テーマ:
 
小学校5年生、6年生はクラスも持ち上がりで
担任もいっしょだったんだけど
 
まーその先生が嫌いでね。。。
大学を2つ出て新任から2年くらいだったかな?
27,8歳だったと思うから
今思えば、未熟で当然だからかわいそうなことしたかなと。
いや、私も小学生だからやっぱいいや。(笑)
 
 
男の先生でした。
大嫌いでした。
 
 
先生は私のこと気に入ってたと思う。
私ってば、勉強できてスポーツもできる
「優秀な」小学生だったもんで
なんか知らない期待をかけられてました。
その期待がうざったかった。
 
 
だけど私は自分が「優秀」だってことを特別なことと思ってなかったし
大人のことは見透かせてると思ってた。
 
 
だから担任の
子供たちを自分の好きなようにコントロールしようとしてるところとか
それをできると思ってるところが本当に嫌で嫌でたまらなかった。
バカにすんなと思ってた。
 
 
 
今でも腹立つ事件が2つあって
「アスレチック事件」について書いてみよう。
 
 
 
当時(約30年前。。。)
始業前に朝運動があって
うちの小学校は田舎で校庭が広かったから
木製のアスレチックがいっぱいだった。
 
それがいくつかに分かれてコースになってて
学年ごとに何周かすることになってたと思う。
 
 
他の子がのんびりやる中
私は、友達何人かと一緒に
ホンキのスピードでめっちゃ早く回って終わらせた。
 
 
休憩のため座ってたら
担任が現れた。
 
 
「おまえら、何サボってんだ!
 それならずっとそこに座っとれ!」
 
 
 
。。。ね。嫌でしょ(笑)
 
 
 
「ハア???」となった小6女子たちは
言われた通り、ずっとそこに座っていました。
 
 
1時間目がはじまっても
2時間目がはじまっても
 
 
あ、座ってただけじゃなくて
木登りとかもしたけど
 
 
2時間目の長い休み時間に
クラスメイトが呼びにきて
「先生が呼んでるよー」と。
 
 
「は?アイツがずっと座っとれっていったんだがや。お前が来いや」
 
となりましたが
呼びに来てくれた善良な友達を困らせるわけにもいかず
教室に戻りました。
 
 
3時間目がはじまっていて
体操服にブルマのまま後ろに立たされました。
 
 
立たされるだけで先生からは何の話もありません。
 
 
授業が終わって、職員室に来るように言われ
行ってみたら、1人ずつ先生の席まで呼ばれました。
 
 
 
ほかの子は普通に?叱られただけのようでしたが
私には先生はこう言いました。
 
 
「恭子さんは、一人だと優秀なのに、あの子達といるとおかしくなる」
 
 
 
。。。。。ね、嫌でしょ。
 
 
心底コイツ大嫌いだと思いました。
アホだなと思いました。
 
 
 
事件としてはここまでなんですけど
 
この話、親にはしてないんだよねー
 
 
 
うちの親は、わたしが「優秀な」子だということは
特に褒めもしないし自慢に思ってる様子もない人たちでした。
それが私には安心・快適でした。
姉だけはよく褒めてくれました。
 
 
 
家では「先生嫌い」といっていました。
親は「先生にそんなこと言ってはいけない」と言いました。
 
 
個人懇談などではよく担任と母とで
「恭子さんが僕と話してくれません」
「娘が学校のことを話しません」と
共通の話題で盛り上がっていたようです。
担任、おめーのせいだわ。
 
 
 
あんなに人をとことん嫌いになって
態度にも出せたことは後にも先にもないです。
あれはあれでいい経験。。。。と物分りよく書きたくなる気持ちもありますが
ほんとにすっごい嫌だったんで
振り返ってみればよかった、なんてことは言いたくありません。
あの人はダメな大人でした。
 
 
ずっと年賀状を送ってきてて
ぜんぶ無視してたんですけど
(その度に親に「返事だしなさい」と言われるのもウザかった)
 
 
 
後日談で(ほんとにここ5年くらいで聞いた話)
お友達のお母さんがばったり当時の担任に会って話したとき
彼が
「あのときの自分は頭でっかちで未熟だった。子供たちには申し訳ないことをした」
と言っていたそうです。
 
それを聞いて、当時既に30代だった私
「やっとわかったか!ヘッ!」と思いました。
人は成長するね。(上から目線w)
 
わかったなら許してやるよ、って思いました。
何の因果か、伝わってきてよかったです。
私も不思議と楽になったんです。
(だって、正月ごとに思い出させられてるから忘れないからね!)
 
