携帯電話の電磁波がたんぱく質の発現を変える?

携帯電話は現代人にとってなくてはならないアイテムとなりました。最近では災害発生時にも色々な役割で活躍できるということから、さらにその重要性が高まっています。
しかし、その一方で、以前から電磁波の人体への影響について議論されてきました。今回、その影響を示唆する新しい研究成果が報告されています。

ねこへび電磁波でたんぱく質の発現が変わる?

携帯電話のような電子機器は、1GHz近辺の周波数帯を利用して通信を行っています。この電磁波がたんぱく質の発現と人間の内皮細胞株の活動を変化させる可能性について指摘されています。

調査の中で、10人のボランティアに対して、前腕部にGSM(海外で一般的に利用されている携帯電話の通信方式)の信号を1時間に渡って照射しました。その後、信号を照射された部位と、照射を受けなかった部位からそれぞれ検査用生体組織を採取し、それぞれ検査を実施しました。

580種類に及ぶたんぱく質を分析した結果、そのうちの8種類が統計的に意味のある影響を受けていたことが判明しました。

「携帯電話の電磁波はある種の生物学的影響を与えます。たとえそれがごく小さいものであったとしても、それは存在します。」

と研究者は述べています。しかし、同時に携帯電話によって引き起こされたこれらの変化が健康面で何らかの問題を誘発する可能性があると述べるのはまだ早い、とも述べています。

「この調査の目的は健康面への影響を見つけることではありません。しかし、人間の皮膚が携帯電話の電磁波に対して何らかの反応を返すか、そしてプロテオミクスと呼ばれる方法がこのような問題を分類するのに役立つかを目的としています。」

現在、研究機関では50~100人単位のボランティアを使った集中的な追加調査を計画しています。順調に準備が整えば、2009年にも開始されるでしょう。





ブーケ1今後の研究結果が待たれる

電磁波の影響については未だにあるという説とないという説が混在している状態です。これはおそらく仮にそのような影響が存在したとしても、それがごくわずかであるか、あるいは、影響を受けたことによって実際上それが人体にどのような形で反映されるかを特定するのが困難だからではないかと考えられます。

いずれにしても、なるべく早くこのような影響について明確になり、それを対処した形で携帯電話が進化してくれることを期待したいものです。

IH調理器を買う前に必ず読む本 ~これだけは知っておきたい、電磁波の危険性~/植田 武智
¥1,260
Amazon.co.jp

ケータイで脳しゅよう―電磁波のデンジくんから学ぶ「危険な使い方」/船瀬 俊介
¥1,050
Amazon.co.jp

危ない電磁波から身を守る本 (シリーズ安全な暮らしを創る)/植田 武智
¥1,470
Amazon.co.jp



それではまた。



My Yahoo!に追加

ブログランキング参加中です。クリックして頂ければ幸いです。
Blogランキング にほんブログ村 健康ブログへ ブログ王 fc2

ページビューランキング!! ブログランキング
AD

コメント(1)