中小企業システム管理者協会

中小企業に勤めるコンピューター好きITエンジニアが、コンピューター好きならではの視点でスマートなシステム運営を目指しています。
少数精鋭もしかしたら一人で格闘する中小企業のシステム管理者に向けた『中小企業システム管理者協会』です。

NEW !
テーマ:

【メールの常識・非常識】
 

 
コンピューター好きシステム管理者
まちの おうる です。
 
メールの常識・非常識について独り言。
 
メールを書いて送信すると
自分が見ている通りに
相手に届いていると思いますか?
 
残念、届かないですよ。
 
さすがに
文章の内容が変わることは
ありませんが、
行の折り返しを始め、
あなたの見た目通りには
届かない事があります。
 
 
メール本文で
文字に色を付けたり
下線を引いたり。
 
そんな文字修飾は
相手の環境によって
再現されない方が普通ですよ。
 
特に企業相手に出すメール。
 
文字情報は伝わりますが、
文字修飾は伝わらないと思って
書き方を工夫しましょう。
 
 
メール本文の文字を
赤くしたり下線を引いたりして
「赤字の部分」
とか
「下線の部分」
なんて書く人いませんか。
 
そんな事書いていると、
取引先相手に笑われているかも
しれませんよ。
 
赤字ってどの部分だよ?
って。
 
 
相手が使っているメールソフト、
自分と同じだと思っていますか?
 
いや、そもそもメールソフトに
種類があるって知ってますか?
 
使っているソフトが違えば
見え方が違うってことを
覚えておきましょう。
 
 
LINEやSkypeに慣れた人が
メールを使うと
「何て不便なんだ」
と思うでしょうね。
 
私もそう感じることあります。
 
でも、それが会社での仕事道具。
 
お客様とのコミュニケーションツール。
 
自分の好き勝手が通じない世界です。
 
友達同士のコミュニケーションツールと
同レベルで考えない方がいいです。
 
 
ベンダーエンジニアからの
HTMLメールに違和感を持つ
コンピューター好きの独り言でした。
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【Windows10 Creators Updateでデータ全損】
 

 
コンピューター好きシステム管理者
まちの おうる です。
 
Windows10で大きく変わったもの。
 
それはシステムのバージョンアップです。
 
これまでWindowsでは、
WindowsXP
 ↓
WindowsVista
 ↓
Windows7
 ↓
Windows10
の様に
OSの名前が変わるときに
大きな機能拡張などを行ってきました。
 
しかし、
Windows10以降のWindowsは
Windows10の名前はそのままに
半年に一度の大型アップデートで
機能拡張を続けることになります。
 
 
そんな中で、
2017年4月にリリースされた
大型アップデートの
「Windows10 Creators Update」
を会社の検証用PCに適用しました。
 
アップデートそのものは
普通に行えましたが、
更新が終わりPCを再起動すると、、、
 
システムが起動しません!
 
色々調べてみたところ、
ハードディスク暗号化ソフトが
「Windows10 Creators Update」
に対応していないバージョン
だったのです。
 
ベンダーに問い合わせると、
Creators Updateを適用する場合は
事前にハードディスク暗号化ソフトを
最新版にする必要があったとのこと。
 
そして、起動しなくなったPCの
復旧方法は無くデータ全損となり
システムリカバリーしか道は無いとの
答えでした、、、
 
いやぁ、Windows10の大型アップデートを

甘く見ていました。
 
こんなにもダイナミックな
システム変更があるのですね。
 
これまででしたら

OSのバージョンアップに匹敵する
大きな変更が行われています。
 
そして、Microsoftもずいぶん
イヤらしい囲い込みを進めてますね。
 
大型アップデートで
Windows10の仕様を変更し、
サードパーティー製品との
互換性を排除することで、
Microsoft製品以外は
使いにくくする作戦の様です。
 
特に危なそうなのが、
今回問題となった
ハードディスク暗号化ソフト、
それからウイルス対策ソフト。
 
この辺りのOSに近いアプリが
特に影響を受けやすそうです。
 
これじゃ、
ハードディスク暗号化は
純正の「BitLocker」、
ウイルス対策ソフトも
純正の「Windows Defender」
しか使えないです。
 
もちろん純正以外だって使えますが、
Windows10の大型アップデートのたびに
十分な検証作業が必要になりますし、
アプリに互換性が無ければ
Windows10の更新前に
アプリのバージョンアップが
必要になるのです。
 
個人使用レベルでは影響は
少ないかもしれませんが、
これまでより慎重な
展開が必要になりそうです。
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【失う前のバックアップ】
 