 
 
 
 
うちの息子も5年生になりました。
無口な息子です。
何考えてるんだか
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ジブンのスタンダードをあげる!市民力アップセミナー

5回シリーズの最終回、前半を担当しました。

 

 

 

image

 

前の方でしゃべっているのがワタクシ

 

 

柴田朋子さんかわのゆみこさんから重ーーーいバトンを受け取って(笑)

 

 

柴田さん

リンク画期的な「市民力アップセミナー」の最終回だけど、終わりは始まりだよ

かわのさん

リンク市民力セミナーでわたしがわたしに問いかけたこと

 

 

 

とにかく、等身大の私の経験から受講生の方が

「小さくても具体的な一歩を踏み出す勇気」が持てるように

お話しました。

 

 

私がいままでどうやって物事に人を集めてきたか

時間に限りがある中でしたので一部ですが

事例を元に紹介しながらお伝えしました。

 

 

 

image

 

 

みなさんの目に触れる一部のところだけみて

「いつでもお知らせした途端あっという間に満席」ってないですよー

色んな積み重ね、裏での動きがあります。


 

 

そういうことを教わったのは団体の運営に関わらせてもらったからです。

動きながら、現場に触れながら、イヤというほど人と関わりながら

「手伝わせてください!」といいながら自分本位な人をさばいたり

「この地域の役に立ちたい!」といいながら「あっちが忙しくなったんで」ってやめちゃう人とか

いろんないろーーーんな思いをしながら

教えていただいたことです。

キラキラママ☆プロジェクトのミキティには本当に感謝です。

今回色々振り返って改めて。

 

 

 

目立つタイプのようなので勘違いされがちなのですが

わたしは裏方に燃える人間です(笑)だから裏番長っていってるんだよ!あら、初耳?

そして大胆にみえて、ある部分で粘着質で細かいです。知ってる人は知っている。。。

 

 

 

日々の積み重ね

コツコツ努力

 

 

どうやったら相手に伝わるかな?を考え続けて実行しつづける

トライする

その長さと量と質の掛け算(すごく普通の話だ。わざわざいうことか)

そこには恥をかいたり失敗したりも当然含まれる(当然すぎて書いてて恥ずかしい)

小さくても一歩踏み出さないとどこにもいけない、誰にも会えない(赤ちゃんでも知ってる)

 

だけどここをパスしたりショートカットしたいんだよな、人は。

 

 

 

その気持ちはよーくわかる

でも

 

 

 

「やってもらう」「誰かにどうにかしてもらう」つもりの人は

このセミナーにはいないはずだと思って話をしました。

 

市民力アップ

「地域の課題解決のために自分ができることを提供したい人」だもんね。

 

 

 

自分に余ってる部分があったら誰かに分ける

その気持ちが外に向いてることが

市民力であり「いい人」(笑)だと思ってます。

 

 

自分が足りてない人は

まず自分を満たすことだよダイジなのは

「認められたいって気持ちが強すぎるとダメ」って

かわのさんが何度もおっしゃってて

ほんとその通りと思います。



裏を返せば

そういう人が今までにたくさんいらっしゃったのねと思いました。

 

 

今回みなさん

私のような若輩者の話も、きちんと聞いてくださって

私がどれだけ勇気付けられたか

ああやって、空気を作ってるってことも

その場の役割をみんなが果たしてるってことだと思っていて

だから、「市民力」といっても

まず、一人一人が自分を「よく生きる」ことが

社会を支え、周りにいい影響を与えること。


特別な「活動」をしなくても

思いを寄せるとか、待つとか、見てるとか

そういうことも市民力だと私は思います。


 

