「PCエンジン」と「たま(柳原陽一郎)ライブレポート」+LifetouchNOTE使用日記ブログ

PCエンジンサイト「PCエンジン道場」に関するブログです。
バンド「たま」とそのメンバー(柳原陽一郎、石川浩司、知久寿焼、滝本晃司)に関するライブレポート
スマートブック「LIfetouchNOTE」に関する使用日記です。


テーマ:
3/9【柳原陽一郎とオオツボライブ~宮嶋淳子さんの石版画とともに】の
ライブレポートをアップしてみました。

お暇な方は以下のリンクをクリックしてみてくださいませ。

http://tojo.chu.jp/yana/?p=443

※自前のWordpressに移行中です。
アメブロは、広告の量が多いのでやめる予定です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日のやなちゃんマンスリーライブで
やなちゃんランキングにランクインした曲でのライブが行われました。
以下、非公式速報版をアップしました。

※正確な情報はヤナネットの情報をお待ちください。苦情はジャロにお願いします。

やなちゃんランキング2012(非公式速報版)

第三木曜日の男 その4のライブが渋谷公園通りクラシックスでありました。

私はいけなかったのですが、セットリストがファンの好きな曲ランキングだったようで
これは、記録として残しておかねばなるまい!と思い以下記録しておきます。

やなちゃんランキング2012(非公式速報版)

1位 再生ジンタ
2位 オリオンビールの唄
3位 ふしぎな夜のうた
4位 満月小唄
5位 ホーベン
6位 真珠取りの詩
7位 ブルースを捧ぐ
8位 ハレルヤ
9位 BAD LOVE
10位 徘徊ロック#5

11位 あの娘は雨女
12位 あえて旅人
13位 ライク・ア・ローリングストーンズ
14位 さよなら人類
15位 おろかな日々


一位が、「再生ジンタ」だったそうです。
これは、一ファンとしても納得・満足です。

最近の曲のなかでは、メロディーも大好きなのですが、
「明るく前を向いて行こうぜ!」的な歌詞がとっても大好きであります。

次のCDで入ってくれると本当に嬉しいですね~。

いつもアンケートに書く「やなちゃんの好きな曲5曲」。
この結果をライブでフィードバックしてくれるのってありがたいですね。
私もこれがあるために真剣に悩んで書いています(笑)

ちなみに2012年はいつも以下の五曲を書いていました。

1,さよなら人類 →これは人生初の買ったCDでたまにはまったきっかけなので外せない。
2,夜のどん帳  →たま時代の曲のなかで一番好き。そこはかとない哲学的な歌詞が好き。
3,ホーベン   →ソロ曲で一番好き。プータロー当時、歌詞が色々胸に来た。
4,真珠取りの詩 →ソロだけどたまっぽい。メロディーもさることながら、妄想的な歌詞がすてき。やなちゃんの真骨頂だと思っている。
5,再生ジンタ →ライブ初聴きで大好きになった。歌詞が何より前向きで良い。


みなさんは何をいつも書いていらっしゃるのでしょうか?
好きな曲入っていましたでしょうか?

好きな曲を上位に持って行くためにも、今年もみんながんばって行きましょう!



DREAMER’S HIGH

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、やなちゃんがゲスト出演した

新宿のPitinnへ水谷浩章さん主宰の
「phonolite strings with 柳原陽一郎」に行ってきました。

$「PCエンジン」と「たま(柳原陽一郎)ライブレポート」+LifetouchNOTE使用日記ブログ


2013/1/13(日)新宿 Pit Inn
【phonolite strings with 柳原陽一郎】
開場 19:30 開演 20:00
予約・当日 3000円(1ドリンク代別)


実に半年ぶりのライブ鑑賞でした(11月は行き忘れ、平日は仕事で行けず)。

セットリスト
第一部

~phonoliteの曲を3曲~

1,ファミリープラン
2,ひまわり
3,本当に好きな人
4,BADLove
5,恋はかげろう
6,おろかな日々

第二部

~phonoliteの曲を1曲~

7,サボテンちゃん
8,オリオンビールの唄
9,航海日誌
10,真珠採りの詩
11,あの娘は雨女
12,泣いているのは君だけじゃないよ

アンコール
13,あえて旅人


今回のライブは、phonolit全てではなくstringsメンバーをバックに
やなちゃんは、完全歌のみ(ギターとピアノなどの楽器はなし)という
珍しい形でのライブでした。

