パセリの「みんな聞いて!!」

面白い記事を投稿してますので、チェックお願いします!!
みなさんの生活にちょっといいものをプラスして、楽しく賢く笑顔に過ごしていきましょう^_^
より良いものをみなさんと一緒に作って行きたいと考えています。
コメント待ってます!


テーマ:
みずほ銀「認識に甘さ」 暴力団融資、担当幹部で引き継ぎ



人気ブログランキングへ
まとめブログです^^こちらも確認してみてください^^





みずほ銀行の岡部俊胤副頭取は4日の記者会見で、信販会社のオリエントコーポレーションを通じて暴力団構成員などに融資していた問題について、「仕組み上、顧客と直接の接点がなく、認識に甘さがあった。痛恨だ」と陳謝した。融資した約230件の詳細や、歴代の担当幹部から経営トップに情報が上がらなかった原因は「調査中」と述べるにとどまった。

 みずほ銀は10月28日までに業務改善計画を出すのに合わせて記者会見する予定だった。説明責任を求める声が高まり、対応を迫られた。佐藤康博頭取は4日の部店長会議で「全員で襟を正してやり直そう」と話した。

 提携融資はまずオリコが顧客を審査して、自動車、宝飾品、着物などの購入資金を用立てる。みずほ銀などは必要額を後からオリコに融資するが、オリコの審査を通ればほぼ自動的に貸し出していた。契約者の個別情報は見ずに、100件程度でまとまった額を融資する仕組みだ。

 しかし、みずほ銀が顧客の属性を調べてみると、反社会的勢力に融資していることが2010年12月にわかった。法令順守担当の上野徹郎副頭取(当時)は頭取に報告せず、放置した。その後の担当は倉中伸常務取締役(同)、小池正兼常務執行役員と続いたが、いずれも引き継ぎを受けたにもかかわらず、対応を怠った。

 みずほがオリコに暴力団などとの取引停止を求めたのは今年4月以降。金融庁検査で問題を指摘された後だ。

 岡部副頭取は「OBへの聞き取りはこれからだ」と述べ、全容解明に至っていないことを明らかにした。みずほは外部専門家を交えた第三者委員会を設けて、真相を究明する方針だ。

 オリコはみずほ銀のほか、14の地方銀行などと提携。岡部副頭取は「銀行を選ぶのはオリコで、消費者はどの銀行から借りるか分からない」と指摘。「特定の勢力との癒着はない」と話した。

 みずほ銀とオリコの提携ローン残高は直近で8000億円規模と業界全体の2割を占める。信販会社は独自で調達するより安定的に資金を確保できる一方、銀行は融資を伸ばせるメリットがある。融資はオリコの保証が付くため、銀行の対応は甘くなりがちだ。

 融資件数は230件に上る。みずほは金融庁に指摘された後、全契約を打ち切ったというが、実態は保証したオリコが代位弁済という形で肩代わりしたにすぎない。

 みずほ銀は11月をメドにオリコと反社会的勢力の情報を共有する。銀行が持つ広範なデータを使って、オリコの審査段階でより厳格にチェックする。両社が情報を共有するのは、オリコがみずほのグループ会社であることが大きい。

 みずほ銀はオリコ以外の信販会社とも協議しているが、資本関係がない先との情報共有は難しい。個人情報の取り扱いには慎重を要するためだ。オリコと提携する西日本の地銀は「現状では自前でデータ基盤を強化して対応するしかない」としている。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

パセリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。