上質人生のススメ【季節のことば】

~俳句を中心に、日本の伝統文化などについてお伝えしていきます~

ドキドキFacebookページ ができました。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。

ドキドキ金蔵院葉子による個人セッションを再開いたしました。
  (東京/大阪/福岡/高松)
 お問い合わせ、お申し込みはこちら をご覧ください。

ドキドキ金蔵院葉子 の講座をはじめ、インド最高位のヨーガ行者・成瀬雅春先生 の倍音声明、
 播磨陰陽師・尾畑雁多先生 の数々の講座、
 古代日本の叡智「陰陽師テクノロジー」と、最新大脳精神学NLPとの融合!

 両分野を代表する尾畑氏&金蔵院によるスペシャルトーク&ライブワークショップなど
 最新セミナー情報・お問い合わせこちら


ドキドキ自立と共生をテーマに、自分の人生を自分でプロデュースする。
 そんな貴方をサポートする、情報満載のメールマガジンです。
手紙メールマガジンのお申し込みはこちら 手紙

ドキドキ安井麻代さんの「まよちゃんねる 」にてインタビューされました。
 潜在意識の不思議についてお話ししています。

まよちゃんねる


テーマ:
選挙で小学校に行ったら、校庭にビオトープが出来ていました。

{BDB3DD24-1F8F-4CF5-883B-810838FBF10E}

蜻蛉や小さな生物がゆっくり流れに乗っています。

夫が、最近の小学校は凄いなあと言ってましたが、私達が通っていた昔の小学校は、学校の外がほぼビオトープだったんだと思い出しました。

神戸市生まれなんですが、昭和30年代は、自然と共に暮らしている実感がありました。

今は、意図的に作らないと自然が手に入らないんですね。

それでも、自然に意識が向いていることは
嬉しいことでした。

ちなみに夫は小学校の同級生だったので、懐かしい思い出を共有しております(*^^*)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
高松に毎月一泊2日の講座で出張します。

高松でのランチは、毎回必ずうどんです(≧∇≦)

{F3C07C0E-78F2-4793-BB85-C908FBD0D5F9}

ほぼ、毎回、冷ぶっかけうどん。

ときには、鶏天うどんも。

{35A12CC1-20F8-44C6-902A-FD5D40B78182}

高松の講座の主催者も参加者の方も、それぞれお好みのうどん屋さんがあり、毎回、新たなお店に連れて行っていただきます。

ここは、出汁が違うとか うどんが違うとか、うどん談義に花が咲きます。

正直にいうと、その違いは微妙なレベルのように思います(*^^*)が、お話をお聞きしていると、明らかに違うらしい。

ずっと、1つのことに意識を向けていると、変化や違いが明確になって行くのでしょうね。

このまま高松でのうどん探求を続けて行くと、いずれ、私もうどん談義に一家言持てる様になるかもしれません(≧∇≦)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
丹生都比売神社の夏越の祓に行き合わせました!

{F12DB15A-15E1-4A1D-B09B-7511765079AC}

舅の卒寿と夫の還暦のお祝いを兼ねて、和歌山の橋本の丹生都比売神社にお詣りしました。

神社にお詣りするまで夏越の祓の事を忘れていたのですが、きちんとお祓いしていただき、お詣り出来て良かったです。

作法を教えていただいて、輪に入り左にくるっと一周回って、今度はまた輪に入って右に回り、最後は、左にくるっと回って無事終了。

8の字回りのように茅の輪くぐりをするんですね。

色々なことを大祓していただき、新たな流れに乗って行くための良き節目となりました!

{622D398C-B9C0-4E9C-BF94-508ACEA67991}

日本の文化の素晴らしいところは、自然の摂理と暮らしが結びついて、刻々と変化して行く流れを観察し活用して行くこと。

偶然行き合わせたのですが、今の私には必然でした。

途中の山道は前が見えないほどの夏霧で、天空の神社にお詣りするみたいな不思議な道中でした。

夏越の祓を通過して、さて、後半の展開が楽しみです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

6月の俳句です。
俳句は季節のインデックスです。

*――゚+.――゚+.――゚+.――゚+.――*――゚+

萬緑の真中に在りし能舞台

*――゚+.――゚+.――゚+.――゚+.――*――゚+


※絵:山口珠瑛

*――゚+.――゚+.――゚+.――゚+.――*――゚+

【俳句の季語】 萬緑(ばんりょく)

「万緑叢中紅一点」と云う王安石の詩句から出た語で、

見渡す限りの緑をいう。

みなぎるような夏の生命力が感じられる。
(ホトトギス新歳時記)

*――゚+.――゚+.――゚+.――゚+.――*――゚+

【俳句の風景】

吉野の天川村の天川弁財天にて、狂言を奉納した時の俳句です。

もし、ドローン撮影をしたら、

天川神社が滴る緑の森に埋まっているように見えるでしょうね。

天川神社は、能楽堂ではなく神楽殿でしたので、

舞台の幅が能舞台より広く、

動く時の距離間の読み違えに戸惑うこともしばしばでした。

何より大変だったのは、能舞台と違い、

松の絵の描かれた鏡板(背景の羽目板)がないこと。

通常は能舞台の鏡板に台詞が反響して響き、

拡声器的な働きが期待できるのですが、

四方が抜けていると声が反響しないため、

どのくらいの音量なのか自分で測ることができず

声を張りまくることに。

しかしながら、声を張って全身で演じていると、

舞台の上で周囲の木々や鳥の声がどんどん共振していくのです。

そのうち舞台にたくさんの森の精霊達がやって来て、

共に舞台に立っているような不思議な感覚になりました。

今までも神社や色々な所で舞台に立ちましたが、

精霊としかいいようのない存在達と共に

舞台に立ったのは初めての経験でした。

万緑の真ん中の天川神社ならではの体験なのでしょうね。

アニミズム的な不思議な存在と共にいられた舞台は

強い印象が残り、今も忘れられません。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今週 再び東京へ。

新幹線乗車の楽しみは富士山。

{A64F0262-8F64-455B-81C4-D4ECE8EEEA7D}

いつの頃からか、富士山が綺麗に見えると縁起が良い感じに思えて、富士山観察を怠りません。

大雨でもない限り、富士山が近づくとそわそわし始めます。

新幹線の座席予約は、もちろん富士山側の窓の席。

出張が決まれば、早めの座席予約に張り切ります。

富士山がスッキリ綺麗に見えると、何か晴れ晴れとして、幸先良いような気持ちに条件づけられるように自分で仕掛けているのかもしれません。

そういえば、一度飛行機で大阪から羽田に行った時、理由を言われず何故か席移動をさせられて、窓側の席になったことがあります。

この時は、名古屋近くから富士山が見えて、その後一度も富士山が隠れることなく、羽田空港の着陸まで富士山を見続けたことがあります。

神様が、計らってくださったのかなと今でも忘れられない感動でした。

日本人にとって、富士山は何か特別な想いがある。
{BFE63618-D606-4D3F-9821-E92C68A7B504}

その奥底にある深いアニミズム的なものに心惹かれるのかもしれません。

そういえば、新幹線の太平洋側(富士山の反対側)に座席を取ったら、富士山が見えないと思うかもしれませんが、実は、一回だけ、海岸越しの富士山が見えるところがあるんです。

どちらに座っても富士山を楽しめるんですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。