セットリストは、phonolite主体の演奏だったので落ち着いた曲中心の構成。
席がゆったりなPitinnで聴くには良い曲構成でした。

個人的に特にツボだった曲は、3曲。

①サボテンちゃん=間奏での語りが絶妙。「サボテンちゃん、俺はイカ天、妹はナントカ天」。
②真珠採りの詩=間奏でのコップの水でぶくぶく。曲にマッチしていた。
③あの娘は雨女=カントリーアレンジが最高。


航海日誌が聴けたのもよかった!
ウタノワ再発売を契機にウタノワあたりの曲がライブでもっと聴けるようになると
嬉しいですねえ(^^)>個人的には一番好きなアルバムです。

次回のライブは、来週のやなちゃんマンスリー。
私は仕事で行けませんが、良いライブになりそうです!

行けそうな方は是非とも行きましょう!

$「PCエンジン」と「たま(柳原陽一郎)ライブレポート」+LifetouchNOTE使用日記ブログ

補足
今日は、ウタノワのCDと春夏秋冬柳原2011-2012を購入しました!
CDにはやなちゃん直筆のメッセージ入りサインがありました。

ありがたや~。

1/14日の休みは、やなちゃんの余韻に浸れる幸せな休日となりそうです!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

$「PCエンジン」と「たま(柳原陽一郎)ライブレポート」+LifetouchNOTE使用日記ブログ



8/5(日)渋谷 公園通りクラシックス 
【嗚呼、半世紀!~柳原陽一郎ソロライブ】
開場 18:30 / 開演 19:00
前売 3000円 / 当日 3500円



今日は、柳原さん自身の中で「歴史が変わっちゃったな」と思っている
節目の曲と、そこまでじゃないけどお客さんに選んでもらったらいいんじゃないかという曲を
リクエスト紙から選んでもらおう
というコンセプトのライブでした。

今回は一曲ごとに曲ができた背景の説明付きで、
柳原さんが自信の歴史を振り返り語りながら歌う(しかも休憩なし)という
ちょっと珍しい?形式でした。
※MCを一番下に思い出せる限り書いてみました。私の思い込み意訳たっぷりなので参考程度に参照願いますw。

セットリスト
1,牛小屋
2,ジャバラの夜
3,お経
4,さよなら人類(シングルバージョン)
5,たかえさん
6,ひまわりwith大坪さん
7,ブルーアイズ
8,子供がボールを取りにくる
9,ハレルヤ
10,オリオンビールの歌(リクエスト)with大坪さん
11,再生ジンタ(リクエスト)with大坪さん
12,君を気にしてる(リクエスト)
13,ふたりは遊牧民
14,ブルースを捧ぐ
15,GoingHome
アンコール1
16,だいじょうぶ
17,満月小唄
アンコール2
18,ホントのバラッドwith大坪さん


セットリストは、年代順に古い曲からだんだんと新しい曲へとシフトしていく構成でした。

個人的には今回のライブは新旧の名曲を織り交ぜたとってもすてきなセットリストでございました。
昔の曲でいえば、なんだかんだでさよなら人類!これは何回聴いても鳥肌が立ってしまいます。
珍しいシングルバージョンだったのもよかったです。

最近の曲では、再生ジンタ。これは大坪さんのリコーダーがとてもよかった!
再生ジンタはリクエスト用紙にあって、
「ソロでどうやって前奏とか演奏するんだろう?」と疑念(心配といった方が良いか)を持ったですが、
大坪さんのリコーダーのすばらしさに心配は吹き飛びました。

再生ジンタは本当に次のCDに入れてほしい曲です。元気になれるとても力のある曲だと思います。

ライブは、休憩なしに怒濤の勢いで大盛況で終了。

今回は、物販でサインをしなさいとお達しがあったようで(笑)
ライブ後はやなちゃんが物販コーナーにたちサインをしてくれるという
ナイスなイベントもありました。

※私も、しっかりいただきました(笑)
やなちゃんにサインをもらうときに「お名前は?」と聞かれ「(名字)です。」といったら「ああ、*さん(名前)」と言われびっくり、
恐縮&嬉しい色々テンパりまくりでしたw

$「PCエンジン」と「たま(柳原陽一郎)ライブレポート」+LifetouchNOTE使用日記ブログ


サインに「いつもありがとうこれからもよろしく!」と書いてあった。もうCD家宝です。棚に飾ります(爆)

ファンとしては、こちらこそよろしくでこれからもCD聴かせていただきます。でした(笑)

いろいろな意味で満足マックスなライブでした。

次回は、9/29日にジロキチだそうです。
8/30にはオルケスタリブレとしてのインストアライブが新宿かどこかのタワレコであるそうです。
やなファンな貴方、是非とも行きましょう!

