パセリの「みんな聞いて!!」

面白い記事を投稿してますので、チェックお願いします!!
みなさんの生活にちょっといいものをプラスして、楽しく賢く笑顔に過ごしていきましょう^_^
より良いものをみなさんと一緒に作って行きたいと考えています。
コメント待ってます!


テーマ:
バーナンキ米FRB議長の会見要旨

記事は長いですが、ご容赦ください。
要約すると、これからも緩和路線崩さず、ということでしょうか^^



人気ブログランキングへ
[ワシントン 18日 ロイター] - バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が17─18日の連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に行った会見の要旨は以下の通り。

<この日の決定は予防的な措置>

予防的な措置だった。われわれの意図は、経済がわれわれの一般的な見通しに一致しているか確認できる証拠を得るため、もう少し待つというものだ。

<FRBのコミュニケーション>

6月の時点では、労働市場の状況に有意の進展が見られていた。このためFOMCは、(資産買い入れプログラムを)どのように最終的に終了させるのか、同プログラムがどのように経済変数の進展に結び付けられるのかを検討し始める時期が来たと認識した。

買い入れプログラムを開始した際、労働市場の見通しを大幅に改善させることが目的だと示したが、これらすべてはわれわれが言っていたことと非常に整合性が取れており、どのようにして実行に移されるのか伝達する必要があった。

こうした情報の伝達に失敗すれば、市場の期待、人々の期待、FOMCの意図との間に大きな溝ができるリスクがあった。そしてこれは、将来的にさらに深刻な問題につながる可能性もあった。このため、コミュニケーションは非常に重要だったと考えている。

<新興国市場について>

米国、また他の先進国の長期金利の変動が、新興国市場に一定の影響を及ぼし、一定の資本流出入につながるのは事実だ。特に、為替レートを固定しようとしている国がそうだ。

ただ、資本の流出入に影響を及ぼす要因は他にもある。投資家のリスク選好の変化、成長見通しの変化、また国によって新興市場の制度面の強さについて異なる認識が存在することが挙げられる。

新興国市場の同僚も理解してくれると思うが、われわれが金融政策を通じて行おうとしているのは、より力強い米国経済を生み出すことだ。米国経済の拡大は、新興国経済を支援する上で最も重要なことの1つだ。

<低インフレ時は利上げに消極的>

インフレ率が目標を下回り続けた場合、利上げに消極的になる必要がある。インフレ圧力は見受けられないため、これが、われわれがフェデラルファンド(FF)金利に引き上げに向け非常に辛抱強くなれると考える理由の1つとして挙げられる。

<フォワードガイダンス>

フォワードガイダンスにおいては、インフレ率に下限を設けることは新たな指針となり得るだろう。われわれはフェデラルファンド(FF)金利に関する指針について、これを明確化し得る方法について議論しており、このことも間違いなく選択肢の一つとしてあり得る。

以前にも述べたとおり、委員会はフォワードガイダンスを定期的に見直しており、指針を強化し得る上で複数の手段を持ち合わせている。


また、他の措置として、失業率が6.5%に到達した後のことについて、一段の情報を提供することなどもあり得る。正確な指針を提供できるかぎり、それは望ましいと考える。

<悔やまれること> 最も悔やまれることは、危機を未然に防ぐことができなかったことだ。危機というのは、ひとたび始まると阻止するのが極めて難しいと考えている。われわれが持っていた権限を考えると、可能なことをやったと思う。われわれを動機付けていたのは一般の人々の利益であり、われわれの目的は金融システムの安定化して経済が悪化したり、大量の失業者が発生するのを防ぐことだった、というハンク(ポールソン元財務長官)の意見に賛同する。

<財政協議> 政府機関の閉鎖、あるいは債務上限の引き上げができないという事態になれば、金融市場や経済に非常に深刻な結果をもたらし得る。FRBは、経済が軌道に乗り続けているために、できることはなんでもするという方針だ。そうした事態が経済減速につながるのなら、考慮しなければならない。 したがって、われわれが政策について考える際、着目するリスクの一つだ。 とは言え、これらのショック、特に債務上限引き上げに関するショックを打ち消すわれわれの能力は非常に限られている。わたしは、政府が資金を確保して公共サービスを提供し、債務を返済できるようにし、経済に対する信頼感に少なくとも一時的に顕著な悪影響を与えた2011年のような事態を避ける方策を議会と政権が協力して見出すのが特に重要と考える。

<成長を過度に楽観視>

成長に関して、われわれはこれまで余りに楽観的だった。潜在成長率はリセッション(景気後退)や金融危機の影響により、少なくとも一時的ではあるが多少減速したとみられる。そのことは生産性の数字の低下から読みとれるが、われわれとしては生産性の減速は想定しておらず、それが比較的緩慢な成長を織り込まなかった理由の一つでもある。

