アンデッド ゾンビ映画3連発その1

テーマ:

ゾンビ映画3連発その1ということで、まずは「アンデッド」から。いっぷう変わったゾンビ映画ということでレンタルしてみた。残念ながらビデオしかなく、しかも吹替のみだった。


アンデッド(Undead)2004年[米]

監督:ピーター・スペリエッグ , マイケル・スペリエッグ

出演:フェリシティ・メイスン


タイトル: アンデッド

結論から言うとおもしろい!ロメロ監督のゾンビ映画を想像してはダメで、B~C級ホラーとして見るとかなりおもしろい部類に入ると思う。序盤で隕石が落下し、それに当たった(!)人がゾンビ化して、少しづつ町にゾンビがあふれてくるあたりとかは、一応正統派ゾンビ映画に習ってる感じだ。ゾンビの動きも非常にのろくて、そこらへんも一応正統派か。主人公の女は変人ガンマニア(一応銃砲店の店主らしい)のおっさんマリオンの家に逃げ込む。マトリックスかあるいはジョン・ウーばりの2丁拳銃+ワイヤーアクション、さらに3連ショットガンでゾンビを銃撃するおっさん。丸ノコの歯をつけたモップでゾンビを切り刻む主人公の女。やたらうるさい警官、役に立たない女巡査。男とその恋人の妊婦。このまとまりのないパーティーが、これまたお約束でスーパーに入って必要なものを調達して、町を出ようとする。このあたりから、意外な方に話が展開する。そして驚愕のラストが、、、。とおおげさに言うほどではないが、後半普通のゾンビ映画とはちょっと違う方に話が進んでいく。

あまりにバカバカしい展開で、真面目な映画ファンにはちょっとおすすめしかねるが、B級ホラー好きの人なら、即借りてバカバカしさに笑って欲しい。それとビデオ屋に並んでいるが、いまいち目立たないのはタイトルがややインパクトに欠けるからか。もっとすごくそそるような邦題をつけたらよかったかもしれない。

AD

ろめろがまた大きくなりました

テーマ:

ろめろがまた成長しました。


romero060500.jpg


ろめろ

友達5人/メロ度86

【元気】ムダに元気

【成長】おさなご

○最近覚えた言葉

■惨殺 ■殺人 ■地雷

■電話 ■とんでもない ■公衆

○覚えたアクション

◆寝る2


「ブラッドリッパー」のせいでやばい言葉を覚えてしまったようです。使わないことを祈っています。

この状態、まだおさなごらしいのでもっと成長するんでしょうね。どうなるか楽しみ。


romero0605oyasumi.jpg


おやすみろめろです(^^)。かわいい~!とってもキュート。


romero0605ohirune.jpg


リノさん ちのチュチュといっしょになかよくお昼寝中です。画面がちょっと切れちゃったのが残念です。

AD

ブラッドリッパー

テーマ:
ブラッドリッパー(Blood Rearper)2003年[米]

見事に地雷踏みました。B級ともいえない、まさにZ級のこの映画。設定は「13金」と似たようなもので、キャンプに行った若者たちが次々に殺人鬼に惨殺されていきます。100円で借りてもお金のムダと思ったのはひさびさです。ちなみに日本未公開作品です。

追ってくる殺人鬼が妙にのんびりしてて緊迫感がない。殺人鬼の正体も殺す理由もわからない。途中出てくる森林警備隊のオヤジは何か関係があるかと思ったが、ぜんぜん関係なくて結局殺される。頭がおかしいようなおばさんが出てくるけど、これも関係なくやっぱり殺される。殺されたかと思われた若者の一人が実は生きていて、最後殺人鬼はあっけなくこいつに殺されて終わり。なんだこの終わり方。

まったくもって時間のムダでした。次はもうちょっとまともな映画を見るぞ。
AD

フォーン・ブース

テーマ:

道を歩いている時、突然目の前の公衆電話が鳴ったら、あなたは受話器をとりますか?この映画は、つい電話をとってしまったばかりに、とんでもない目にあった男の話。


フォーン・ブース(Phone Booth)2003年[米]

監督:ジョエル・シューマカー

出演:コリン・ファレル、ラダ・ミッチェル


フォーン・ブース公式サイト


タイトル: フォーン・ブース

実は私、以前公衆電話が鳴っているところに遭遇したことがあります。あるスーパーの店頭に置かれていた公衆電話だったのですが、思い切って受話器をとってみると、すぐに切れてしまいました。電話マニアの間では公衆電話の番号を調べることをやっているらしく、ある程度番号を絞り込んでいろいろ電話をかけて、出た人にその公衆電話の位置を教えてもらうという方法だそうです。携帯が普及したため、そういうマニアが今でもいるのかわかりません。