※有給休暇、とれると良いなw


やなちゃんMC

※筆者の記憶と思い込みの意訳です。
柳原さんのが本当に思っていることと乖離している可能性があるので、筆者の妄想くらいに
とらえておいてくださいw

1,牛小屋
「ライブハウスで初めて歌った曲です。なので歌います。」

2,ジャバラの夜
「昔、3人の男がバンドを組みました。3人ギターでは格好悪いので
ある人はパーカッション、ある人はギター、私はカシオトーンになりました。
そのバンドで初めて作った曲です。」

3、お経
「バンドで1985年くらいにツアーに行ったときに、初めておっかけができたんです。九州の看護士なんですけど。でも歌っているのが、ジャバラとからんちうですよ?どうなっているんだ世の中はと(笑)
~略~そんなおっかけができてうれしくなってできた曲です。」

4,さよなら人類
「バンドでは、おっかけもできて良いねって言ってくれる人もいて自信がでてきて。
ポップソングみたいなの作ってみようかなと。ピアノは最初使っていなかったんです。ライブハウスなどでピアノがあるとちょっと使ってみたりして。じゃあピアノを使って曲を作ってみようと。それでできた曲です。」


5,たかえさん(渡辺君からのリクエスト)

6,ひまわりwith大坪さん
「渋谷のクアトロでみたバンドの打ち上げに強引に参加して、そこにいた女性とはなしたときに
東京は山がないんですね、とあってそうだよなぁ、と思ってできた曲です。」

7,ブルーアイズ
「やなちゃんソロアルバム作ってみない?と話が1995年くらいにあったんですけども。たまもやっているので
アメリカの歌のカバーならいいですよ。でドライブスルーアメリカを作ることになったんですが、
シングル用に曲を作ってって話になって。~略(ヤナソロジーにもあるお話:歌詞がかけずにレコーディングをバックレ)~でできた曲です。」

8,子供がボールを取りにくる
「ソロになって仕事がない。本当にないんです。事務所に所属しているわけでもないですし。これは老後がきたんだと。当時マンションの二階だったんですけど、一階が庭になっていて昼間に子供がボールを取りにくるんですよ。それをそのまま詩にした歌です。本当にそのまんまです(笑)」

9,ハレルヤ
「私は、外国のカバーを歌うんですけどそのまま歌うんじゃなくて自分で訳して歌いたいんですね。
そういうスタイルでいいんだな。と思った曲です。」

10,オリオンビールの歌(リクエスト)with大坪さん

11,再生ジンタ(リクエスト)with大坪さん

12,君を気にしてる(リクエスト)

「バンドをやめて最初に作った曲です。youtubeでビデオを作ってくれてる方がいますね。曲より映像の方がいいと思います(笑)。君を気にしてるは当時周りで音楽をやめていく人もでてきて。どうしてる?がんばってるか?って思うんですけど、当時メールとか無いですから。歌にしてやろうかと。昔の友達とかバンド仲間とかを頭の片隅に浮かべて作った曲です。」

13,ふたりは遊牧民
「地方に行くとライブハウスの楽屋とかひどいところもあるんですよ。ええ!?ここが楽屋!?みたい場所もあって。北海道なんかではとても寒かったり。そんなときにできた曲です。」

14,ブルースを捧ぐ
「弾き語りをやってきて初めてやった!と思った曲です。ああ、もうこれで良いんだと思った曲です。」

15,GoingHome


アンコール1
16,だいじょうぶ
「懐かしい曲をやります。かなり(アレンジが)変わっていますがやってみますね。」

17,満月小唄
「高田馬場の劇場を夜中借りて作っているうちにこんなに長くなってしまいました。」

アンコール2
18,ホントのバラッドwith大坪さん
「練習していたけどやらなかった曲をやります。」

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
「PCエンジン」と「たま(柳原陽一郎)ライブレポート」+LifetouchNOTE使用日記ブログ


