続 サルでもわかるプリント基板のはなし~きばんやおやじのブログ

プリント基板の基礎から、実装技術を駆使した品質管理のノウハウ、コストダウンの方策まで、電子機器のものづくりのノウハウの虎の巻です

長尺プリント配線板のご案内

長さは任意で設定可能
t=0.2
放熱性能保持 放熱性能 1.5W/mK

テーマ:
プリント配線板は、
一定の仕様を提示することで価格を算出することは容易だが、
製造数量が小さい場合は難しい。
ここでは、メーカーを競わせるコストダウンではなく
作り易さを主眼としたコストダウンを考える。
今回はエッチング工程をテーマとする。

露光/現像の工程でエッチングレジストを形成した
次ので不要な銅をエッチングの方法で除去するが、
コスト低減を目的とするのであれば

パターン(回路幅)/スペース(間隙値)を
200ミクロン/200ミクロン
最小穴径は 仕上がりΦ0.5
最小ランド径 Φ0.9

以上の仕様で設計することを推奨したが、
エッチング工程での工法にも注意を払うことを提案したい。
プリント配線板のエッチング工程の工法は
一般的に
サブトラクティブ法という工法が採用されている。
工法の詳細については、
小生のサイトをご参照いただきたい。

サルでもわかるプリント基板の話は こちら

問題は、前出のような一般的な仕様を逸脱する場合で
パターン(回路幅)/スペース(間隙値)
150ミクロン未満
最小穴径 仕上がりΦ0.3未満
アニュラーリング片側 0.2mm未満
のような高密度配線では対応が困難になる場合がある。

材料の銅箔厚
ドリルの穴加工工法
露光/現像工程の回路形成の工法などと
エッチング工程での品質は密接に関連する。

20年程度以前では、
プリント配線板の設計部門
プリント回路板の実装部門
を単一の企業が品質を管理していたが
外注対応が一般的となった現在では

パターン(回路幅)/スペース(間隙値)
ランド径/仕上がり穴径

などの仕様の決定にあたっては、
プリント配線板メーカー
実装工程の担当メーカー
との密接なリレーションが必須であるといえる。
開発段階での試作品による検証もおろそかにしないことだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フレキシブルプリント配線板の素材には
原則的にポリイミド樹脂が採用されるが、
プリント配線板の板厚が極薄になると、
回路形成後のソルダーレジストの印刷工程が困難になる。
元来、プリント配線板の板厚は、
1.6mm から 1.0mm 程度が一般的であったため、
板厚が 0.8mm 未満の場合、
従来工程の設備では対応が不可能となる場合が多い。
ソルダーレジストインクの代わりに
カバーレイフィルムが採用される所以だ。

カバーレイフィルムによって
ソルダーレジストの代替機能を求めると
予め、カバーレイフィルムのクリアランス加工をする必要が生じる。
カバーレイフィルムの加工工程が増えると、
カバーレイフィルムとベース素材の接着時の位置合わせ
のコスト負担が必要だ。

そのため、放熱フレキシブルプリント配線板の開発にあたっては
0.5mm 未満の素材への印刷工程が必要だ。
それでも
価格低減のニーズは大きく、
極薄プリント配線板への印刷工程の採用に取り組み、
板厚 0.5mm 未満のプリント配線板への印刷が可能になった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
従来から取り組んできた放熱PCBの試作品が完成した。

本来は弱小企業で取り組むテーマではない。
まだ取り組む課題は多いが着実に前進させてゆきたい。


放熱フレキシブルPCB
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
30日から毎年お約束の
名神高速の集中工事が始まる。
この時期は高速道路の通行を避けてきたが、
よりによって30日に長野出張が決まった。
そこで
名古屋までの回避ルートを考えてみた。
集中工事による車線規制で間違いなく渋滞するので、
出来る限り名神高速から離れるルートを考えた。
事務所(高槻市)から中央高速までを考えてみた。

1.信楽経由(新名神高速ルート)
大山崎JCT~京滋バイパス~笠取IC~県道3号線~
鹿跳橋西詰~R422~R307~立石橋~信楽IC~
新名神高速~東名阪自動車道~伊勢湾岸自動車道~
豊田JCT~豊田東JCT~東海環状自動車道~土岐JCT

2.亀山経由(東名阪高速ルート)
大山崎JCT~京滋バイパス~笠取IC~県道3号線~
鹿跳橋西詰~R422~R307~立石橋~R422~
県道674号~阿山中学校前~県道49号~壬生野IC~
名阪国道(R25)~亀山IC~東名阪自動車道~
伊勢湾岸自動車道~豊田JCT~豊田東JCT~
東海環状自動車道~土岐JCT

以上の2つのルートであれば名神高速の集中工事を
回避することが可能ではないかと思われる。
もっとも、同じことを考える諸兄は多かろうが。

東近江方面に行く場合は、
信楽ICで新名神高速を利用せずにR307を利用すれば
彦根ICまではR8を利用せずにたどりつける。
栗東IC周辺の渋滞の迂回ルートにはなろう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前に提携していた
韓国のセイル電子が倒産したと聞いた。
当方も切り捨てられたので偉そうなことは申し上げることはできないが、
困っておられる諸兄には協力したい。
場合によっては費用の上でのご支援も申し上げる。
ご用命は当社のホームページからご連絡ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。