【竹下健人】かしま

テーマ:


【竹下健人】


どうも、竹下健人です。



バレンタインデーおわっちゃいましたか。



ちっちゃい時、少し気になっていた女の子に酢こんぶをもらったことを覚えています。


酢こんぶて。


と突っ込みたくなるところですが、当時の純粋な竹下少年はこれって特別なんだと感じていました。


その子は結局本命の男の子に、手作りチョコレートをあげていましたとさ。


あの時のすっぱさと、ほろ苦さと
その女の子に抱いたギュッと心が締め付けられたあの感情が忘れられません。


ビターな世の中ですね。
世間は甘くないってことを毎年のように感じます。


そんな世の中で、ふと周りを見渡すと
色んな人たちがいることに気がつきます。



警備員のおじさん。



通りかかる人たちに元気よく挨拶していらっしゃる姿をみるとこちらも元気がでます。


しかし、ひとつだけ気になることが。


夕方ごろになるとまたまた通りかかる人たちに向かって


『かしまです!』
『かしまです!』
『かしまです!』


と謎の言葉を発されます。
何を言ってるのか知りたくて、そのおじさんの近くで聴いてみることにしました。



『かしまです!』
『かしまです!』
『かしまです!』



近くで聴き続けること5分。
結局わからずじまい。
もう、かしまです!という言葉が正しいんじゃないかと諦め掛けていたその時


『おっさまです!』
(変わった…?)


かろうじて違って聴こえた言葉から推測して
お疲れ様ですの変化系だという事が発覚しました。


なんやかんやで10分ちかくおじさんに興味津々でした。色んな人がいますね。素敵。



あぁ。
1番言いたいことを忘れてしまうところでした。



とおる、お誕生日おめでとう。
昨日ちゃんと言ったんだけどね。



とおる、お誕生日おめでとう。



素敵な1年になりますように。



飲みに行こうと言おうとしたのに、彼はまだ18歳でした。ガッデム。



20歳までお預け。



それでは。

シャキッといこう。

{D3B48C99-D68C-4829-A9A0-1D24BD4FAB51}
至近距離とおる。

AD