「PCエンジン」と「たま(柳原陽一郎)ライブレポート」+LifetouchNOTE使用日記ブログ
6/16(土)西麻布 新世界
【レッツラ・ゴー!~ Warehouseと柳原2012】
出演)Warehouse[鬼怒無月(g) 高良久美子(per) 大坪寛彦(b)]+柳原陽一郎(vo)
開場 18:00 / 開演 19:00
予約 3000円 / 当日 3300円(共に1ドリンク代別)


ライブレポート

第一部
1,満月ブギ
2,うなぎパイ
3,ふたりぼっち
4,最後にお茶を
5,インスト(Warehouse)
6,身投げのブルース
7,久美ちゃんのお別れ小唄
8,ジャバラの夜

第二部
9,インスト(Warehouse)

昭和歌謡曲講座
10,西銀座駅前(フランク永井)
11,東京シューシャインボーイ(暁テルコ)
12,ズンドコ節(田端義男)
13,変な女(ウパウパティンティン)

14,ヒノモト音頭
15,CarrotParty
16,つらい日々はコリゴリだ

アンコール
17,そして、ペンギンは語る
18,Mana's roux #2

アンコール2
挨拶だけ


今日は、六本木にwarehouseと柳原のライブにいって参りまいした。
六本木は、しょぼたまと明和電機とのジョイントライブ以来です。

2011年11月から半年ぶりのWarehouse と柳原のライブはいつも通りのとっても良いライブでした!

何が良いかって、各方々の演奏力!これにつきます。

特に今回凄かったのは、高良さんの高速ビブラフォン!
鬼怒さんのギター、大坪さんのベースとコーラスいつものように凄いのですが、
ビブラフォンで奏でる音の速さがものすごかったのです。
(いうなれば、ドラゴンボールの天津飯の四妖拳(しようけん) のような高速さ。残像が出ていましたw)

ビブラフォン以外にも鐘とか鈴とか太鼓とか音の豊富さは、
高良ワールドが構築されていて聴き応えがありますね。
演奏が醸し出す独自の世界観はたまファン観点からいうと女性版たまの石川さんといった感じです(笑)

あと今回新鮮だったのが、歌謡曲コーナー。
これは、やなちゃん、鬼怒さんがピックアップした歌謡曲をやなちゃんが歌うという試みでした。

『最近は、頑張ろうという曲が多いものですが、warehouseと柳原久しぶりなんだからおもしろい曲やろうよ!byやなちゃん+大坪さん』
となり歌謡曲コーナーとなったようです。

どの曲も、自分が知らないのもありますが、新鮮に聴けました。
加えて、すごくやなちゃんにマッチしていました。
知らないで聴いてやなちゃんが「新曲です。」と言っても気がつかないかも(笑)
やなちゃんカバーの技術は本当にすごいと思います。自分の唄にしている感じがします。

是非とも、次回のWarehouseと柳原でもやってほしいです。

最後は、マナズルーでゆったりした曲で締めでした。
2回目のアンコールの拍手が鳴りやまなかったのですが「ネタ切れ」ってことで
曲は無く挨拶のみでした。

ファン視点からいくと「祝前日と土曜日はアンコール二回目用意しておいて!」
って思っちゃいましたw
(あつかましいですが)
平日は、アンコール1回目で終わっても次の日仕事なので良いのですが、
休前日・土曜日は遅く残っても何にも問題ないですからねw

ともあれ、非常に素晴らしいライブな一夜でした。
Warehouseと柳原は最高です!

次回のライブは8月5日の渋谷公園通りクラシックスでの誕生日ライブ!
これも楽しみです。

以下、原曲コーナー(東京シューシャインボーイにハマりました。笑)

西銀座駅前(ABC、XYZ)


トウキョウシューシャンボーイ


ズンドコ節(田端義夫)


変な女(水原弘)

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
DREAMER’S HIGH

4/22(日) 西荻窪 サンジャック 
[ヤナグマの日曜日]
出演)柳原陽一郎+熊坂るつこ
開場 14:30 / 開演 15:00 


第一部
1、本当に好きな人
2、オリオンビールの歌
3、ホントのバラッド
4、ロータスの庭
5、青の時代
6、魔法かけてよ
7、ブルースを捧ぐ
8、素敵ブギ

第二部
9、悪人志願
10、農夫に力を
11、再生ジンタ
12、キミノタメナラシネル
13、ヒノモト音頭
14、はこにわ
15、夜のどん帳
16、おろかな日々

アンコール1
17、悲しみ

アンコール2
18、ジャバラの夜


今日は西荻窪のサンジャックに柳原さんのライブを聴きに行ってきました。
今回のライブは、2012年に入ってから良くセッションをやっている
熊坂るつこさん(アコーディオン)とのデュオ編成でした。

