先週金曜日、BNI定例会のあと、雁宿公園に寄ってきました。
テーマは「知多で平和を象徴する場所って何処?」ということで、寄ったのですが、、、
「夢サポート」という補助金申請をしてみたいので、
知多市の地域振興ってどんなこと?と今、考えがまとまらずにいるので、
それを求めて行ったわけです。
雁宿公園は、戦争戦没者の慰霊碑が沢山あります。「あながたの命を無駄にしません、もう二度と戦争は起こしません」という気持ちから慰霊碑が立っているのですよね。

安保理法案って「戦争できます、します」って法案じゃあないですよね?!でも、なんだか強引に推し進めた形じゃあないですかねー
ヒットラーみたいな独裁政治にならないですかねー?
「戦争のない平和な国を国民の皆さんと一緒に作りたい」っていう人に総理大臣やってもらいたいですよねー

遠足にきていた小学校低学年の子供さんが先生に
「これ、なあに?」と慰霊碑を指さしてきいていました。
「これはねー戦争で亡くなった人達のに、ありがとう、私達はあなた達が日本を 守ってくれたお陰で、こんなに平和な暮らしができています、これからも私達が平和な世の中にしていきます」という気持ちで立てた慰霊碑と言います」
と、先生は子供達に説明していました。

聖徳太子は、十七条憲法で、役人の心得を説いていますが、それは 中央集権国家にして、政治家を1つにまとめなければ、他国に乗っ取られてしまうと判断したため、作ったそうです。
まずは、国の土台作りから行うことが必要、その為には、政治家は賄賂とか、税金を使って、家族と旅行なんてしてたら、聖徳太子はどう思うかなー?
国民の訴えを聞かず勝手に憲法を変えたら、どう思うかな~

まとめ 夢殿を作りそこで次世代の葬儀の場にしたい、
何故かわからないけど、
何かつよーいメッセージがあって、私にそれをしなさいといっているのです。

















AD