ただ、もったいないのは アクションを起こす時


みなさん一生懸命いいことしてる or しようとしてると思います。

そのことに集中しすぎて、知ってもらうことに対して鈍感すぎます。

量も丁寧さも全然足りません。

矢印をちゃんと外にむけよう。

自分の思う「いいこと」が独りよがりでないことは大前提ですが

そうなのかどうかわからないなら人に聞くことですよね。

 

 

 

「いいことは知られなければなりません」

 

 

 

 

 

なんかとりとめなくなってきました。。。

書きたいことはあるけどそのうちぼちぼち書こう。

素敵な感想もいただいてるのでそれも紹介したいな♪

 

 

 

私は下手でも粗くてもアウトプットする。

こうやるんですよ(笑)

 

 

image

 

 

このお二人の偉大な先輩の後にやるの、どんだけ重かったか、想像してみて。。。?

私でいいのかとか

今からでも断ろうとか

しょぼいと思われたらどうしようとか

いつまでも資料ができないとか

私の番だけみんな来なくてガラーーンとしてるのかもとか

しかも当日↑の二人に聞かれてるとか

怖いけど、それでも、やってんのよ!

今の私で役に立つことがあれば提供したいって、それだけ。

はーーー。楽になった(笑)

 

 

主催の湯浅亜紀さんはじめスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

あのスタッフ陣が集まるのは、やはりあきさんの今までの活動の積み重ねがあってのことと思います。

 

80人の受講者が集まったのも、色んな積み重ねあってこそですよね。

それも話したかったなぁ。

うん、またの機会に。 

 




きょうこ「きょうこさんみたいにセミナー主催してみたい」って人がチラホラいるようなんだけど

少人数でもリクエストあればレクチャーしますので

下記のお問い合わせまでどうぞ。

Facebook繋がってる人はメッセージで。

どうやってやるんだろ?って思ってるより聞いたほうが早いってこともあります。


イベント出店心得セミナーの「こすい」バーションもありますので

興味あるかたはどうぞリクエストをw

 

 

んで、一推しの

 

「資格ナシ!でも80人の前で講師ができるようになる」(笑)

講師力アップセミナー(柴田朋子さん講師)

 

講師の方、ぜひご参加くださいね。

講師なのに受けてない人、勇気ありますね、大丈夫ですか・・・

って今は思っちゃうくらい役に立ってる。

柴田前田コンビでお待ちしてます。

 

 

<<<<募集中>>>>

10/17(月) 柴田朋子さん講師 「講師力アップセミナー」

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このブログを読んでくださっている「講師」のみなさま

「教えるチカラ」に自信、ありますか?



プペコン講師力アップ!セミナー

 

image

 


今、「講師」と呼ばれる人が増えています。


「好き」から「得意」に、趣味が高じて
養成講座でカリキュラムを修了して
経験、実績を買われて「秘訣を教えて欲しい」と言われて




いろんなきっかけで「人に教える」ことが仕事になっていますよね。


知識を深めたり、より高い技術を磨く機会はあっても
それを買ってくれる方に、よりよく伝える仕組みや方法が不確かで
「自分次第」「自分流」
「相手が誰でもカリキュラム通りそのまま」
「知っていることを伝えるだけ」「教えたいことを教えるだけ」

になっていませんか?

 

 

資格を取るだけなら、お金を払ってカリキュラムを終えれば

誰でも「認定」がもらえて「講師」になれる。

しかしそれは

受講者に対してきちんと成果の出せる講師になることと

必ずしも「イコール」でないのが現実ではないでしょうか。

 

 



2015年の12月にリリースしたこの「講師力アップセミナー」は

企業研修講師、大学講師として活躍し
女性セミナーでも大人気の柴田朋子さんから
<教え方>を学ぶセミナーです。

 

 

東京・大阪にも招致され名古屋では今回で5回目。

振り返れば約3ヶ月に1回のペースで開催、常に満席をいただく人気です。

 

 

image

 

開催レポート

【レポ】場が変わると学びも変わる 柴田朋子さん講師「講師力アップセミナー」4/14

講師力アップセミナー開催報告

 

東京でも開催!主催のりんどうまきさんのブログ

リンク教える伝えるは、よく見るよく聞くから!!柴田朋子さん「講師力アップセミナー」開催しました!!

