合格発表から数日。

テーマ:

お疲れ様です。


合格発表から数日が経ちました。


ホント合格できてよかったです。


お祝いメールをくださった皆様、


ありがとうございました(^^)


当然のように、合格発表の日もその翌日も呑んでました(^_^;)


さて、弁理士試験には通りましたが、


すぐには弁理士登録をすることができません。


12月から3月までの間に行われる


弁理士実務修習(約12万円也)を経て


来年4月にようやく登録が可能となります。


早く名刺に「弁理士」と載せたくてうずうずしています(>_<)




それにしても、合格発表の日は緊張しましたぁ・・・


以下、大したことは書いてないのであまり期待せずダラダラ読んでくださいね。


論文の合格発表 のときは、自分の合格を確認する前に、


合格人数と友人の合格を先に知ってしまったので、


「これで落ちてたらどうしよう・・・」と不安になり、


合格発表の掲示板の前でフリーズ・・・


なかなか合格発表を見ることができませんでした。。。



一方、今回の最終合格発表でも、


先に、200人以上が落ちたという衝撃の事実を先に知り、


その上、共に受験した高校時代からの友人


から聞いていた受験番号を先に探して


友人の合格を確認してしまいました・・・

↑なぜ、こんなことをしたのだろう・・・

自ら自分の合格発表を見るハードルを高めてしまう結果に(^_^;)


今回は、10時からの合格発表の掲示板を見に行かずに


12時からネットで見ることにしたので、


「Ctrl+F+「受験番号」で一気に検索しよう」


なんて思っていましたが、とてもじゃないけど、


そんな恐ろしいことできませんでした(>_<)


自分の受験番号の上下を行ったり来たり。。。


まぁ↓こんな風に数字が並んでいるわけですが、


弁理士試験合格!

一番左の列の数字だけ縦に見ながら(数字は横並びです)、


徐々に徐々に範囲を狭めていきました。


そして、最終的には下から上に向けて


ゆっくりスクロール。


自分の受験番号は下3桁が「108」だったのですが、


とうとう下二桁が「121」の行まで来て、次の行は、「106」。


「おっ、だいぶ飛んだ」とびっくり(>_<)、


「106」ということは、私の番号があるとしたら


おそらくこれよりも一つか二つぐらい右だ。


そう思うと、なかなか「106」から右に視線をずらすことができませんでした。


このときの私の視界はこんな感じ↓


弁理士試験合格!


赤丸の「106」の数字に焦点あわせてそれ以外が見えないように頑張ってた(^_^;)



その後、ようやく視界を少しずつ右に移動させると、


ぼんやり「106」のすぐ右の数字の雰囲気だけが見えました。


その雰囲気からして、


下三桁目が「1」、


下二桁目が「0」、


そして、下一桁目は「8」か「9」だろうという感じ。

(丸みがあるため「7」ではないはず)


こんな感じ↓


弁理士試験合格!

ということは、とりあえず「110」まで飛んでいることはない。


ここまで来たら「見ろよ!」という感じですが、


私の視界はいったん明後日の方向に(^_^;)



ここで、私は、前の論文合格発表のHPを開きました。


で、私の次の合格者の受験番号を確認。


私の番号「108」の次は「109」ではなく、「110」でした。


おっ??


ということは、さっきぼんやり見えた数字は「109」ではなく、


私の受験番号の「108」では??


と胸を高鳴らせて、ようやく自分の番号を確認(^3^)


ここまで約10分・・・


弁理士試験合格したら


「よっしゃぁー」って声が出るかと思っていましたが、とんでもない。


論文のときと同様、「ふ~っ」と大きく息を吐きました。

AD