日々FUNKY!

作曲家・作詞家・劇作家。
その傍ら三日月ジョンでベースを弾いている男のブログ。


テーマ:

早くも犬小屋まで2週間となっている。

恐ろしや。

今回は周藤三日月生誕40周年記念祭という特別編なので、今までと少し志向が違う内容となっている。

まず、司会がいる。

そしてその司会を、このオレがやる。

しかし、1人じゃ不安なので、グラスニットジャガーの献吾くんに手伝ってくれ~と連絡したら、二つ返事でオーケーしてくれた。

今時こっちが心配になるくらいの、おするべきフットワークの軽さである。

さらに今回は対バンがいる。

これがなんとあのミルクティースのドラム直介さん率いる化楽というアコースティックユニットである。

まさにスドーのおっさんの人生を総括するのにふさわしい面々にお集まり頂いている。



5月27日(土)上新庄BAR犬
ライブハウス犬小屋 vol.6
周藤三日月生誕記念
ありがとう40周年

出演
三日月ジョン / 化楽(ミルクティース直介) / O.A 周藤三日月

司会
井上だいすけ'77

総合司会
吉澤献吾(from グラスニットジャガー)

charge ��碓旭��糅蜴��ぢ予約→mikajohn2011@yahoo.co.jp


動かざること山の如しが信条のあなたがたも、その信条は十二分に尊重するとして、そろそろ予約して頂きたし。

うちのスドーが不安になります。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年に入り早くも1年の4分の1が経過。

つまり4月入り。

4月の次は、世の習わしとして当然ながら5月が来る。

5月と言えば、もはや完全に日本に定着しつつあるGWと並び立つイベント、「ライブハウス犬小屋」夏編の開催月である。

しかし、忘れてはいないだろうか?もう1つ、世間に触れられることもなく、ひっそりと40年もの長きに渡って続いている老舗のイベントがあるということを。

もしこれが株式会社であるならば、40年続いているということは、相当な経営センスと先見性である。

そう、来たる5月24日は、我々三日月ジョンのギタリスト周藤三日月のバースデイなのである。

この度彼は40歳という節目を迎え、意外に感激屋で身内愛が強く、仲間意識も人一倍強い彼は、この生誕40周年という記念すべき日を、苦楽を共にしてきたメンバーと、それぞれの家族を含めた我々三日月ジョンファミリーと共に迎えることができるということにひと際熱い想いを抱いており、ちょっと周りが引くぐらい、ソワソワしているのである。

というわけで、

「じゃあもうあんたの生誕祝いで犬小屋をやったらええやないか」

という話になり、

「いや、それはさすがに照れくさいからやめてくれ」

と言うかと思ったら、

「ええやんそれ!そうしよう!」

と、こちらサイドの予想を大幅に裏切る形の返答が返ってきたため、次回の犬小屋の開催概要が決定しました。



5月27日(土)
上新庄BAR犬
ミカジョンフェスタ
「ライブハウス犬小屋 vol.6」
周藤三日月生誕記念
ありがとう40周年

open 19:15
start 19:45
charge ��碓旭é糅蜴��ぢ予約→mikajohn2011@yahoo.co.jp


です。

その名の通り周藤祭りでいきます。

彼のこれまでの人生の総括し、彼が人生を賭けて表現したいもの全てが詰まっているという、非常にソワソワしたイベント。

感激屋で身内愛が強い彼であるがゆえに、意外に寂しがりやな一面も持ち合わせているという面倒くさい感じなので、もしこのイベントがコケたりしたら、彼の今後の人生に大きな影響を残すことになるので、是非とも無難にみなさん集まって下さい。



人生という大きなあてのない旅の途中で偶然出逢った三日月ジョンというバンドの、ローリングストーンのような音楽人生。

みんな歳を重ね家族が増え、全部含めてお互いを認め合うことができる。

それはまたそれで美しいものであり、きっとそこにかけがえのないものがあり、その中で周藤のおっさんもソワソワしながいつまでも答えのない答えを探し続けるのだろう。

そしてその、答えのない答えを探し続けることこそが、その人それぞれの答えなのだろう。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
連日WBCで湧き上がる列島に、今年も選抜高校野球の季節が眼前に迫ってきた。

