その患者さんは単なるわがまま?

テーマ:

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

の波田野征美です!!

 

 

 

 

私・・・

 

整体とかセミナーとかやりながらも

 

知り合いのデイサービスにヘルプで呼ばれていくつかの施設を見ているわけです。

 

まぁ、デイサービスに限らず

 

これまで働いていた整形外科なんかでもよくあったりするのですが

 

患者さんから色々な要望が出てきますよね?

 

 

 

あれを新しく追加してほしい

 

もっとあれを長くやりたい

 

とか諸々で

 

 

そうすると、医療や介護の世界は設備的なものもそうだし

 

人件費もギリギリの中でやっているので

 

中々、対応できず

 

「ほかの利用者さんも使うんだから無理」

 

「人が足りないから相手にしてられない」

 

といったことになりがちです。

 

 

でも、ちょっと待って考えて欲しいところです。

 

 

もちろん、それは

 

どうやって要望に応えるか

 

ではなく

 

『その要望の本当の意図』を

 

です。

 

例えば

 

「自転車の時間を長くしたい」

 

という要望が

 

言葉通りに

 

「自転車をやりたい」

 

ではなく

 

メニュー自体に物足りなさを感じているからであって

 

自転車が目的ではなくて

 

他のメニューでも良いし

 

時間じゃなくて負荷量のアップなどでも

 

十分対応できるわけです。

 

 

どうしても「自転車」にこだわるようであれば

 

なぜ自転車なのかを聞いていけば

 

理由がしっかりとあって

 

その理由がわかれば

 

やはり代替案をいくらでも提案することもできます。

 

 

 

この例はすごく単純なケースですが

 

 

患者さんとのトラブルは

 

原則的に

 

ミスコミュニケーション。

 

 

モンスター患者を生んでいるのは

 

実はあなた自身かもしれませんね。

 

 

そうならないためにも

 

患者さんの言葉の奥に隠れている

 

真実にしっかりと目を向けたいものです。

 

 

 

 

 

では~~!!!

 

セミナー情報、整体院予約状況、健康情報を受け取りたい方はLINE@登録をお願いいたします。

ID「@pan8994v」

 

 

 

メルマガ「西洋医学と東洋医学の融合」の登録はこちら!!

http://www.mag2.com/m/0001654790.html

 

 

<予定セミナー>

 

・2017年

 

 

7月16日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~腰下肢編」in熊本

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12283380794.html

 

7月23日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~膝足部編」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/4042

 

7月29日(土)「治療の鉄人になる!!OPAレフタッチリリース」in札幌

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12283962405.html

 

7月30日(日)「OPA導診法~アナトミートレインと経絡五行論」in札幌

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12283962405.html

 

8月6日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~肩上肢編」in熊本

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12283380794.html

 

8月19&20(土日)「OPAトリガーポイント基礎編~腰下肢&膝足部~」in岩手

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12281899886.html

 

8月27日(日)「最新ファンクショナルトレーニング。OPAスポーツメソッド基礎理論編」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/4159

 

9月10日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~頭頸部~」in熊本

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12283380794.html

 

9月17日(土)&18日(日)「OPA導診法上級編」in大阪

 

10月15日(日)TORAsシンポジウム

AD