 
コンピューター好きシステム管理者
まちの おうる です。
 
PCで一番大切なもの。
 
それは「データ」です。
 
PCのハードウェアは
故障してしまっても
修理・交換で復旧可能です。
 
しかし、
ハードウェア故障によって失った
写真や文書、メールなどの「データ」は
ハードウェアを修理しても
取り戻すことができません。
 
また、データを失う原因は
ハードウェアの故障以外に
ランサムウェア(身代金要求ウイルス)に
代表されるウイルス感染だって
他人事ではありません。
 
そして、
意外と侮れないのが
「誤操作」
です。
 
誤操作によるデータの削除は
人の間違いが原因ですから、
システム的な防止策はありません。
 
人と言うのは間違いを犯すもの。
 
つい、うっかり、勘違い。
様々なパターンでの
誤操作からデータを守るには
バックアップしか道は無いのです。
 
 
バックアップと言うのは
完全な保険ですから、
普段は全く役に立ちません。
 
でも、もしもの時には唯一の
データ復旧策となります。
 
バックアップが大切なのは
分かっているけど実行できない。
 
良く聞く話ですが、
実行できない理由は一つ。
 
失いたくない程大切な
データを持っていないのです。
 
大切だと言いながらも
バックアップを取る行動に
結びつかないのは
大切なデータを持っていないのだと
思います。
 
コンピューターが扱う
デジタルデータは
作るのは大変ですが、
失うのは一瞬。
 
あっという間に消えてしまいます。
 
影も形も無く
きれいさっぱり消えてしまいます。
 
データが保存されている
ハードディスク(HDD)障害も
ある日突然起きます。
 
システム障害によって
PCが起動しなくなるもの
予告なくやってきます。
 
もしくは、
ウイルス感染だって
一瞬の気の緩みで起きる事故です。
 
 
いつ来るか分からない
「その時」に困らないための
バックアップ。
 
システムが故障してからでは
遅いのです。
 
PCが正常に動いている日頃から
バックアップを取る以外に
方法はありません。
 
データを失ってからでは
バックアップは取れません。
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【転ばぬ先のリカバリーディスク】
 

 
コンピューター好きシステム管理者
まちの おうる です。
 
自分のPCの
「リカバリーディスク」
持ってますか?
 
「リカバリーディスク」とは、
システムが起動しなくなった時に
PCを購入時の状態に戻すための
修復ディスク(DVD)のことです。
 
特にWindowsPCの場合ですが、
ハードディスク(HDD)障害や
システム障害など
システムが起動しなくなった時に
「リカバリーディスク」を使って
システムを初期化(リカバリー)
することになります。
 
ところが、
イマドキのPCはほぼ100%
リカバリーディスクが
付いていません。
 
どうやってリカバリーするのか。
 
それは、
PCに内蔵されたHDDに
リカバリーデータが入っていて
PC起動時に特殊なキーを押すことで
システムの初期化が行えるのです。
 
それだったら
「リカバリーディスク」が

無くても良さそうなものですが、
これはHDDが正常な場合の話。
 
HDDがクラッシュ(破損)してしまったり
システム障害によって
システムが起動しなくなるような
重症の場合にはリカバリーが
行えなくなってしまうのです。
 
そんな時に必要になるのが、
DVDなどの外部媒体としての
「リカバリーディスク」
です。
 
システム障害は
いつ起こるか分かりません。
 
もしもの時に備えて
PCが正常に使えるうちに
リカバリーディスクを
作っておきましょう。
 
 
PCメーカーによっては
有償(3000円位)で
リカバリーディスクを
販売している場合もあります。
 
メーカーによっては
リカバリーディスクの
販売は行っておらず
システム障害の時は
有償修理(1万円位)での
対応になることもあります。
 
まぁ、一般ユーザーが
リカバリーするのは難しいと割り切れば
それも一案でしょうが、
リカバリーディスクさえあれば
すぐに初期化できるものが、
メーカー修理に出すのは
時間的にもったいないと思うのは
私の職業柄でしょうかね。
 
繰り返しとなりますが、
リカバリーディスクを作るのは
PCが正常に動いているうちに。
 
そして、
消えては困る大事なファイルは
外付けUSB HDDなどに
こまめにバックアップ。
 
どちらも「もしもの時に」
自分を助けてくれるものです。

 

自分のPC、自分のデータ。

守るのは自分しかいませんよ。

 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【体重記録(その214)】
 

 
トマトジュースダイエットで
20kg痩せた まちの おうる です。
 
私は肥満度129%のメタボ予備軍でした。
 
2013年6月から
トマトジュースダイエットに挑戦し、
2015年5月にメタボ予備軍からの卒業を
果たしました。
 
このままトマトジュースダイエットを
続けることでリバウンドせずに
体重を維持させるよう、
私自身の油断防止のために体重を
公開しています。
 
 
<体重記録(その214)>
計測日:2017年7月16日
体 重: 67.0kg(ダイエット前:86.6kg)
前回差:+0.2kg(トータル差:▲19.6kg)
 
トマトジュースダイエットを始めてから
215週間が経過しました。
 
先週から+0.2kgの
67.0kgとなりました。
 
若干の体重増となりましたが、
先週の大幅減を考慮すれば、
ほぼ体重を維持できたので
良しとします。
 
これまでの経験からすると
急増・急減した体重というのは
すぐに元に戻ってしまうものです。
 
重要なのはその体重を
時間を掛けて
身体にしっかり馴染ませて
維持することです。
 
現状に油断せず
引き続き控え目の食事を意識して
安定した66kg台を目指してゆきます。
 
とは言うものの、
月曜日から1週間の出張があり
先行きが少し心配です、、、
 
 
次回も日曜日に体重記録を
アップしようと思います。
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。