女性医師によるカウンセリング・前世療法 ー 一日5人の女性への質を重視した治療 【リバーサイドメンタルクリニック】

リバーサイドメンタルクリニック(東京都江東区)にて、女性の精神科医(鈴木あい)による一日5人の女性への質を重視した治療を行っています。前世療法の専門治療機関です。前世療法についての情報を前世療法センターのホームページでご提供しています。


テーマ:
皆様、こんにちは。

昨日のブログでは、強制収容所に収容されていた30代のユダヤ人男性の前世に戻っていた私の心の中に浮かんだ言葉を、前世でその強制収容所の所長をされていた紫紋かつ恵さんにお伝えしたことをお話しいたしました。「前世で所長としてこれ以上できることはなかった。所長が行ったことは最善であった。」というメッセージと共に、紫紋さんの今世で長年苦しまれた罪悪感が、軽くなり始めたことをお伝えいたしました。

今日はその続きです。


この対話の翌日、朝瞑想をしていると、心にあるイメージが浮かびました。強制収容所のあった同じ場所で、もう建物はなく、穏やかな春の太陽が降り注ぎ、若芽が芽吹く地面の上を所長が朗らかな顔をして歩いている姿でした。私はよかった・・・と思いました。

紫紋さんからは、翌日たくさんの喜びの涙で目覚められたと伺いました。ご丁寧にメッセージをいただき、そこには「私はもう重荷を下ろします。私はもう許されているし、私を許さないでおいた私自身を許します。罪悪感を手放し、愛と喜びとともに歩んでいくことにしました!(中略)…これは1人ではできませんでした。最後の最後の癒しは、誰かのぬくもりが必要なのですね。そのために他の人が必要・・。」と書いてありました。

そして数日後「罪悪感はすっかりすっかり(2度言いますね)無くなりました。 罪悪感のない人生とはなんと心地良いものか。 新しい綺麗なドレスを纏って歩んでいるような喜びです(^ ^) 」とご連絡をいただきました。ただ嬉しかったです。

紫紋さんがご自身のブログにコメントをしてくださいましたので、よろしければご覧ください。

私のほうはと言うと、これまで、ナチ関係、強制収容所関係の情報を見るのには強い恐怖と苦痛が伴っていたのですが、これまでよりずっと穏やかに見ることができるようになりました。そして、これまで「SS」(ナチの親衛隊)という人たちに対しては怒りとどうしようもないやるせなさがわきやすかったのですが、そこを越えて、「人」として見れるようになりました。私は自分にされたことを許し、そしてそういう状況になってしまった自分を許したのだと思います。

その人生では謝罪ができなくても、世紀を越えて謝罪をすることができる。そしてお互いに当時の経験を語り合って、互いを理解し許すことができる。うん、本当に不思議な体験でした。これも、紫紋さんがクライアント様のためにと勇気を出してブログにご自身の経験を書いてくださったからこそ起きたことです。本当にありがとうございます。

紫紋さんに出会わなかったら、私は強制収容所での経験やその時の感情を手放すのにもっと時間がかかったかもしれません。何しろ、ナチや強制収容所関係の情報を見るのにすら強い苦痛を感じ勇気がいったのですから、強制収容所の所長の苦しみを理解して人も自分も許すなんて、本当にハードルが高かっただろうと思うのです。

罪悪感を乗り越えた、今世の勇気ある一人の女性の人生は多くの人を癒すことでしょう。

続きます。


ブログを書く励みになるので、よろしければ、読んだよ(^-^)/のクリックをいただけると嬉しいです。

人気ブログランキング にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ


リバーサイドメンタルクリニックのページはこちら

前世療法センターのページはこちら

リバーサイドメンタルクリニックさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。