ストーリーは至って単純、しかし見ているものをひきつけて離さない緊張感がこの映画にあります。81分という短い上映時間もいい。スピード感ありますし、一気に見せてくれます。公式サイトによるとアイデアはずいぶん以前からあったようですが、やっとプロットが完成して一気に書き上げたそうです。さらにDVDのメイキングを見ると、撮影期間も実質10日間程度だったようでこれにも驚きです。低予算・短期間でもアイデア一発でいい映画は撮れるという見本のようなこの作品、監督の言葉を借りれば、まさに”偉大な小作品”、です。


おもしろい作品でレンタルで見るなら十分おすすめできます。主人公スチュといっしょに緊張感あふれる時間をすごすことができるでしょう。ラストにちょっと不満が残るかな。たぶんみんなそう思うかも。でもあまり深く考えずに楽しむのがいいでしょう。

エクソシスト ビギニング

テーマ:

オカルト・ホラー映画の枠にとどまらず傑作と名高い「エクソシスト」の前史にあたる物語。メリン神父の過去、エクソシスト(悪魔払い師)になった経緯などが明らかにされる。「エクソシスト」の名に恥じない作品となっているかどうか興味を持って見ることにした。


エクソシスト ビギニング(Exorcist: The Beginning)2004年[米]

監督:レニー・ハーリン

出演:ステラン・スカルスゲールド、イザベラ・スコルプコ


公式サイト


タイトル: エクソシスト ビギニング


この映画、完成までにかなりの紆余曲折を経ているそうだ。まず最初の監督ジョン・フランケンハイマーが製作準備段階で病死。さらにメリン神父役のリーアム・ニーソンがスケジュールの都合で降板。次の監督ポール・シュレイダーが心理ホラーにして完成させたが「あまり怖くない」という理由であえなくボツ。結局「ダイハード2」「エルム街の悪夢4」のレニー・ハーリン監督が初めから撮り直してついに完成した。


簡単にストーリー紹介。メリン神父は神への信仰を捨てていた。そして第二次世界大戦中のナチスによる事件が彼を今も悪夢に悩ませていた。考古学の知識を見込まれたメリン神父は、 アフリカにある教会遺跡の発掘を依頼される。その教会はキリスト教が当時まだそこまで伝播していない地域にあった。その発掘作業が始まった頃から、 地元の村で異常な猟奇殺人や不可解な自殺が続いていた。そして真の恐怖、悪魔がその姿を現す。


第1作「エクソシスト」には及ばないものの、普通のホラー映画として見れば十分おもしろいと思う。教会遺跡の内部セットなどの美術がいいし、映像も陰影が濃く美しい。逆さ十字架、パズズの彫像などの仕掛けが気分を盛り上げてくれる。CGにはやや満足できない部分もあるのだが、後半の悪魔に憑かれた人との対決では、「エクソシスト」のリンダを思わせるメイクや動きを見せてくれるのでよしとしよう。

「エクソシスト」に思い入れが強い人はがっかりするかもしれないが、そうでなければ楽しめるだろう。第1作を未見の人はこれを機会に見ることをおすすめする。


-関連作品-

タイトル: エクソシスト プレミアム・ツイン・パック

大きく成長しました

テーマ:

ろめろがこんな感じに成長しました。


romero0529.jpg


アクションも新しく覚えて、言葉もさらにいろいろ覚えました。やっと話すようになりました。よちよち歩くところがとてもかわいいです。


ろめろ

友達5人/メロ度38

【元気】ムダに元気

【成長】よちよち歩き

○最近覚えた言葉

■映画 ■年 ■出演

■原作 ■氏 ■借りる

■見る

○覚えたアクション

◆頭ふる


もっとおともだちが増えるとうれしいな。そういうわけで、おともだち大募集中!ぜひ、ぜひ、おともだちになってやってください。よろしくお願いします。

富江 BEGINNING

テーマ:

伊藤潤二氏原作の「富江」の映画は「富江 BEGINNING」・「富江 REVENGE」で計6作目となる。今回「富江 BEGINNING」DVD化ということでさっそく借りて見ることにした。


富江 BEGINNING(日)2004年

監督:及川中 出演:松本莉緒、水橋研二


tomie_beginning.jpg
タイトル: 富江 BEGINNING


富江とは太古より再生・分裂をくりかえし、男たちを虜にして、破滅へと導く魔性の美少女だ。第1作の「富江」でもふれられたある高校での未解決事件、それが「富江 BEGINNING」で語られている。

