セミナー実績No.1!!トリガーポイントと古武術を極める理学療法士・波田野〜手技・書籍紹介やセミナー情報〜

Oriental Physio Academy代表・波田野征美。
トリガーポイントと東洋医学を組み合わせた施術。痛みだけでなくめまい、不眠、胃腸症状にも対応。
施術&講師依頼の方はhatano_masaharu0511@yahoo.co.jpに。さいたま、上尾、整体。


テーマ:
どうも、体軸コーディネーターの波田野です!!


前々回の投稿では「カリスマになるため」にを書きました。


で、何か伝えたいことがわかったら

実際に書いていく作業ですが・・・





最初の書き出しが重要です!!



まずはここを書けるかどうかです!!


なぜなら・・・



あなたが頑張って書いた文のほとんどの部分が・・・



読まれていません!!!!!



熱心なファンは全部読んでくれるかもしれませんが

大半の人は全部読みません。


単純にめんどくさいからです。




どんなに途中に良いことが書いてあったとしても

読んではくれないんです。



それでも、読んでもらうためには


冒頭の書き出しで、興味を持ってもらわないといけないわけです。


ほとんどの人が冒頭を読んで興味がなければそこで終わりだし、多少興味を持っても途中は飛ばして、最後の方に一気にスクロールみたいな感じですね。





というわけで、この書き出しに何を書けばいいかというと・・・



読者が抱えているであろう「悩み」を書いてください。





コピーを読んでもらうため

商品を買ってもらうためには


「これは私に必要かもしれない」

「ここに書かれてる人って私のことだ」


と思ってもらわないといけないわけです。




で、顧客のタイプとしては

2つのタイプがあって

欲求充足型問題解決型です。



前者は例えばロレックスの時計とかベンツの車とかですかね。


時計だったら「時間がわかればいい」のですから、安物でもいいわけです。

車も「移動するため」ですから、軽自動車でも事足りるわけです。


実用的な時計や車だったら、もっと他の選択肢てもいいんだけど

「もっといいものが欲しい」という欲求を満たすタイプです。

もっと言うなら「なかったらないでいいけど、あったらあったで欲しいかな。」ってとこか。



セラピストのセミナー業だったら・・・

ベテランの人が「もうたいていの症例に対応できて、特別困ってることはないけど、もうちょっとプラスアルファしようかな~。」みたいな感じですかね。




後者はこれはわかりやすいですよね。

困ってるタイプです。

今までは独りだったから、夫婦二人だったからスポーツタイプの車だったけど

子供も生まれた、子供が増えた、子供が大きくなったから

スポーツタイプでは乗れない!!

だから、大きいワゴンタイプの車にしなきゃ!!


とか、家計が厳しくなったから燃費が良い車じゃないと維持できない!!

だから、ハイブリッド車にしなきゃ!!

とかですかね。




若手セラピストなんて悩みだらけですよね。

もう、悩みが服を着て歩いてるといっても過言じゃないんじゃないでしょうか?




そんなわけですから、基本的に欲求充足型のベテランと悩み解決型の若手の両方が

納得&満足のいくセミナーなんてのは基本的にはありえないと思っているわけです。


まぁ、そこらへんの議論は置いといて・・・(笑)






その2つのタイプを比較したときに


圧倒的に購買率が高いのが

問題解決型です。




そりゃ、そうですよね。


困ってるんですもの。


買わないといけないんですもの。






そんなときに


自分の悩みを言い当ててくれるような文に出会ってしまったら

そりゃ、読みますよ。




ですから、この書き出しがとても重要ですし



一番、やりやすいのは

「悩みを代弁すること」です。


もちろん、他のことでもいいんですけどね。


私が腰痛セミナーで書き出すのは「悩み」の前に

「腰痛の80%が原因不明と言われています」と書いているのは



「えっ、そうなの?どういうことだろう?」って思わせるのが狙いです。

このときに具体的な「80%」という数字が入っているのがミソです。

具体的な数字を出すことでイメージが沸きますし

何よりも、「相当な確率」だということ。



でも、「悩み」が一番ベターですかね。



医療系セミナーだったら


「〇〇の治療で困っていませんか?」ですね。


ここでは、できるだけ具体的に書いてください。


腰痛がテーマで

「腰痛で困ってませんか?」では意味はありません。


「どういう腰痛で困っているのか」と書いてください。




「朝、起きたときに激痛でなかなか起きられないあなた」

「仕事でずっと座っていると痛くなってくるあなた」

「脚までしびれてしまうあなた」

「色々な治療法を試してみたけど治らなかったあなた」

「腰痛は職業病で仕方ないと思ってませんか?」


とか何でもいいんで、読者が「そうそう、そうなんだよ!!」と思ってもらえそうなシチュエーションを書けるだけ書いてください。

とはいっても、多すぎてもめんどうなので

7つくらい書ければいいんじゃないですかね。


でも、100個でも200個でもストックはしておいてください。

ストックしておけば、修正するときに使えますからね。




セミナーとかだったら

「体幹筋と指導しているのに治せない」

「下肢症状が出ている症例に手こずっている」



とかね。



とにかく、イメージしやすいように具体的にです。





他にも、「脅す」という方法もありますね。

僕はこういうやり方は嫌いですが

たまにありますよね。


「あなた、知らないでしょ!!」

「こんなことやっちゃってるでしょ!!」

「そんなことしてるようじゃダメだ!!」

「そのままだと生き残れない」

みたいなね。



このやり方はかなり有効なんですよ。



悩みを抱えている顧客を狙っているわけですから

メンタルとか弱りきっている顧客に

「お前はダメだ!!」ってトドメを刺すわけですから

読んでるほうは「は・・・はい!!私はダメです!!助けてください!!教えてください!!」となってしまうわけですよ(笑)


まぁ、嫌いですけどね。






そんなわけで・・・今回のポイントは



「書き出し」=ヘッドコピーが重要。

顧客は「欲求充足型」と「問題解決型」の2タイプがいるということ。

購買率が高いのは「問題解決型」であるということ。

なので、ヘッドコピーには「悩みの代弁」が一番やりやすいということ。






前述のようにヘッドコピーは「興味を引かせる」ちうことが目的なので、他にも書くことの種類はありますが


とりあえず、そこらへんから考えてみてはいかがですかね。



では~~。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Oriental Physio Academy代表 波田野さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。