この編成でのライブを観るのも5回目位になりますが、
熊坂さんのアコーディオンはつくづく柳原さんの曲に合うな~と実感します。
ソロライブ(特に弾き語りなど)では軽視されがちな(?)間奏をすごくきれいに奏でてくれるので
聴いていてとても気持ちが良いのです。

柳原さんの曲は旋律がとても気持ちが良いので、
熊坂さんしかり鬼怒さんしかり間奏をきちっと弾く人がいると
生で聴く曲の迫力がアップするような気がします。

熊坂さんのコーラスもライブを重ねるごとに良くなっていると思います(笑´∀`)
今後も定期的に熊坂さんとライブをやってほしいなあ。

新情報としては
近いうちにアルバムを作成されるです。(嬉しいですねー!)
まだアルバムのテーマが決まっていないそうで、
「MCでどんなアルバムが良いか、どんな人やアレンジでやってほしいかアンケートに書いてください
どんなのでも良いですよ」とあったのですが、

「たまがいい!とかたま再結成はだめですよ!(会場笑い)」

わかっちゃいるけど書く人もいるのでしょうね(笑´∀`)
>ちなみに私は、熊坂さん推ししておきました。鬼怒さん、外山さん、熊坂さんとかいたら最強そう。
それにしても日曜日のライブ、昼間にやってくれるのって良いですね。

特に次の日がブルーマンデーな故に
終わってもよけいに夜リラックスできる時間があるライブって言うのは
プロ野球で言えば日曜がナイターではなくデーゲームだった的な良さがあります。

次回のライブはちょっと間があって名古屋と高円寺だとか。
気になる方はヤナネットをチェックしてライブに行きましょう!

野球 ~たまグローブ座ライブ~ [DVD]
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
DREAMER’S HIGH


いつかウシになる日まで~柳原陽一郎ドキュメント’07~’08 [DVD]

3/23(金)渋谷 公園通りクラシックス 
【春はざわざわ in 東京】
開場 19:00 / 開演 19:30
前売・メール予約 3000円 / 当日 3500円



セットリスト
第一部
1,はこには
2,あの娘は雨女
3,真珠採りの詩
4,悪人志願(新曲)
5,農夫に力を
6,ホントのバラッド
7,だるまだまるな
8,素敵ブギ
第二部
9,悲しみ
10,本当に好きな人
11,魔法かけてよ(新曲)
12,ヒノモト音頭
13,ディープアゲイン(新曲?おぼろげ)
14,キミノタメナラシネル
15,ジャバラの夜
16,夜のどん帳
アンコール1
17,おろかな日々
アンコール2
18,オリオンビールの唄
19、さよなら人類(間奏でパラシュート)



今回の最近開催が多い渋谷公園通りクラシックスでのライブでした。
個人的にはかなりツボに入ったものすごくよいライブでした。

何がよかったかというと

「①セットリスト、②アレンジ、③新曲ラッシュ」
もう、この三つがすごくよかった!

セットリストはのっけから
はこには、雨女、真珠と勢いよく始まって、途中新曲、バラードがあって、締めは夜系の曲
アンコールではリクエストありという個人的には大鉄板、これ以上ない構成でした。
(やなちゃんの曲の中でも特に大好きな真珠採りの詩、夜のどん帳、さよなら人類を一つのライブで聴けたのが嬉しすぎでした)

リズミカルな曲が多いライブは一個人ファン的には楽しく聴けますね。

アレンジも、熊坂さんのアコーディオンが素晴らしいったらありゃしないです。
弾き語りだと、省略されがちなメロディーを原曲に忠実ながらも
所々アレンジが効いていて聴いていて気持ちがよくなれます。

熊坂さんのコーラスも良い!
去年の三月あたりは恥じらいも感じられましたが
吹っ切れてる感がありました(笑´∀`)味があります。

最後に新曲大量生産でどれもリズミカルでよかったです。
悪人志願は、東京電力の退職金4500万円のニュースを聞いて
10分で作ったそうです。

考えて詩を作った若い頃と違い、最近は勢いで作ることも多いそうです。
次に魔法かけてよは、恋人に逃げられた男の唄だそうです。
詩が秀逸でした。

対象に流行ったジンタとスコットランド民謡の合いの子だそうです。
リズミカルでアコーディオンの間奏がとっても耳に残る良い曲でした。
是非また聞きたい!

