原油安 業績下支え

テーマ:

原油安プラス影響企業

日本航空 ジェット燃料費の減少で4年ぶり営業最高益

日本通運 トラック燃料費の減少で9年ぶり営業最高益

東レ 原料価格の低下で4年ぶり営業最高益

東ソー 原料価格の低下で8年ぶり営業最高益

王子HD 工場稼働用の重油価格低下で5割強の営業増益

原油安マイナス影響企業

JXなどの石油 大手5社で総額4,000億円強の在庫評価損を計上

住友商事 資源価格下落で770億円の減損処理

日本航空

ジェット燃料に使うケロシンの価格を163月期通期で1バレル70ドル→足下40ドル割れまで下落

工場を動かすのに重油を使う製紙業界、石油化学製品の価格転嫁に時間がかかるメーカー。

石油を直接扱う企業は減損処理などの損失計上を余儀なくされています。

しかし、上場企業全体ではプラスの影響。10%の原油価格下落は、調達コストだけ見れば経常利益を5%押し上げる効果が。

特に電力や運輸は効果が出やすいとのこと。

日本の企業は、製造業が多く、特に化学製品製造に強く、原油の価格に業績が影響を受けやすいです。

原油高の時期を耐えられる体力がついたのも、今回のプラスの影響につながっているのだと思います。
AD