リンクステータスの話から旦那さまの話まで?柴田朋子さん「講師力アップグループコンサル」開催しました!!


柴田さんの当日ブログ

リンク講師力を教える「超ネタバレ講座」をやってしまった(笑)

リンク心臓にはあまり良くない(笑)講師力アップセミナー
リンク講師力アップセミナー「わたしも、人に言ったとおりにやってるよ」と思うw

リンク【関東セミナー遠征①】講師力アップセミナーは、冷や汗もので頑張った(笑)

 

 


プペコンセミナーの内容



・いい講師って、どんな人だろう?
・「教えたつもり」の「教えたがり講師」ははたしていい講師なのか?

・超・基本 講座のデザイン
・人はいかにして学ぶのか?学びのメカニズムを踏まえて伝えよう
・新規さんとリピーターさんの混在する講座は要注意!
・あなたの「講師」としての課題はなに?



柴田さんの企業研修講師、大学講師、女性セミナー講師としての経験に加え
ご自身が慶応丸の内シティキャンパスで半年間受講された
「ラーニングイノベーション論」で学んだ内容も盛り込まれています。


セミナーでは
→参加者の悩みに対応する 「レクチャー」
→聞くだけじゃない、さらに学びを深める 「ワーク」
3時間みっちりの充実の内容
さらにセミナー後、ランチをしながら
→個別対応かつ、課題をシェアする 「グループコンサル」

 

 

image



プペコンこんな人にオススメ


 

 

・より伝わるレッスンをしたい
・いままで「教え方」を教わる機会がなかったので知りたい

・一度きちんと学ぶ理論をおさえておきたい
・自分の教え方にいまいち自信がない
・講師としてレベルアップしたい

・講座の組み立て方を学びたい

 

 

image

 

 


プペコンお客様のご感想


 
リンク過去の受講者のご感想まとめはこちらから
主体的な学びは格段におもしろい!
密かに憧れを抱いていた柴田朋子さんの「講師力アップセミナー」に参加しました。
目的の一つが、受講生との関わり、介入の仕方を学ぶこと。
で、そこはさすが柴田さん、心地よい展開なのにグイグイ入って来ます。この感覚を肌で味わえたことは一番の収穫だと思います。
よいセミナーをしたくても、自分がよいセミナーを受けたことがなければ、よいセミナーをするイメージなんて湧かないですからね。

♡キャリアセミナー講師 Sさん

ネタバレを怖れないと明言する柴田さんのレクチャーは
三時間みっちり濃密な上に、それが正に学びたいこと!である
講座のデザイン=バランスが計算し尽くされ
私にはピッタリフィット♥

何から何までが栄養になりました。

感覚でやってきたことがそうは外れてないと安心することもあれば
新たな課題も見つかり 何より、行動しよう!と思えたことが
私の成果でもあり この講座受講の醍醐味なのかも。

♡話し方・各種研修講師 Hさん

 
♡金子ひとみさん
今日の柴田さんの名言。
講座は全てがライブである。捨てることが大事。
どういうことかというと、準備していた内容も当日の受講生の方の属性や理解度、空気感を瞬時に判断して臨機応変に対応することにより講座自体が生きるということ。
場合によっては準備が100%無駄になることもある。
でも、それにこだわらず捨てる勇気を持つこと。
(いや~、これ結構勇気いるよね!!)
講座って生き物なんだな~って強く思いました。
全文はこちらから
♡市川えりさん
セミナーを受けている最中から、
『あのくだりはもっと短くしよう』
『あの豆知識はいらないな』
『その代わりみなさんの期待に寄り添うためにあのワークを取り入れよう』
『行動してもらうためにわたしができることはあれかな?』
とアイデアが次々とわいてくる。
前向きな気持ちになっているのがわかる。
全文はこちらから
リンク『捨てる』は究極のお客さま目線…柴田朋子さんの【講師力アップセミナー】