ある高校に一人の美少女が転校してくる。名前は「川上富江」。クラスの担任を含むほぼ全員の男が富江に魅せられ虜になる。その愛情は暴走し狂気と化し、ついに富江を殺しその体を切り刻む。しかしその翌日、何もなかったかのように富江はクラスに姿を現す。結果、生徒のほとんどが精神をおかしくするか自殺し、担任も行方不明になる。平和だった学校は富江の出現により崩壊した。


富江を演じた松本莉緒がとても魅力的だ。ストーリー、特撮、演出などB級風味いっぱいのこの作品の唯一の見所が富江=松本莉緒の美少女ぶりだろう。それ以外この作品に見るべきところはない。1作目の菅野美穂は富江の狂気の部分を見事に演じていたが、松本莉緒は富江の悲しみを表していたと思う。ストーリー面でもうひとつ付け加えると、第1作で富江の首が入ったレジ袋をかかえていた山本(水橋研二)が再登場している。これで1作目に話がつながっていくようになっている。


原作を知っていて他の富江作品も見ている人は、復習の意味で見るのもいいだろう。松本莉緒に興味がある人にもおすすめ。ただしホラー映画として怖さを期待する人は見ない方がいい。ホラー映画としてなら第1作の富江のほうがよくできている。


-関連作品-

タイトル: 富江


-原作漫画-

著者: 伊藤 潤二
タイトル: 富江―The complete comics of Tomie

おともだちが増えました

テーマ:

ろめろにおともだちが増えました。


そうさんちかるfullmoonさんちmyuくにさんちジョーイです。

みなさんどうぞよろしく。


ろめろ

友達5人/メロ度24

【元気】元気ハツラツ

【成長】生まれたて

○最近覚えた言葉

■パスタ ■ソース ■トマト

■のろ ■さん ■ちる

■初めて ■できる ■ともだち

○覚えたアクション

◆立ちすくむ


まだ姿は変わってないですね。どういう風に成長するか楽しみです。トマトソースとかしゃべってくれるとうれしいな。 


トマトソースのパスタ

テーマ:
050526_1432002.jpg

なんか焼きそばみたいですが、トマトソースのパスタです。ウィンナー、むきえび、グリンピースが入ってます。今回はカットトマトの缶詰でトマトソースを作りました。よくトマトソースのレシピを見ると、玉ねぎのみじん切りが入ってますが、入れずにつくりました。まあ、みじん切りがめんどくさかったというのもあるのですが、玉ねぎを入れて甘くなるのがあまり好きじゃないので、トマトの酸味を残したトマトソースにしたかったのです。にんにくの粗みじん切りをオリーブオイルでゆっくり炒め、香りが出たところで、トマトを投入。オレガノ、ローリエ、塩、コショウ、砂糖ほんの少々、水1カップを入れて煮込みます。20~30分ほど煮込んだものをゆでたパスタにからめて出来上がり。おいしくいただきました。

アイデンティティー

テーマ:

ネタバレしたらおもしろくない映画とネタバレしてもおもしろい映画がある。この映画は前者だ。先日見たソウ(SAW) と同じタイプだが、ネタバレすると見る楽しみが激減してしまう。そういうわけで、この映画もソウと同様まず映画を見て欲しい。この映画を見たあなたは「やられたぁ」と驚くか「そんなのあり?」と感じるか、どっちだろうか。


アイデンティティー(Identity)2003年[米]

監督:ジェームズ・マンゴールド

出演:ジョン・キューザック、レイ・リオッタ


タイトル: アイデンティティー コレクターズ・エディション

大雨で行き所がなくなった11人の男女があるモーテルに集まってきた。そして連続殺人がおきる。残ったものたちは疑心暗鬼にかられながら犯人を探すうちに、全員にある奇妙な共通点があることに気づく。衝撃の結末が待っていた。


ほぼ全編、雨が降りつづける暗いモーテルで話がすすむため、閉塞感と緊張感がストーリーを盛り上げていく。全員がモーテルに集合してからは、事件が続けざまにおきるので、飽きることなく物語に集中することができる。90分と短いのもちょうどいい感じだ。

まあとにかく見て欲しいと思う。何かあるぞと謎を考えながら見るもよし、何も考えずに仕掛けを楽しむのもいいだろう。エンドロールまで見た後、あなたはどんな感想を持つだろうか。