新曲の中で一番好きかも。気が早いですがCDに入れてほしいです(笑´∀`)

ライブは最後、リクエストとおまけのさよなら人類で締め。
リクエストでは「麦茶をもういっぱい」の声もあったのですが、
やなちゃん「ノー!アブソルートリーノー!」と却下でしたw
ただ、麦茶をもういっぱいを好きな人は多いらしく、
「麦茶をもういっぱいを聴いて柳原さんを好きになりました」と
女子高生からもメールでもらったそう。

私も好きです(笑´∀`)。聴きたかったなあ。。。

ともあれ、最後に大好きなさよなら人類を聴けて大満足のライブでした。
今年はライブを精力的にやってくれるとのことなので、
大変楽しみです!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ウシはなんでも知っている



今日は、やなちゃんライブではおなじみのベーシスト
水谷浩章さん率いるphonoliteとのライブでした。
場所は4年ぶりの新宿PITINN。

1/28(土)新宿 Pit Inn
『ブルーブラックの逆襲』~水谷浩章 Pit Inn 3daysの2日目に出演
出演 : 柳原陽一郎 with phonolite

開場 19:30 開演 20:00

当日券 3000円(1ドリンク代別)

まずは以下、セットリスト

第一部
1、愛のSOLEA
2、BADLOVE
3、泣いてるのは君だけじゃないよ
4、本当に好きな人
5、オリオンビールの歌
6、恋はかげろう
7、どんぶらこ

第二部
8、イタチの森
9、サボテンちゃん
10、ブルーブラック
11、ブルースを捧ぐ
12、真珠採りの詩
13、ヒノモト音頭
14、ゲームの規則
15、満月小唄

アンコール1
16、さよなら人類
17、徘徊ロック#5

アンコール2
18、ヒノモト音頭



今日のライブは、やなちゃん+phonoliteフル編成(?)ってことで
総勢10人以上の大編成ライブと相成りました。

DVD「牛は何でもしっている」にもなっている2008年に行われたライブと同様、
バイオリンやフルート、サックスにギターあり、果ては外山さんのドラムまでありと
非常に豪華な音の厚いライブでした。

特に今回目新しかったのは、
「人魚採りの詩」に「ヒノモト音頭」と「徘徊ロック#5」。

人魚採りの詩は4年前のライブではまだなかった曲だけに
今回pholiteの豪華な編成で聴けたのが良かったです。

「明るくなあったら~、ひろあき帰るのねぇ~」
がツボでございましたw
(新宿二丁目となりだし、やなちゃんそっちかと)

ヒノモト音頭については、
まさかjazzなユニットとのライブでまさか音頭が来るとは思いもよらず、
しかもものすごくアレンジも良かったので、
聴いている最中はにやけが止まりませんでした(笑)

サックスによる前奏・間奏は、非常に演歌のような良い味がでておりました。

MCで「CDにするよ」と言ってましたが是非とも正規CD音源化してほしいです。

徘徊ロックも、非常に格好良かった。
phonoliteとやるときの曲は、ゆったり目の曲が中心なのに、
しかもアンコールの締めでそれほどやらない徘徊ロックを
最後に演奏してくれたのは、良い意味で驚きでした。
徘徊ロックはついつい身体が横に揺れて聴いてしまう聴き心地の良い曲ですねえ。

アンコールは、二回目のヒノモト音頭。
ヒノモト音頭は個人的に今回のライブのベスト曲でした(笑)
やなちゃんのクネクネ動きはなんでか癒されます。

phonoliteとのライブは、本当に音が豪華で弁当でいえば幕の内弁当のような
贅沢な気分が味わえる最高のライブだなあとつくづく感じました。
あっという間の2時間でした。

ちなみに次回のライブは大阪は3/20(祝日)、東京は3/23(金)に
熊坂るつ子さん(アコーディオン)とのライブだそうです。
これも非常に楽しみ!
(やなちゃんの曲には熊坂さんのアコーディオンが非常に素晴らしい。)

行ける方は是非とも行ってみましょう!

