ネイマールのドリブルを獲得するには 

 

 

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

の波田野征美です!!

 

 

 

去年、出演させていただいたテレビ東京『FOOT BRAIN』さんの影響で

 

サッカー関係者中心に色々な問い合わせが来ております、

 

 

そして、ほぼ100%の確率で相談されるのが

 

「切り返しやターンが出来ない。」

「踏ん張ってしまい突っ込んでしまったり、雨の日とかは滑って転んでしまう」

 

です。

 

 

 

それもそのはず。

 

巷に溢れるトレーニングでは「安定するためのトレーニング」しかしておらず

 

「不安定」をコントロールしバランスよく「動く」ためのトレーニングは一切していないからです。

 

 

 

『FOOT BRAIN』さんに出演した時は

 

「体幹トレーニングで固めた身体は使えない」

 

というところまでしか話せませんでしたが

 

 

一番重要なのはその先です。

 

姿勢制御の3つのレベル        

 

体幹トレーニングに代表される多くのトレーニングが

 

「身体をまっすぐにして、ピタっと止まりましょう〜」と言いますが

 

それは姿勢制御のレベルとしては一番レベルの低い姿勢保持でしかありません。

 

 

 

そして、『FOOT BRAIN』さんでお話ししたのは

 

体幹部の3つの動きで重心移動をして支持基底面をフルに使えるようにしましょうと言うものでした。

 

 

しかし、それも3つのレベルの2つ目でしかないのです。

 

 

支持基底面内に重心があるうちは

 

動けない。

 

 

動くには支持基底面から重心を外さないといけないのです。

 

 

支持基底面から重心を外すための条件は

 

2つ!!

 

 

・重心移動を大きくする

 

・支持基底面を狭くする

 

 

これだけです。

 

 

 

古武術のナンバで切り返す       

古武術とは言っても西洋医学的な運動連鎖です。

 

体幹回旋すると回旋側の股関節肩関節は外旋し、反対側は内旋します。

 

そして、股関節外旋は屈曲を伴って支持基底面を消失させます。

 

反対に内旋は伸展を伴いますので蹴る動きになります。

 

それによって外旋側に大きく速い動きになって来ます。

 

最初は四肢の末端からの誘導に頼るしかないのですが

 

できるようになると胸鎖関節や仙腸関節から四肢を誘導できるようになります。

 

この動きができるようになると

 

着地した瞬間or着地する直前に左右の軸を入れ替えられるので

 

踏ん張って止まることなく、次のアクションにつなげることができます。

 

 

 

ネイマールがよく使うステップがまさにこの動きです。

 

 

どうでしょう?

 

 

 

サッカーはどうしても脚への意識が強くなってしまうので

 

プロクラスでも

 

上肢まで連動していない選手が非常に多いです。

 

 

しかし、世界のトップは見事なまでに全身が連動しています。

 

 

細かいところはブログでは説明しきれませんが

 

この動きをイメージして練習してみてください。

 

 

 

では~~!!!

 

セミナー情報、整体院予約状況、健康情報を受け取りたい方はLINE@登録をお願いいたします。

ID「@pan8994v」

 

 

 

メルマガ「西洋医学と東洋医学の融合」の登録はこちら!!

http://www.mag2.com/m/0001654790.html

 

 

<予定セミナー>

 

・2017年

 

4月9日(日)OPA疾患別「不眠症」

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12250022352.html

 

 

4月15&16日「OPA上級編~導診法と東洋医学の病理学」

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12249908158.html

 

4月23日(日)「OPAトリガーポイント中級編~OPA導診法」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/3611

 

5月14日(日)「治療の鉄人になる!!OPAレフタッチリリース」in熊本

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12257005258.html

 

5月21日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~頭頸部痛」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/3695

 

6月3日(土)「OPAトリガーポイント基礎編~頭頸部痛」in札幌

 

6月4日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~腰下肢編」in札幌

 

6月11日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~頭頸部痛」in熊本

 

6月18日(日)「治療の鉄人になる!OPAレフタッチリリース」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/3920

 

6月24日(土)「OPAトリガーポイント基礎編~肩上肢編」in札幌

 

6月25日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~膝足部編」in札幌

 

7月16日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~肩上肢編」in熊本

 

7月23日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~膝足部編」in大阪

 

8月6日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~腰下肢編」in熊本

 

8月27日(日)「OPAスポーツコンディショニング」in大阪

 

9月10日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~膝足部~」in熊本

 

9月17日(土)&18日(日)「OPA導診法上級編」in大阪

 

10月15日(日)TORAsシンポジウム

AD