「PCエンジン」と「たま(柳原陽一郎)ライブレポート」+LifetouchNOTE使用日記ブログ

PCエンジンサイト「PCエンジン道場」に関するブログです。
バンド「たま」とそのメンバー(柳原陽一郎、石川浩司、知久寿焼、滝本晃司)に関するライブレポート
スマートブック「LIfetouchNOTE」に関する使用日記です。


テーマ:
たま ナゴムコレクション/たま
¥2,594
Amazon.co.jp


石川浩司(元たまのランニング)ソロライブに
東京西荻窪は、サンジャック(http://pomkn.cocolog-nifty.com/kikaku/

へ行ってきました。

会場は行くなり人の山で、会場超満員!立ち見もいるほどの
大盛況ライブでした。

セットリスト
第一部


1、こけらおとし
今回の会場となったサンジャックでのライブというが
今日の石川さんが「杮落とし」ということで、
この日だけの限定ソングということでした。
非常に石川チックな歌詞と曲が良かったです。

2、一人闇鍋
石川さんのライブではおなじみの曲。
ちょっとシュールな石川ワールド全開な曲。

3、夏のお皿はよく割れる
昔から歌われている曲。
途中の歌詞の即興部分(?)は非常に聞き入ってしまいます。

4、40のマスカキ
短いけれども非常にシュールな歌詞が最高です。
なんというかさすが石川さんという曲です。

5、ボケ
しょぼたまCDにも収録されている曲。
非常に好きな曲なので聴けてよかったです。

6、秋の風
おいしいうそがいっぱい(石川さんソロCD)の
名曲。
出だしの歌詞が最高に良い!
石川さんの歌い方も悦に入っていました。

7、誕生日
誕生日ソング。情念こもってました。

8、おはなし
石川さんのサイトにあるショートショートの小説の朗読。
5月記念日編でした。
聴くだけではなくて読むべし。

http://members.at.infoseek.co.jp/ukyup/5g.html

第二部

9、ウララ
たま時代の名曲。
たま時代のアレンジではギターが弾けないwって事で
ソロオリジナルアレンジでの演奏でした。
ソロオリジナルアレンジはどこかやわからいウララでした。

10、まちあわせ
またまたたま時代の名曲。
ステージで歌っていたあの曲が目の前で聴けるとは、
贅沢な時代になったものです。
ギターも秀逸でした。

11、冥王星
たま時代の曲の歌、3連発目。
歌詞を間違わずに歌いきりました。
ソロでは初かもしれない(笑)

12、コクヨのヨコク
誰でも知っている石川ソングということで、コクヨのヨコク。
5秒足らずの曲ですがインパクト大でした。

13、汽車に誰も乗っていない
たま後期の名曲。
非常に聴きなれている曲ですが、
あらためてソロで聴いても石川ワールドは健在です。

14、ガウディさん
たま時代の曲。
たま時代と一番ソロと比較して変わらない曲かも。
歌詞も忠実でした。

15、オンリーユー
ソロ曲の中では一番しんみり来る曲です。
ちょっと真面目な歌詞もかける石川さんは本当に多才です。

アンコール
16、どっこいしょ

もう、石川さんライブではおなじみ。
最後はどっこいしょで締め。
しかも何人かのお客をステージに立たせバックコーラスを
やらせてましたw
自分も直撃されました。
良い曲です。

以上で本編レポート終了。
本編終了後は石川さんと会場のお客さんとの歓談会。
会場の人ひとりひとりと記念写真にトークと
これ異常ないサービスっぷりを発揮されていました(^^)

この器の大きさが今でもなお人気たるゆえんなのかも。
自分も石川さんと写真が撮れ、話もでき非常に満足な
ライブでした。
次のソロも非常に楽しみです。

以上ライブレポートでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
たま
たま
たま ナゴムコレクション
今日は、久々に柳原さんのライブに高円寺まで
行ってきました。
東京では久々のバースデーライブでした。

