あぢぃ  あぢぃ あせる


口を開けば出てくる言葉は こればかりなりぃ~ショック!


29℃ 30℃ の世界になると

もう 陸にあがった魚のように へたばってる道北人うお座


宝くじがあたったら、定年後の夢として


「 湘南移住 」を 妄想してるPatty家。


でも 夏は耐えられんだろーなあ・・・。


あきらめるか・・・葉山移住の夢ガーン




毎日暑いので マンションのベランダも窓も全開です。

よ~く 聞こえてくるよ・・・ご近所さんの生活音音譜えっ


「 へっ、 へっ、 へっくしょ~~ん 」とか

「 だからいつも言ってるでしょ! そういうところがイヤなんだってば!むかっ

「 ママ~ 眠いからもう寝るね!」 「あんたっむかっ!勉強は?」


などなど・・・etc.



時には 酔っ払った北大生が気持ちよさそうに

 「 都ぞ 弥生 」を高らかに歌いながら歩く声も・・・音譜


顔が見えないだけに 膨らむ想像~にひひ にひひ。




先日の夕方。

晴れ渡った空が一転 にわかにかき曇り


信じられない集中豪雨になりました。雨



あまりの雨の勢いにベランダから通りを見下ろす夕方。


慌てて傘をさして 駆け出す人々。


そのなかにひとり おじいさん。

車椅子に乗っているおじいさん。


リハビリなのか 散歩なのか 時々お姿見かけるおかたです。

全身痛いぐらいの雨に打たれ 進むのもままならず・・。



見ていられずカッパを持って Pattyが飛び出そうとした矢先・・

近所のビルから 傘を持って飛び出してきた男性。


おじいちゃんに傘をさしかけようとしています。


「 ああ~ よかった 」と安堵したのも束の間・・。


おじいちゃんの怒号が響きわたります爆弾


さしだされた傘を じゃけんに断ってるみたい・・。

振り返りながら戻っていく男性。 ありゃりゃ~・・・あせる


おじいちゃん、今度はよろめきながら立ち上がり

車椅子を押して歩きます。

 ザーザー容赦ない豪雨が薄い頭にたたきつけてる。


今度は交差点で若い女性が話しかけるも・・・

おじいちゃん、 ぴしゃりと人を寄せ付けない。

女性も 心配そうに 去っていきました。


おじいちゃん、車椅子にまたまた乗車。

ひとりぽっちで 大雨の中を おぼつかない感じですすんでます。

いずこへ向かうのか・・・。


ベランダから一部始終を鋭い目で観察する主婦、Patty雷


時には 人に甘えてもいいんじゃないかな?

好意を受けとることも 愛だと思うよ~。

頑なに拒むのは 自立心だしFighting Spirit かもだけど・・

いろんな思いが 胸にうずまいているのかなぁ。


おじいちゃんの深い思いは わからないけれど・・・。


自分がおんなじ立場なら 助けたいし 助けてもらいたいなドキドキ


大雨の中の 人間模様。

はかりしれない 物語を 目撃した気分でした。

AD