社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は19日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、閣議で閣僚の署名が不要な「首相発言」によって政府方針を決めることに反対する考えを示した。福島氏は、署名が必要な「閣議決定」か「閣議了解」の方式を取るよう要求したが、県内移設には反対することを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~

普天間問題 首相「平和のためにも5月末決着」(産経新聞)
工業所有権等収益の減少などで減収・減益―日本新薬(医療介護CBニュース)
人気の美容皮膚医療 リスク含め医師と相談を(産経新聞)
首相、北海道訪問を中止…口蹄疫や沈没事件で(読売新聞)
普天間「月末へ最終努力」=首相(時事通信)
AD