 

 

 

image

 

 

 


いちばんなにより、私がおすすめしたいのは
私自身が柴田さんのセミナーをいくつも受けたり主催する中で
大きな学びと変化があったからです。


チェック(白地)終わった直後からすぐ使える
チェック(白地)「スッキリした」では終わらない学びの深さ
  (ときには思いっきりモヤモヤする、自分の頭で考えさせられる→結果、身につく)
チェック(白地)問の鋭さ・トークのキレ
チェック(白地)セミナー後の受講者の変化(しかもそれが継続する)


これらを強く体験、実感しています。
そして、私がこのことを実感できるのも
柴田さんがそのように
講座を組み立て、講師として働きかけているからです。
その秘訣を惜しみなく伝えてくださいます。

柴田さんのセミナーを一度受けるだけでも
自分の講師としてのスキルアップ、意識アップに効果があると
自信をもってご紹介します。


いちばんちなみに、私自身の受講後の変化としては

・「教えたいこと」をそのまま伝えるのではなく
「受講者の方が何を知りたがっているのか」をリアルタイムで聞き取り
内容に反映する習慣がつきました。
(これは。「質問力セミナー」を受講した効果もあります。講師の方はあわせて受講をおすすめします。)
私のセミナーを受講していただいた方から「その場に合わせた対応でわかりやすい」と
ご好評をいただいています。

・気持ちに余裕ができ、講師をしているときに落ち着いて間をとって話せるようになりました。
結果的に、時間を守って終わることができ、信頼感、受講者さまの満足感があがります。

・基本となるセミナーの「型」を教えてもらえたので
もともと2時間設定の自分のセミナーを、ご依頼主のご希望に合わせて
1時間、1時間半と内容を変更すること
たくさんあるテーマの中から1部分を切り取って講座を組み立てることが
非常に楽になりました。
そのため、新たな依頼をいただいても、臆することなくお受けする自信がつき
新しい講座開講の機会が増えています。

 

 

一度「講師」になると
「どう教えるか」を「フェアな場で」知る機会って
なかなかありません。

 

 

「ネタバレ」「心臓によくない」といいながら

惜しみなく伝えてくださる柴田さんの「講師力アップセミナー」

ぜひ、時間をつくって講師としてのあなたのスキルアップに来てください!

 

 

 

「教えるチカラ」をアップして
あなたの講座を受けてくださるお客さまに
もっと喜んでいただけますように!

 

 

 

プペコン講師力アップ!セミナー
【日時】2016年10月17日(月) 受付開始 10:15 定員12名さま 残席7
 10:30~13:30 講師力アップセミナー
 13:30~15:00 グループコンサル

【場所】 チクサグリル パーティールーム
名古屋市東区葵3丁目15-31 住友生命千種ビル1F

(JR中央線・名古屋市営地下鉄東山線千種駅1番出口北徒歩1分)
【受講料】 当日現金でお支払い下さい。
講師力アップセミナー+グループコンサル 19000円(ランチ・フリードリンク付き)
※グループコンサルに参加されない方は15000円(フリードリンク付き)

NEW再受講の方(3名まで)
セミナー+グループコンサル 13000円(ランチ・フリードリンク付き)
セミナーのみ 7000円(フリードリンク付き)
【お申し込み】

ノートパソコン(PC・スマホ)https://ws.formzu.net/fgen/S68255661/
携帯電話(携帯電話) https://ws.formzu.net/mfgen/S68255661/