今回はリクエスト形式で入場時に投票用紙に
一人一曲好きな曲を書いて柳原さんが開票しつつ、
歌っていくという非常に贅沢なライブでした。

以下概要とセットリスト

2007年8月3日(金) 高円寺 JIROKICHI
「柳原陽一郎の第2回生リクエスト大会=通称生リク」
開場 18:30 開演 19:30

第一部

1、ハレルヤ

久々に聴いた名カバー曲。
じっくり聞き入ってしまう曲ですね。

2、満月の月

スガシカオのカバー。
レイトショーでよく聴いた曲です。
非常にしんみりくる名曲です。
3、愛される不思議

4、はこにわ

たま時代の名曲。ヤナちゃんは
ギターを弾きながら口で間奏部分を歌ったり、
お客とハモったりと非常にノリノリでした。

5、れいこおばさんの空中遊泳

はこにわのノリのまま、非常にテンポの良い
れいこおばさんでした。
お客のコーラス絶好調!合いの手は楽しいものですねw

6、オリオンビールの唄

このへんはたま時代の名曲が続々ときました。
いつ聴いてもぐっと来る名曲です。


7、時の過ぎ行くままに

沢田研二のカバー。昔レイトショーかなにかで
一回だけやった(?)曲です。
ヤナちゃんのくじを引いたときの困った顔が受けましたw
曲は非常に良いアレンジでした。
もう一回聴きたいなあ。


第二部

8、寒い星


非常にレアな曲聴けました!
ヤナちゃんも楽譜も歌詞も持っておらず、お客の一人に
鉛筆を借りその場で紙に一通りのコードを書いて演奏!
で、なんと歌いきりました。
さすがプロです。
寒い星は初の生演奏だったので感動。


9、夏がきたんです


この曲を聴くとレイトショーの一番眠気がつらい時間帯
がどうしても思い出されますw
今年はレイトショーこそありませんが、今秋発売のCDに収録されるとの事で、冬だけど年末にはまた聴けそうです。


11、不思議な夜の唄


久々に聴きました。
名曲です。

10、ブルースを捧ぐ


最近の新曲。
良い曲です。


12、レイ

フジテレビ午後のお昼のドラマの主題歌のような曲。
情念こもってました。


13、永遠の休日

レイトショーでおなじみだった曲。
レイトショーが終わって聞けなくなるのかなと思っていた
矢先、聴くことができラッキーでした。
この曲は1988年に作曲との事。
意外に古いんですねえ。


14、パラシュート

たま時代のシングルの名曲。
ソロになってからも
たまーにやっていましたが最近ご無沙汰な曲です。
なんというかヤナちゃんらしい曲ですね。


15、牛小屋

本編締めの曲。
ヤナちゃんライブには欠かせない曲ですね。
投票用紙をひいたときのヤナちゃんのリアクションも
納得という表情でした。
今回は珍しくピアノバージョンでした。

アンコール1
アンコール1回目もリクエストより。

16、オゾンのダンス


たま時代の名曲。いつ聴いても非常に気持ち良い曲です。
ヤナちゃんノリノリでした。


17、ゲームの規則
 


最近のヘビーローテーションな曲。
良い曲です。

アンコール2
アンコール2回目は今回最後の曲でヤナちゃんセレクト。


18、泣いてるのは君だけじゃない


最近の中では一番ぐっと来る良く歌われている曲ではないでしょうか。
何回聴いてもいい曲です。


以上、今回は全18曲ボリュームたっぷり名曲たっぷりの
非常に楽しいライブでした。

リクエストライブは、リクエストした曲が歌われるかというドキドキ感、リクエストでこの曲か!という幸福感、失望感など
いろいろと感情が入り混じった気分を味わえる病み付きになる性質をもったライブですね。

もう、リクエストライブ3回目が今から待ち遠しいったらありゃしない。


ぜひともシリーズ化していただきたい、
今回のライブはそんな非常に内容が濃く味のあるライブでした。
以上ライブレポートでした。

【今回のライブでの新情報】

・レコード弦代vol.5発売

今回のライブからレコード弦代vol.5が発売されていました。
だめもと節、高尾山という非常に味のある2曲入りのCD。
550円。
高尾山は特に良い!w
高尾山ゆかりの演歌歌手が歌ったら絶対売れると思います。

・新アルバム今秋発売

なんと新アルバムは、14,5曲入りとの事。
インストゥルメンタルもあるそうで、今から期待大です。
久々にインストアライブでもやってくれないかなー?
待ち遠しいです。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。