会と前理事長らの親族企業の取引をめぐる背任事件後の協会立て直しに一定のめどが付いたためで、協会によると、鬼追氏は「自分は火消し役。正すことは正した」と話しているという。 

【関連ニュース】
今年の漢字「新」=新政権、新型インフル、新記録
公益法人の検定事業をめぐる動き
漢検志願者25%減=8~11月の前年同期比
「今年の漢字」募集開始

首相「私は投げ出さない」 石井氏が講演で明らかに(産経新聞)
小沢氏、政調復活に応ぜず=政策会議を機能強化(時事通信)
刑務所侵入容疑 元受刑者を逮捕 京都府警(産経新聞)
<自民党>衆院すべて審議欠席 支援候補の当選、追い風に(毎日新聞)
クレーン横転 病院建設現場で1人死亡、3人重軽傷 長野(毎日新聞)
AD