魅せられて

コレがなおぴーのしーーーーまーーーーーでっせ(≧∇≦)

    きかいがいっぱいなのだ(ノ゚ο゚)ノ                                  ぐははははーーーーーー(@^▽^@)                                ぐははははーーーーーーー(´∀`*)                                 ぐははははーーーーーーー(´;ω;`)                                ウルッ(ノω;)    
AD

大人のジョーク

テーマ:



山積みダンボールを ゴソゴソ探して やと探し出せました。


こんなことなら、ダンボールに「手編みの靴下」って 書いておけばよかったかな。



この靴下はね とっておきの エピソードがあるんです。



20年前くらい?

ルーズソックスが 流行ったでしょ?


もちろん 20年前の私は 女子高生・・・・・じゃなかったわよあせる


ハイヒール カツカツ鳴らして バリバリに働いてました。


でもね ちょっと 遊んでみたかったのよ。

当時はまだ ミニスカも ギリギリセーフだったし。


キャリアウーマンの お遊びキスマークって 感じで 履いてみたかったのね。


でもね 購入する 勇気がなかったんだなぁ。

ルーズソックス売ってるお店に 入ることすら できなかったよ。


う・・・・ん? プライドが邪魔したのかもね。

今だったら どんなお店でも入れちゃうんだけどな。


それしゃあ 自分で 編もう!って 閃いたの。


でもね~さすがに あのビローーーーーンと長いのは 履けないし。

じゃあ 短くても ルーズっぽく見えればいいんじゃないって


ゆるめ ゆるめに 編んだのね。


で、   穿いてみたら・・・・

はい この通り 普通の靴下になっちゃった。


履いてみて ガックリ。

だって 見たまんま 普通の靴下でしょ?

ピンクハウス?って 感じでしょ?

(当時、ピンクハウスは普通の分野に入ってました。)


でも せっかく編んだんだからって 編みたての この靴下で デートに出かけたの。

(も・もちろん 現在の私の夫ですよ)


これが まいった!!


ゆるく編んだものだから 歩けば歩くほど 

スニーカーの中に どんどん 入っていっちゃうの。


踵は見えちゃうし! モコモコして歩きずらいし!


そのたびに 彼の足を止めて 履き直す始末。


彼が 不思議そうな顔をするから 正直に話しちゃった。


そしたらね



お腹を抱えて 大笑い。


さんざん 笑ったあと こう言ったの。


「ボクが ヒコちゃんの ルーズソックスになってあげるよ」




20年前の プロポーズエピソードでした。









あせるあせるあせるあせるうそうそうそ


大人ジョークです。 


信じないでくださーーーーーい 

くたくた

テーマ:



くたくた だよぉ。


ブログパーツ貼る作業を 朝からずーっとやってました。

ちゃんと 貼れてるかな?


みなさん凄いね

こんな作業を サラッと やっちゃうんだもんね。


でも いじるのが 楽しくて仕方がない。


あっ これは 既製品です。

履き替えて 写真撮る余裕がなかったわ。

牛ちゃん ごめんね。



寒い 寒いと 思ってたら

今日 初雪が降りました。


嘘です。

30年前の思い出ポロポロ。

テーマ:



ブログを始めた事を 主人に知られてしまいました。


無言で部屋を出ていったので

呆れられてるな って ドキドキしていたら


「ほら 撮って」って この足を差し出したのです。


なんと、主人の足には

30年前、 私がバレンタインデーにプレゼントした靴下が!!


当時は ムスっと受け取って そそくさとカバンに放り込んだ

この 手編みの靴下。


気に入ってもらえなかったと 落ち込んでた アノ日。


主人が差し出した靴下には 所々 毛玉がありました。


お互い 照れ笑。


ブログはじめて ほんとに良かったな って感じたよ。


これも みんなが 奨めてくれたおかげです。

ありがとう。


でもね 少々困ったことが・・・


さっきから、1時間おきに 主人からメールが来るんです。


「ね?ね?どうだった?俺の靴下ウケタ?ウケタ?」


若干 うざいのです。