受講に際してのご注意 申し込み前に必ずお読みください

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

去年から、初めましての方にも

「前田恭子さんですよね」

と言われるようになった。




最初の頃は

なぜ私を知っているのですか……‼︎

と思いました。



たずねたところ


「Facebookでー」
「お友達と一緒のイベントに参加されてて」
「友達がいいね!してたから」


Facebookの影響がすこぶる大きい。




たぶん これとか

{101548A3-BF2A-4C30-BE31-0E11E2451CE4:01}
キラママcafe遠足


これとか

{C63F7BED-393D-4287-80F7-539C70C21915:01}
貿易ゲーム


参加人数多いし
影響力の大きい人と一緒にいることも多いので
覚えてもらいやすいのかな。

いつも前田恭子の名前を出して紹介してくださるので
そのおかげです。


主催するセミナーはだいたい15人前後は参加してくださるので
たくさんの人が、感想を書いてシェアしていただいてるのもありがたいことです。




あとはこれだな。


{1C8BB41C-87A9-48CC-AD46-60CD19E9E903}


{15074562-1EBA-4E65-9AF5-0B1F622746CE}

{88AB123D-04D4-4981-9E2E-69830E89DA40}

{3C93B637-AF7E-424A-8F3C-427600A311F6}



7つの習慣読書会



これは回数と
写真のインパクトで覚えてもらえたかな。
(7つの習慣と大きく書いた本を持ってる)




それでだね。



たくさんタグ付けされてる投稿はもちろん「いいね!」が多い。
私以外の方のお友達からのものも含まれてるから。


ちなみに私が自分の投稿で「多い」と思うのは
100超えたくらいです。
だいたい50くらいかなー
内容によります。



全体公開にしてるけど
50くらいまでは
だいたいお友達になってる方の「いいね!」です。
意外に細かい私は
誰がいいね!くれてるか見てるんです(爆笑)


ちなみに
Facebook上の「友達」は最近1000超えたとこです。
がっつりリア友から
名前も顔も覚えてない人もいます。
前も書いたけどご機嫌次第で承認しているため)
100越えるときは「友達の友達」がいいね!してくれてるパターンです。




あ、話が脱線してる



そう、で、その「友達の友達」が
いいね!しなくても見てくれてるんですね。


だから、私が知らない人が
「よく見てます!」って言ってくださるわけね。




これは「友達の友達」に限らず
「友達」でも

いいね!しないけど、見てはいる。
ってことがよくある。
私にもある。





いいね!してもしなくても
見てるし
「いいね!」とか「キレイだね!」とか
「そりゃ大変だったね!」とか
思ってます。




だから…何が言いたかったんだっけ…


まぁいいか(笑)
そういうこと!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

----------------------------------------------------

9月・10月の講座・イベントスケジュール

----------------------------------------------------

 

 

image

 

 

【9月】

 

05日 キラママ交流会 13:00-15:00

 

07日 7つの習慣読書会@瑞穂 9:30-11:30 募集中

     第1の習慣

 

08日 ママプラスアルファさま招致 自分を伝えるプロフィール作成講座 in岐阜

 

09日 7つの習慣読書会@清須 9:30-11:30 募集中

     ファイナル ボードゲーム

 

12日 自分のスタンダードをあげる 市民力アップ講座「イベントの創り方」 in瀬戸

 

15日 サガミの会 「人を助けるとはどういうことか」

 

23日 7つの習慣読書会@長久手 9:30-11:30 募集中

     第6の習慣

 

26日 伝える・受け取る「質問力」を身につけよう 柴田朋子さんセミナー 満席ありがとうございます

 

 

 

image

 

 

【10月】

 

03日 キラママ交流会

 

05日 7つの習慣読書会@瑞穂 募集中

 

06日 しゃべれる自習室 inみよし 募集中

 

17日 講師力アップセミナー 柴田朋子さん講師 募集中

 

18日 eight主催 1derland(ワンダーランド) スタッフ参加

 

27日 eight主催 自分が伝わるプロフィール講座

 



太字が前田の主催です。
その他のものはご招待できるものもあるので
お問い合わせください。



告知が追いついてませんが
参加したいものがあったらこちらのフォームに
コピペで貼り付けて送ってくださいね!



facebookFBでつながってる方はメッセでどうぞ!

 



「7つの習慣読書会」について
・読んだ感想や、わからなかったことをシェアしてみんなで楽しむ会です。
・どのバージョンでも良いので、読書範囲まで読んでご参加ください。
・参加費は1000円です。(飲食費・会場費別途)
・開催場所は、お申込みいただいた方にご連絡します。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。