平野博文官房長官は22日午前、首相官邸で国民新党の下地幹郎国対委員長と会談した。下地氏が、米軍普天間飛行場移設問題(沖縄県宜野湾市)に関する関係閣僚会議を一両日中に開き、その場で政府案を公表して速やかに地元との交渉に入るよう要請。平野長官は「土、日曜日を含め今週中に開きたい。後は鳩山由紀夫首相の決断だ」と述べ、25日までの開催に意欲を示した。
 また、下地氏は、岡田克也外相がタンザニアでのアフリカ開発会議(TICAD)閣僚級フォローアップ会合出席のため大型連休中にアフリカを訪問することについて、「首相が全力で普天間に取り組んでいるのだから一緒にやるべきだ」と指摘。外遊をやめさせるよう求めた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

足利事件の菅家さん、10年ぶり選挙権回復(読売新聞)
働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」-民間調査(時事通信)
「普天間」暗礁で鳩山内閣剣が峰 衆参ダブル選挙説も飛び出す(J-CASTニュース)
首相、「財政健全化へのロードマップ」作成を指示 参院選マニフェストに向け(産経新聞)
火山噴火 成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)
AD