商品やサービスの名前は売上に大きな影響を与えます。うまいネーミングだとそのネーミングだけで売れたりもします。

そして、うまいネーミングほど他人がマネをするので、最初に商標登録出願してないと、ある程度広まってからでは商標登録できなくなる場合もあります。他人もマネして使っていて有名(周知)になっていたら拒絶されますから。

そういう意味で、いいネーミングを考え付いたら可能であれば商標登録されることをお勧めします。早い者勝ちですから。

商標登録出願には大体以下の費用がかかります。

特許庁印紙代
出願時 3400+8600×区分数
登録時 37600円×区分数(10年間)
21900円×区分数(5年間)

弁理士に依頼した場合は、上記に加えて弁理士の手数料がかかります。
通常は、3万円~10万円の間と思われます。

ですから、1つの商標を1つの商品又はサービスについて出願した場合は、

10年間で49600+3万~10万円=79600円~149600円
5年間で33900+3万~10万円=63900円~133900円

となります。ですので大体7万円~10万円ちょっと程度と考えておけばよいと思います。

もっとも、事務所手数料を1万円以下でやっている事務所も稀にありますが、その場合は、商品区分、役務区分まで出願人の方で全部決めてなければならず、専門家のコンサル無しの出願事務手数料だけ、という感じです。そこまで安いといつ事務所が潰れるかわからないので異常に安いところは止めておいた方が無難でしょう。

最低2万5千円以上は取らないと事務所として優秀な人材を確保することは難しいでしょう。

ところで、私の事務所でも商標登録出願をかなり受任していますが、最近、拒絶理由が来ずにいきなり登録、というのがかなり多いです。

造語商標とかロゴの場合は類似のものが元々ないので当たり前と言えば当たり前ですが。

最近では私の事務所の商標登録率は95%を超えているのでは?と推定しています。

一番厳しいのは、商標登録出願時にはまだ公開されてないけど他人が出願済みで、こちらの商標の出願後、公開され、ズバリ同じ商品で、類似もしくは同一の先行商標があった場合です。

これは交通事故みたいなもので、いくら慎重に調査しても見つけることはできません。

ただ、そういう場合でも、商品、役務を複数書いておけば、類似群に入っている商品、役務を削除すれば登録できる場合があります。

そういう意味では商標登録出願については、限りなく100%に近い登録率であっても別にすごいとか言うわけでもなく、90%以上の登録率は当たり前、と考えていいです。

当所でも95%以上だと思います。

で、ご希望があれば、日本最安値で商標登録出願を承ります。ご興味があればメッセージかコメント下さい。
AD

コメント(1)