以上、とりとめないですがライブレポートでした!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12/23(金)渋谷 公園通りクラシックス

【師走のピヤナ2011・ 東京篇~それでもウシは歩いてく】

開場 19:00 開演 19:30

当日券 3500円 



今日は渋谷の公園通りクラシックスにやなちゃん2011年最後となるライブ

「師走のピヤナ2011・ 東京篇~それでもウシは歩いてく」

に行ってきました!



セットリスト



第一部



1,ホントのバラッド

2,本当に好きな人

3,ブルースを捧ぐ

4,BADLOVE

5,ハエ子の歌~ミーアンドフライ~

6,雨に濡れても(カバー)

7,クリスマスベル

8,やがて君は夢となるのか



第二部

9,Power to the farmer(農夫に力を)

10,泣いているのは君だけじゃないよ

11,オリオンビールの唄(やなちゃんランキング1位)

12,人魚採りの詩(やなちゃんランキング2位)

13、マリンバ(前奏だけ)

14,日の本音頭

15,素敵節

16,ホーベン

17,エブリタイムウィーセイグッバイ



アンコール

18、黄金の月(スガシカオ)

19、ブルーアイズ

20、上を向いて歩こう



今回のライブは久々に完全弾き語り形式でのライブ。



冬×弾き語りなスタイルのせいか、

はたまた2011年という年の国情へのやなちゃんの気持ちを反映したからなのか、

非常にしっとりとした曲中心の構成でした。



新曲のPower to ther farmer(農夫に力を)という曲も、

被災農家の方の怒りを代弁しているかのようなとても情念の濃いフォークソングでした。

(最近のやなちゃんは、怒りはロックではなくフォークに向かってしまうそうです。)



本編は、ちょっとしっとりモード中心で進みつつも、



二部の終わりでは、最近の年末では恒例になってきた(?)やなちゃんランキング上位の曲の演奏あり、



アンコールでは、サンタの帽子にトナカイの角を被って登場(ソロでは初のコスプレ!?)し、

ちょっと変わったリクエスト形式(やなちゃん持参の番号付き歌詞カードの中から、客が連想した番号の曲を演奏)あり



最後はみんなで合唱(!!!)で賑やかにと



絢爛豪華、非常に年末最後を飾るにふさわしいライブでした。



個人的には最近はライブ編成でにぎやかな続いていたので、完全弾き語りライブは

とても新鮮で楽しかったです。

冬×弾き語り×しっとりな曲でレイトショーな気分に思いっきり浸れますね。。。
(ピアノなオリオンビールはレイトショーって感じ!。これで夏がきたんですとかやってつまみのお菓子があったら、まんまレイトショーでしたよ!)



大好きなホーベン、人魚採りの詩も聴くことができて大満足!



ちなみに人魚採りの詩はマリンバを歌っている途中にできた曲だそうです。

なんでもマリンバの間奏を遅くすると人魚採りの詩になるとか。

名曲マリンバの流れを汲んでいたんですね~。人気なのも納得です。



後、今回のライブでは色々と新しいCDの発表がありました。



発表内容は以下。



・ジャズユニットのCDにゲストボーカルとして参加



ジャズユニットのCDにボーカルで参加することになり、レコーディングを行ったそうで、

CDの発売日は定かではないそうですが世に出るそうです。
ちなみに曲は「スマイル」と「雨に濡れても」、後は朗読だそうです。



・CDの再発売が2枚



ドライブスルーアメリカが1月に再発売(これは既報)。さらにウタノワの再発売!の予定があるそうです。



色々あった2011年ですが、やなちゃんは2012年も力強く活動していってくれそうです!

来年が今から非常に楽しみです。 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$「PCエンジン」と「たま(柳原陽一郎)ライブレポート」+LifetouchNOTE使用日記ブログ-カレンダー

11/5(土)渋谷 公園通りクラシックス 
『Warehouseと柳原 2011 秋の巻』
出演)柳原陽一郎 & Warehouse:鬼怒無月(g)/高良久美子(per)/大坪寛彦(b)
開場 19:00 開演 19:30
予約・当日均一料金 3000円


第一部
1,最後にお茶を(うろ覚え)
2,満月ブギ
3,世界で一番甘い罠は何でしょう?
4,レイ
5,キャットボックス(Warehouse)
6,久美ちゃんのお別れ小唄
7,ミーアンドフライ、蠅子の歌
8,雨に濡れても

第二部
9,キャロットパーティ
10,続・19の嫁
11,ロータスの庭
12,好きな顔
13,ブンバカ(Warehouse)
14,ジャバラの夜(アラブバージョン)
15,GTI16v
16,ハレルヤ

アンコール1
17,イタリアのブルース(港のブルース?)