注目は何と言っても帰ってきた清宮率いる早稲田実業。

そして神宮大会を制覇した履正社。

この東西両横綱を軸に、夏を制した作新学園や、好投手を要する東海市原大望洋、躍進著しい秀岳館に創志学園、そして常連校の仙台育英や明徳義塾などなど、枚挙に暇がない。

しかし、オレ的最大の注目は、上記の高校ではない。

そう、もう一校忘れておるだろう。

かの有名な大阪桐蔭である。

なぜなら、桐蔭に注目のピッチャーがいるからだ。




彼の名を



井上大輔



という。



オレの名を継ぐ男、井上大輔君に是非とも頑張って頂きたい。

選抜高校野球は19日開幕。

チャンスがあれば観に行こうと思う。

いや~高校野球って、本当に素晴らしいものですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回予告した通り、今年は例年より映画を観ている。

昨日は「スウィングガールズ」を観た。

これはおそらく2回目。

何故この映画かというと、理由はただ1つ。

今年からトランペットを始めたからだ。

始めてから早一ヶ月。

なんとか聖者の行進は調子良ければ形になってきたが、相変わらず高い音が出ない。

先は長いが、千里の道も一歩から。

得意の地道にコツコツやるのだ。

そして話は戻るが、敵状視察で「スウィングガールズ」でトランペットを吹く貫地谷しほりを見たのだが、三ヶ月の猛特訓の末にクランクインしたというこの映画、実際に本人が演奏しているらしいのだが、とても2ヶ月後にオレがあのレベルに達しているとは思えない。

あんな高い音は出ない。

貫地谷しほり恐るべし。

というわけで、今年のライバルは貫地谷しほりと関ジャニの横山くんに決定した。

一応師匠に弟子入りして練習しているのだが、この師匠の教えというのが雑過ぎて、フィーリングを掴むのが大変難しい。

長嶋茂雄と阪急の福本を足したような感じと言えばお分かりになるだろうか。

しかし頼みの綱はここしかないので、いつの日か貫地谷しほりと横山くんに追いつけるように、食らいついていこうと思う。

ちなみに三線の方は我ながらめちゃ上手くなっていると思う。

ようやく体の一部になってきたような感じでフィーリングが非常によい。

ベースは快調に現状維持。

さすがに20年以上弾いていると日々の成長を感じるのはなかなか難しいが、おそらくいい状態を維持している。

いや~映画も楽器も、本当に素晴らしいものですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年最初に観た映画は「クールランニング」。

二十数年ぶりとかに観たかな。

最後は二十数年前と変わらず、目の中に塩でも擦り込まれたかのように号泣。

イッツ・ア・ジャマイカンスタイル!リズムを感じろ!である。

そしてその次に観た映画は、かのトム・クルーズ主演の「ザ・エージェント」。

スター臭が抜けないトム・クルーズをほどよい感じで我々目線に降ろしてきてくれる相手役のレネー・ゼルウィガーがなんとも良い存在感。

この映画、なんやかんやで毎年観てる気がするが、例年通り最後は目の中に塩でも擦り込まれたかのように号泣。

毎年思うのだが、邦題をつけるなら「ジ・エージェント」ではないのだろうか。

そして今年三冊目に読了したのが原田マハ著「キネマの神様」。

これは読書にては何年ぶりかの落涙。

それは例えるならまるで最後は目の中に塩でも擦り込まれたかのように号泣であった。

今年はちょっとまた映画をいっぱい観たいなと思う。

昨今のようにケーブルテレビでやってるB級ホラー映画を特に観たいわけでもなくダラダラ観るのではなく、観たい映画を観ようと思ってちゃんと観ようと思う。

80年代後半から2002、3年くらいまでは映画をかなり観てたけど、ここ10年15年は次第に観る本数も減っていた。

メル・ギブソンに心踊らされ、スコセッシ作品を追いかけ、シャイニングのモノマネをしていた頃を思い出し、昔のようにとはいかずとも、時の流れは映画と共にありたいと思う。

いや~映画って、本当に素晴らしいものですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。