モスクワは今日も…

コメントを承認制にしました。アメンバーは募集しておりません。エロ馬鹿が宣伝ばっかり書き込むので、当分コメントは受け付けません。すいません。


テーマ:

こんな私にNOVAがした


ってCMやってますよね。

久々の更新は こんな新しいテーマで。



その前に言い訳ね。

えっと、また引っ越すんですね(だってお湯まともに出無いし、トイレのドアノブも取れたし・・・)。なんとまぁ、モスクワのクヴァルも売っちゃったんですね~、こんな邦人は初めてですな、購入して売却だもんな、どっちかがロシア人の夫婦ならあるだろうけど(めっちゃ凄いネタやねんけどね、めるまがの)。


日本永住決定では無いけれど、今のところモスクワの治安は子育てには向いて無いし(住んでる人、ごめんよ)、クヴァルも天井値らしいし・・・でね。


なもんで、東京から出てちょっと田舎暮らしです(田舎扱いでごめんよ、千葉の人)。海とか森とか公園とか、環境で選んでしまった(通勤大変になってごめんよ、とうちゃん。でも成田近くなったし)。


ま、そんなこんなでこれから更に忙しくなっちゃいます。一番申し訳ないのはメルマガの読者さん。

ほんとごめんなさい。みんながみんな、ここを覗いてくれているわけでは無いので、発行してお詫びしないといけないんだけどな。なんせチビが~。




さて本題。

今日のネタもメルマガに書きたいところだけど。


この間、旦那が『不都合な真実(書籍)』を買って帰ってきた。

映画が話題になっているんで、ご存知の方も多いかと。ゴアアメリカ元副大統領著ですな。


最近、レジ袋を有料にしたスーパーも登場しましたが、わたくしは昔からエコバッグ利用者です(生協も関東限定ですが、パルシステム なのだ)。


ここで今日のフレーズ。

こんな私に崩壊直後のロシアがした


なのです。1999年からめるまがを読んでくださっている方は覚えてらっしゃるかな? ソビエトは簡易包装の国で、崩壊後もしばらくはそれが続いていたんです。

だからお出かけの際は もしかバッグ(日本のマスコミがこう訳していた)を携帯していたんです。


ビニール袋を洗って再利用  ってタイトルで1999年12月にメルマガを書きました(クリックして下さればバックナンバー読めます)。


買い物に出かける前の【三種の神器】(平民ヴァージョン)
1 お金   2 袋   3 身分証明書


これが絶対だったんですね。



そこにこう書いてます↓
ソビエトの頃は外国人や、特権階級の人だけが利用できるお店
(ベリョースカ)があったそうで(外貨払いオンリー)、
「そこのお店のビニール手提げ袋は、一種のステイタスだったんだ」
と、旦那が当時を振りかえっておりました。

すっかり【三種の神器】持参の習慣がついてしまった私は、日本で母に
買い物を頼まれても、この三つを持って行こうとしてしまいます。
慣れとは恐ろしいものです(^^;)

 

(後日追記)

コレ↑書いてから約3年経ちました。

随分とビニールをタダでくれるようになりました(青空市場でも)。

便利になったもんだ。卵も躊躇無く買える様になりました。

でもやっぱ、まだまだじいさん、ばぁさんは袋を洗ってます。

さすがにラップを洗ってる留学生はもう、絶滅したと思われる。

ラッピング屋も増えました。

2002.2.21 ミ~シュカ♪



この話を日本ですると、

へえ簡易包装かぁ、ロシアって進んでるんだね」と言われたものです。


んなわけない!私は予言していました。

「遅れているだけで、あと数年もしたら世界はエコ・ブーム、ロシアは日本のバブル期ぐらいのレベルになってレジ袋があふれるぞ!」と。


↑これ、大当たり。


だけどこの頃の生活のお陰で、いまだにMYバッグ携帯、ラップは極力使わない などなど今の私が出来上がったのでした。


帰国前には分別ゴミ箱も若干設置はされていましたが、一般のロシア人にとって


福祉は国が与えて当然

資源はあって当然


の、ロシア人。

まだまだなのであります。


ただ、いい事もあります。

それは ゴミ捨て場。


24時間ごちゃまぜに捨ててもいいのですが、着なくなった服、まだ使える不燃焼物などなどはちょっと生ゴミとかと別の袋に入れて別に捨てておくと、ちゃんと翌朝には必要な人が持って帰っています。


空き瓶リサイクルは盛んです。


アルミ缶普及のCMがあるくらい、瓶ビールが普及していますが、この空き瓶もちゃんと集めて生活費に換えている人が居るのです。


この間書いた、カレリア共和国のキジー島に行ったときも 夏カフェ(一杯飲めるオープンカフェ)でビールを飲んでいると、目の悪い少年が

「瓶空きましたか?」とお客に尋ねては、瓶を貰っていました。


カフェ周辺も綺麗になるし、少年も物乞いではなく自分でお金が稼げるので、これは素晴らしいな~ と感心した事を覚えています(で、追加でもう1本飲んでちゃんと少年に瓶を渡しました)。


 

(おっ!チビ助が起きたぞ。すんません、急いでまとめに入ります!)


そんな訳で(無理矢理まとめとるな~)、カーボン・フリー (カーボンフリー又はカーボンニュートラルは環境植樹活動を通じて子どもたちの未来のために、家庭や個人が排出するCO2を相殺するプランで、日本を始め世界各地で植樹を行い、森を育ててCO2(カーボン)の相殺(オフセット)を行っていくプログラムなのだ
)って事で参加するか~などと考えている今日この頃です。

(引越を機に太陽発電もやるか?)


こんな私にした崩壊直後のロシア、感謝なのだ。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。