アンコール2
18,うなぎパイ


【全体的な感想:Warehouseみんなすごい】

今日は、半年ぶりのWarehouseと柳原のライブでした。

毎度の事ながら、しつこいようですが至高のライブでした。

ヤナちゃんはもちろんですが
Warehouseの大坪さん、高良さん、鬼怒さん各々の個性と演奏力は
本当にすごい!

高良さんのマリンバと色々な楽器を使用しての音の出し方は
すごく幅広く楽しませてくれますし、
鬼怒さんのギターは相変わらずすごすぎますし(もはや神の手です。素人目から見ても)
大坪さんのベースとコーラスも心地よすぎです。

ライブ中ヤナちゃんが

「高良さんは日本のリンゴスター。」

と言っていましたが
言い得て妙だなと実感。

さらにたまファン観点からいくと
「さながら女の石川浩司(exたまのランニング)」

のようなプログレ感があるように感じます(笑)
マリンバ、太鼓、笛、鈴にパーカッション本当に音が多彩で見ても聴いても楽しいです。

また基本がジャズなので同じ曲でも一つとして同じアレンジな曲がないのも良いですね。
全曲が即興演奏の固まりで、毎回毎回同じ曲でも新鮮に聴けるところがすばらしい。

この辺は、「今日の即興はどうなる!?」みたいな
たまライブの時を聴いてきたときのようなドキドキ感を与えてくれます。

【曲の個別的感想】

曲の構成は、今回は新曲あり新カバーもありな新鮮な曲が多めでした。

ブンバカはWarehouseの曲ですが鬼怒さんのギターがすばらしすぎて
意識がトルコあたりに飛びました(爆)。

ジャバラの夜なんかはアラブ調でジャバラの夜の新境地を開いたのではないでしょうか笑)
かなり好きです。またやってほしい。。。
やなちゃんの歌い姿は、怪しいアラブ商人のようでしたw
(是非ともヤナチャンネルあたりで載せてほしい姿)

ハエ子の歌は今回のライブに当たって新曲を作る際に詩も曲もなにも浮かんでこなかったところ
やなちゃんにまとわりついたハエが「もしかして歌の使者かもしれない!」という
所から生まれた歌だそう。
歌詞もストレートなラブソング?でした。

ハエ子のこれからの展開に期待です。

久美ちゃんのお別れ小唄も、リズミカルで体が動いてしまう良い曲でした。

個人的に一番印象に残ったのはイタリアのブルース。
悲しげな曲ですがメロディーが聴き心地良かった。
またやってほしいカバーです。

今回の締めは、

うなぎパイ。

この曲は本当に好きでたまらないので聴けてうれしかった。。。
演歌歌手のように妖艶に歌うやなちゃんも最高(笑)

Warehouseと柳原のライブにはなくてはならない曲だと思います。

【総括】
今回のライブは本当に最初から最後まで楽しすぎてあっという間の二時間でした。
是非とも!Warehouseと柳原またやっていただきたいです。

次の東京のライブは、
今回と同じ「渋谷公園通りクラシックス」でのソロライブだそうで、
ピアノでリクエストの多かった曲や新曲、古い曲を織り交ぜてやるそうです。

今回行けなかった方も、是非年末の締めのライブ行ってみてはいかがでしょうか。
リクエスト曲、レアな曲が聴けるかも!?

次回も楽しみです。以上、ライブレポートでした。

【個人的余談】

カレンダーを購入。1000円。

休憩中のトイレに並んでいたら、

隣にヤナちゃんが!ヤナちゃんがトイレの列に並びよった!

自分一気に緊張!
一瞬で体固まる!!

体ふるえてましたw
人生で一番のニアミス(意味違う?)だったかも。

本気でちびりそうになりました(爆)

なんにせよ小学生の時に見ていたスターが隣でトイレに並んでいる、、ある意味夢のようなひとときでした((笑´∀`)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。