しかし、金融政策においては、その影響が潜在成長率や長期成長率ではなく、むしろ循環的な側面に働くことを理解することが重要だ。われわれは経済の緩みの程度を予知することにおいて、多少なりともうまくやってきた。失業率の予想などは、成長に関する予想よりも当たっている。とりわけ今年の失業率見通しについて、われわれは過度に悲観的だったことが目を引く。

<金融市場の引き締まり>

いくつか要因があるが、1つは景気改善だ。それが国内外で金利が上昇している理由の1つだ。金融市場の引き締まりが見通し改善を反映している限りは望まいことで、問題はない。


一方で、金融政策に関する見方も要因だ。だからこそ確実に正確な情報が伝わる必要があり、コミュニケーションが極めて重要となる。

われわれは今後どのように行動し、何に基づいて行動するのか、最善を尽くして説明する必要がある。

<量的緩和縮小にあらかじめ決まった時期ない、特別な数字も設定せず>

量的緩和縮小にあらかじめ決まった予定やスケジュールはない。この点を強調しておきたい。経済指標がわれわれの基本的な見通しを裏付け、見通しへの自信が深まり、先に説明した3つの基本シナリオを満たすと確信することができれば、年内に行動する可能性がある。

年内に(縮小を)開始する可能性はあるが、そうだとしてもその後のステップは経済の動向に左右される。つまり経済指標次第だ。あらかじめ時期を決めているわけではない。6月に説明した基本概要は変わっていない。

資産買い入れプログラムを終了する基準は労働市場の見通しの大幅な改善だ。前回、ある程度感覚をつかんでもらうために目安になる数字として7%の失業率を挙げた。

目指している特別な数字はない。目指しているのは労働市場の全般的な改善だ。

<年内の緩和縮小の可能性>
3つの基本シナリオを想定している。財政の悪影響が弱まり成長が時間をかけて加速し、労働市場の伸びが続く。また、インフレ水準が目標に再び近づくことだ。こうした基本見通しが指標で確認できるのか、向こう数回のFOMCで見ていく。確認できれば、恐らく年内のある時点で最初の1歩を踏み出し、状況の進展が続いて指標と一致する限り(緩和の縮小を)続ける。

<労働参加率>

労働参加率に対しては循環的な要素があると考えられ、その点で経済におけるある意味で本当の失業部分は実態よりも低く評価されているといえる。他方、わが国経済における労働参加率には下方トレンドも見られ、これは高齢化に加え、労働力における女性の割合が低いことなど、長きにわたり存在し、直近のリセッション(景気後退)とはあまり関係ない要因に伴うものだ。

過去1年間で失業率は0.8%ポイント低下しているが、労働参加率は0.3%ポイントの低下となっており、かなりトレンドに近い。過去1年間の失業率の改善は、すべてではないにせよ大部分が雇用創出によるものであって、参加率の低下によるものではないと思われる。

<QE3はあらかじめ決まった道筋ではない、FRBが縮小に踏み切らなかった理由>

資産買い入れプログラムはあらかじめ決まった道筋ではない。

買い入れペースに関するFOMCの決定は引き続き、経済見通しやFOMCが想定する同プログラムの効果やコスト次第だ。

今回の会合で資産購入ペースを小幅縮小することが適切かどうかを見極めるにあたり、資産買い入れの縮小を正当化する基本見通しを経済指標が十分に裏付けていないとの結論に至った。


さらに、ここ数カ月見られる金融状況の急激な引き締まりが成長を鈍化させる恐れがあることが懸念される。状況がさらにひっ迫すれば、懸念はさらに高まるだろう。

<緩和縮小の条件>

労働市場で続く改善やインフレを目標水準に近づけることを支援する十分な経済成長など、中期の景気見通しの概略は6月時点の見方に近いというのが、今日のFOMCの認識だ。

だが、今回のFOMCで資産買い入れペースを若干緩めることが適切かについて、そのような縮小を正当化する基本的な見通しが、経済指標でまだ十分確認できないと結論付けた。さらに、最近数カ月間の金融情勢の急速な引き締まりによって、成長鈍化の影響が出る恐れがあるとの懸念をFOMCでは抱いている。一段とひっ迫すれば、影響が増大するとの懸念だ。

<失業率と成長率>

7.3%という失業率は容認できる水準を大きく上回っている。

成長への下振れリスクは過去1年で緩和した。欧州で経済状況が幾分改善したことや、米国の景気回復が勢いを維持していることを背景に家計や企業の信頼感が高まっていることなど、一連の要因を反映している。

<労働市場>

労働市場の状況は依然として望ましい状況からは程遠いが、FRBが資産買い入れプログラムを実施してから1年間で大きな進展を遂げてきた。

失業率は資産買い入れプログラム発表時の8.1%から7.3%に低下したほか、約230万人の民間雇用が創出された。



人気ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

パセリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。