続 サルでもわかるプリント基板のはなし~きばんやおやじのブログ

プリント基板の基礎から、実装技術を駆使した品質管理のノウハウ、コストダウンの方策まで、電子機器のものづくりのノウハウの虎の巻です

長尺プリント配線板のご案内

長さは任意で設定可能
t=0.2
放熱性能保持 放熱性能 1.5W/mK

テーマ:
放熱基板といえば、
片面にアルミ板を貼り付けたプリント配線板だが、
この基板の軽量化に取り組んできた。
放熱フレキシブルPCB

組み立てた照明は
重量 240g
L=1200mm

米国のETL認証を取得して販売が開始された。

月産50Kpcs
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リジットフレックスプリント配線板は、
電子機器の小型化に貢献するが
信頼性を確保することが難しい。
安易に高密度化に走ることは慎むべきだ。

リジットふれき
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フレキシブルプリント配線板は、
硬質プリント配線板と工程が異なることは既に述べた。
フレキシブルプリント配線板には
回路を保護するために
原則的にカバーレイが採用されるため
工程が増えてコストアップを免れない。
そこで、
フレキシブルプリント配線板のコストダウンのために
フォトレジストを採用する手法を考えた。
この工法を採用することで
従来のフレキシブルプリント配線板のコストを
半減させることも不可能ではなくなる。

放熱フレキシブルPCB
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
一般的なプリント配線板に放熱機能はない。

そこで、アルミニウムを貼り付けた。

アルミニウム貼付前

アルミ貼付前

この状態でLEDを点灯させると

発熱によりプリント配線板が劣化する。

最悪の場合は発火する。

アルミを貼付すると発熱の劣化が抑制される。

放熱フレキシブルPCB

位置を特定することも可能だ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
熱による電子部品の劣化のリスクは周知だ。
基本的には加速試験による品質評価を実施するが、
問題となるのは
温度条件と評価に費やす時間だ。
公的な規格に基づいた評価手法が公開されているので
それを参考にすることが可能だが、
製品の用途、雰囲気によって、
評価条件が変わることも理解しておく必要がある。
輸送や運送、医療に関連する機器には
厳しい条件が適用される場合が少なくない。
また、装置メーカーでは
独自の評価条件を採用する企業もあり、
国による違いもある。
当社では、
個別の評価試験を受診することは非現実的なので、
ある程度の試験を受け、
個別の依頼には、その都度、相談に乗っていただく。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。