劇団Patchオフィシャルブログ「必死のパッチ-必死やなかったらチッパに改名-」Powered by Ameba

劇団Patchオフィシャルブログ「必死のパッチ-必死やなかったらチッパに改名-」Powered by Ameba


テーマ:



近ばんは!!





久しぶりのブログになります!!






お待たせしました。







情報解禁です((∩^Д^∩))








方南ぐみ企画公演
朗読舞台『逢いたくて』



脚本演出はなんと
「あたっくNo.1」と同じ樫田正剛さん!!





{7690891D-4F49-4C25-85C2-CE28D53B37EC}








また樫田さんとやりたいって言ってて
この短い期間で叶いました!!




すごく嬉しい😃









それに日は違えど
あたっくで共演したショーゴとイツキ、岡森さん、あつしさん!
ハイキュー!!で共演しているヒロキくん!
Kで共演したメンちゃん!



同じ台本だけど全く違う作品になると思う!!



すごく楽しみ。
他との違いを観るのも演劇の楽しみかもね(。-∀-。)





そして、今日
Patchの健も出演していた。




こうして劇団員と同じ作品をできるってのは
すごく感慨深いね。















さて
僕が出演する回は
8月9日の17時公演!!



1日だけですが是非来てください!!




{F270AABF-76CE-4128-9823-6B8981B8C35B}



戦場に届いた115通の手紙。
女は恋文をひたすら書き綴った…。
男は生きるために手紙を抱きしめていた。





【あらすじ】
逢いたくて・・・
あなたが恋しくなってペンを走らせています。
なつかしい私の大好きなあなた。
できることなら、飛んでいって首玉をつかんで
思う存分愛撫して、私の気持ちも知ってもらいたいです。

結婚間もないしづゑは戦地への夫に恋文を送り続けた。
一つ一つの言葉が愛に包まれていた。
昭和20年。激戦地フィリピン
男たちは連合軍の圧倒的な物量の武器と火力、そしてマラリアに襲われ、
敗走する日々を送っていた———。死にたくなる時もあった。
だが男は生きる希望を捨てなかった。手紙が生きる希望だった。

【作・演出】
樫田正剛

【原案】
稲垣麻由美(『戦地で生きる支えとなった115通の恋文』/扶桑社 刊)

【出演者】
伊藤麻実子 猪野広樹 岩谷翔吾(THE RAMPAGE) 大空ゆうひ 岡森諦(扉座) 神永圭佑 君沢ユウキ 近藤頌利(劇団Patch) 紺野まひる 竹中直人 藤澤恵麻 藤原樹(THE RAMPAGE) 正木郁 松本まりか 水谷あつし 校條拳太朗 和田琢磨 (五十音順)

【公演期間】
2017年8月8日(火)〜13日(日)
8月10日は休演日予定

【会場】
三越劇場

【一般チケット発売日】
7月28日(金)12:00〜

【チケット料金】
前売り・当日¥5,000(全席指定・税込み)
※未就学児入場不可

【公演・チケットに関するご予約/お問い合わせ】
■三越劇場
三越劇場専用フリーダイヤル TEL:0120-03-9354(全日10:30〜18:30)
三越劇場専用インターネットご予約 http://mitsukoshi.mistore.jp/bunka/theater/
■カンフェティ
0120-240-540(10:00〜18:00)
http://confetti-web.com/aitakute






AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

劇団Patchさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース