教師の転職相談室

先生のキャリア転換をサポート

ノンストップ!出演

「教職がつらい・・・・」

休職や転職を考えている先生方の進路選択をサポートします。
教職歴21年のプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー(R)

教師の転職コンサルタント 藤井秀一

テーマ:

にほんブログ村 教育ブログ 教職員休職者へにほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村 転職キャリアブログ 再就職へ



こんにちは!

日本から教師の自殺・うつ・過労死をなくしたい!

教職歴21年、教師専門のキャリア・コーチ藤井秀一です。

 


 

 

 

昨日は<不登校解決勉強会>の運営スタッフでした。

 

講師は 不登校から抜け出すたった1つの方法』 の著者、菜花俊先生です。

 

 

菜花先生は私とともに<NPO親心支援協会>を設立した発起人の一人。

 

仲間たちから乞われて当NPOで理事長を任されています。

 

昨日は事務席で講義を聞きながら、こんなことを考えました。

 

 

「教師の悩みにも、同じような視点が必要だな・・・」と。

 

 

 

 

「学校に行きたくない」と思ったことはありませんか?

 

その気持ちが強くなっていく感覚を持ってはいませんか?

 

 

私はそう思ったことがあり、その気持ちが強くなっていった一人です。

 

最後の2年間は、自分の中にあるその思いに悩まされていました。

 

でも、口では「絶対にやめない」と同僚たちに言い続けていました。

 

 

そう言い続けることで、私は自分と職場とを繋ぎとめていたのでした。

 

一部の若手教員から、何度か転職の意思を聞かれたこともありました。

 

もしかしたら、彼らは私の様子から何かを感じ取っていたのかもしれません。

 

 

 

 

昨日、菜花先生の講義を聴きながら、その当時を思い出していました。

 

「そういえば、自分もあの時は不登校になりかけていたのかな?」 と。

 

 

毎朝、出勤する時には100%のパフォーマンスを発揮できない不安が。

 

毎晩、帰宅する時には「明日は出勤できないのではないか」との不安が。

 

はじめは小さなものでしたが、月ごとに不安が大きくなっていきました。

 

 

「自分はもはや教師から卒業すべき人間なのではないか?」

 

昨日の記事でお伝えしたとおり、職務への違和感も大きくなっていました。

 

いや、正確に言うと、その職務に携わっている自分自身に対してです。

 

 

 

 

そんな折、東日本大震災が発生したのです。

 

私は学年主任として危機管理・業務継続を陣頭指揮しました。

 

この日は試験休み中でしたが、私の学年だけガイダンス登校日でした。

 

 

後日、危機管理と業務継続について、保護者アンケートをとりました。

 

何もかも初めての危機体験でしたが、アンケートの結果、クレームは皆無。

 

私にとって、これが転職をまた意識する大きなきっかけとなったのです。

 

 

「自分はもう、ここでは成長する材料を手に入れることはできない」

 

やれることはすべてやり切ってしまったような、変な気持ちでした。

 

 

 

 

授業や課外活動などについても似たような思いが以前からありました。

 

親切な上司もいたため、学べることはほとんど教わっていました。

 

環境に成長の機会を求めていた私は、すでに行き詰っていたのです。

 

 

そうなるともう、成長の機会を自分で作り出すしか手がありません。

 

マネジメントなどの学習のため、ますます塀の外へ出るようになりました。

 

塀の外での学びを塀の中に持ち込み、実践と検証を繰り返したのです。

 

 

「将来的には」と夢見ていた転職・起業の準備の意味合いもありました。

 

そうした中で気付いたのは、願いをかなえる最初の条件についてです。

 

「手に入らない場所にいるのなら、手に入る場所を探し続けるしかない」

 

 

 

 

私にとってその『場所』は、学びの場から働く場に変わっていきました。

 

そのため職場への違和感を抑えきれなくなっていったのです。

 

その年の暮れ、家庭事情を契機に退職したことは昨日お話ししたとおりです。

 

 

学びの場であれ、働く場であれ、自分にとって適切かどうかは大問題です。

 

必要なものが手に入らなければ、手に入る場所を見つけなければなりません。

 

 

「見つからない、見つからない」と言っている間は、行動していない証拠。

 

そんな反省を重ねながら、最後の2年間を過ごしていたように思います。

 

 

自分にとっての理想的なゴールとは?

 

そこへ至るプロセスと行動すべき内容とは?

 

「いつも忘れずに考え続けていきたいものだ」と、今は感じています。

 

 

 


※個別相談ではあなただけの、ピンポイントの解決策をお渡しします

⇒詳しくはこちらからどうぞ

 

 

※メール講座会員「無料」のワーク集でキャリアを自己診断できます
 (『進路選びチェックシート』もこちらです)

⇒詳しくはこちらからどうぞ

(要読者登録:https://www.agentmail.jp/form/pg/2542/1/

 

 

※自己紹介の動画も作りました!

⇒ビデオはこちらからどうぞ

 

 

 

 

【動画/藤井秀一って、どんな人?】

日本テレビ「ザ・世界仰天ニュース」、TBSテレビ「ジョブチューン」、

フジテレビ「ノンストップ!」ほか、各種メディアに出演・取材協力しています。

もちろん、教師を取り巻く厳しい現実を世の中に理解してもらうためにです。

(映像)http://t-career.jimdo.com/%E5%8B%95%E7%94%BB/



(ジェームス・スキナー先生と)



-「自分らしい働き方」を支援する、教師の転職コンサルタント-

  藤井 秀一(ふじいひでかず)


※Facebookはこちら https://www.facebook.com/hidekazu.fujii.5
 (友達申請は大歓迎~メッセージ付きでお願いいたします)


※Twitterはこちら https://twitter.com/teacherfujii



☆21年の教職歴を持つ、教師専門のキャリア・コーチ☆


ホームページ:http://www.kyoushi-tensyoku.com/

電子メール:info@kyoushi-tensyoku.com

※ご質問や書いてほしいテーマなど、お気軽にメールくださいね。


ブログランキング・にほんブログ村へ



(日本テレビ『ザ・世界仰天ニュース』)


(TBSテレビ『ジョブチューン』)


(フジテレビ『ノンストップ!』)


【メディア出演】
日本テレビ『ザ・世界仰天ニュース』
フジテレビ『ノンストップ!』
TBSテレビ『ジョブチューン』

TBSテレビ『好きか嫌いか言う時間』
ほかに出演・取材協力


NPO日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会
・キャリア教育事業部長
・認定エグゼクティブ・コーチ
・認定プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー
・認定エイジングアドバイザー

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。