続 サルでもわかるプリント基板のはなし~きばんやおやじのブログ

プリント基板の基礎から、実装技術を駆使した品質管理のノウハウ、コストダウンの方策まで、電子機器のものづくりのノウハウの虎の巻です

長尺プリント配線板のご案内

長さは任意で設定可能
t=0.2
放熱性能保持 放熱性能 1.5W/mK

テーマ:
プリント配線板の分野で
最期に注目されていた分野は
フレキシブル基板であったと認識しているが、
ハードの機能がソフトで代替が進み、
個人的にはパワー系での採用分野が
次の注目分野となると思われる。
ただ、熱対策となると
耐熱に限らず
放熱
蓄熱
熱抵抗
熱容量など
多方面からのアプローチが求められる。
用途
雰囲気
などもパラメータとなる。
個別分野別での対策が必要になる。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
震災から22年。
あの日の前夜、
当時付き合っていた嫁さんと神戸で会った後、
三宮から夜行バスで東京の自宅に向かった。
帰宅後に震災の報に接して、
嫁さんと彼女の家族の無事を確認するまで
生きた心地がしなかった。 
プロポーズするきっかけとなった。
これも忘れてはいけない記憶かもしれない。
支え合う家族の存在に感謝。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
プリント配線板メーカーのルーツは大きく3つに分かれると思う。
3つのルーツは
めっき業
印刷業
加工業
ではないかと思う。
プリント配線板の工程で分類すると
めっき
回路形成
ドリルやプレス加工などとなる。
中小企業が多い由来でもある。
従って
全工程を保有する企業は元来は少なかった。
一方、
海外では労働集約型ではなく
資本集約型の大手メーカーが
一貫生産体制を構築してコストダウンを図り
日本国内の中小企業の多くを駆逐してしまった。
私が開発した
フレキシブル放熱基板には
従来の技術以外の技術を取り入れて
新たな製品に昇華させたと自負している。

簡単には模倣することはできない。
フレキシブル放熱基板の製造技術は
材料を入手すれば
容易に製造することができるモノではない。
さらに言えば製造方法も
従来の技術だけでは製造することは容易ではない。
コスト競争に巻き込まれることのない
新しい製品の開発にようやく漕ぎ着けた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
起業して13年目を迎えた。
大学卒業後に入社した某金融機関に始まり
モノを造る魅力にハマって
プリント配線板の業界に
30年近く育てていただいた。
あと何年続くだろうかはわからないが
ついてきてくれる家族と
見捨てずにお付き合いしてくださる諸兄との
御縁は大切にしてゆきたいと考えている。
自分に課した十の戒めを
今一度見なおして考えた。
つまらぬこだわりかも知れないが
自分なりに楽しんでやってゆけていると思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
放熱フレキシブル基板は
薄さ
軽さ
低コスト
をアピールポイントに掲げているが
問題点は
製品としての放熱率を測定する術がないことだ。
薄さが災いして
公的な機関からは断られてしまった。
ただ、
片面がアルミニウムであり
熱抵抗が小さいことは間違いない。
後は実積を重ねてゆくことだ。
{F1157C6B-8E16-4289-B1EA-D33274FECE8B}

{045E4A6A-5713-4E56-9FE3-D33CD4F92E07}

{33DA95C6-9C26-49E1-B154-4C7807457F41}

{B7BBC895-BBEA-480A-BAEB-7DF1D1E7B70F}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。