どうも、体軸コーディネーターの波田野です!!!



先日、告知させていただいた群馬でのセミナーですが・・・



告知から1週間しか経っておりませんが



定員30名が満席となりました。


群馬に関しては申込を締め切らせていただきます。


予想を遥かに超えるリアクションに驚きを隠せません。





なぜ、波田野が選ばれるのか?


わかりません(笑)



地道にブログを書き続けてきたおかげもあるでしょうし


ブログの内容がみなさまの琴線に触れたのもあるでしょうし





もちろん、コピーの書き方も要因のひとつでしょうね!!!





そんなコピーライティングですが・・・



先日、「ヘッドには悩みを書きやがれ!!」とお伝えしましたね。




これで、読者に「あれ?これって私のことだ!!」と興味を持って頂くことができるわけです。




で、興味を持っていただいたら次はどうするかというと~~~!!!!










あなたの経験を話して、「共感」を得やがれ!!!!







たぶん、みなさんがセミナーの告知だったり普段のブログで

色々なテクニックを説明していると思いますが・・・



それだけだとダメなんです!!!





最近、多い(特にベテランに)のが


自分の高みだけ見せつけて偉そうにふんぞり返ってる姿ですね。




そういうことばかり話していると


読者や受講者は


「これができるのは先生がすごいからだ。オレにはできない。オレには才能なんてないんだ。」

となってしまって、もう通ってくれなくなりますし

最悪、心が折れてしまってさらに迷走をしてしまうんですね。







ですから自分の経験を話してください。

自分がどんな苦労や挫折を切り返してきたかをね。




これを書くことで「講師がスペシャルな存在」ではなく

自分と同じだったことを知り、親近感が沸きます。



「自分と同じ悩みを抱えていたのか。じゃあ、教えてもらえば自分にも役に立つに違いない!!」と思ってくださるわけです。







今、思えば・・・



私をはじめとして


注目を集めている人たちって



往々にして、どこかで強烈な挫折感を味わってきている人たちですね。



私なんかは勉強なんかしなくたってIQ130以上、偏差値70というそこそこ優秀な方でしたが

だからこそ、10代後半~20代前半では努力の仕方がわからなかったり

元来の反社会的な態度(不良ではないです。組織に馴染めないだけ)だったりで


もう、ひどい時期を送ったものです。



高校時代や専門学校時代は逆に堕ちるとこまで堕ちましたね。


国家試験の2週間前の模試では90点しか取れない(合格点は168点)。

勉強期間は10日間だけども、結果的には合格しましたが


それだけ怠惰な時期を過ごした波田野ですが


今ではこうやって

「理学療法業界を変えるのは波田野くんだよね。」と某地方士会の会長からも言われているらしく


他にも「今後のキーマンの1人」とも囁かれているらしいです。

残念ながら、僕はそういう狭い世界での権力闘争には興味ございませんが。




そんな私だからこそ、世の中のセラピストの共感を得ているのかもしれません。




某研究会の会長も

治療院が全然うまくいかなくて、「寝袋にくるまって、いじけてた時期もあった。」と言っていますからね。



他の注目セラピストも、やはりどこかで社会不適応な部分が見え隠れしてますね(笑)



逆に・・・


学生時代に優秀だったセラピストで

今、面白いセラピストになってる人間はまったくいません。

超普通です。

普通にすごいんじゃなくて、普通に普通ですね。






そんなわけですから・・・



自分がダメだったときのことは

恥ずかしがらずに

赤裸々に告白してください。






「自分もあなた達と同じだったんだよ!!」と。







今回のポイントは


「共感」を誘え!!

ダメだった時のことを告白しろ!!

「私もあなたたちと同じだったんだよ」と言う!!



です!!




では~~~~。


AD