モスクワは今日も…

コメントを承認制にしました。アメンバーは募集しておりません。エロ馬鹿が宣伝ばっかり書き込むので、当分コメントは受け付けません。すいません。


テーマ:

ってことは、あのベスランの学校テロから1年。


夏休み、外部者入りたい放題だった学校施設内、いきなり数日前から立ち入り禁止になりました。


大学構内の獣医に通っていた私+ワンコは、通常徒歩3分の所を20分迂回することに!


ってかさ、数日前に締め切っても仕方ないだろ? ロシアに住んでる人なら誰だって知ってるじゃん、あのテロは夏休み中の内装工事業者を装ったテロリストらが、校内に武器を隠してあったって。


ま、どうせ週末にはまた出入り自由だろう。


そんな国さ、ロシア。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ヘルシンキに着いたら、中央出口を出て右側のタクシー乗り場、または地下鉄駅、路面電車乗り場に行きましょう(フィンランドは駅名とかにスウェーデン語が併記されているので、妙に長ったらしく感じる。参考ページ )。


路面電車やバスは、№6、7A、7B、8です。

バス停の名前は Lautatarhankatu 。併記されているのはスウェーデン語名称Bradgardsgaten316(aの上に .. ね)


タクシー料金は片道10ユーロ(チップも含)。

住所を見せればOKですが、実は構内が広く目指す学部へ行くのが大変。


地下鉄の場合は片道2ユーロ、中央駅の名前がRautatientori 目的地がSornainen (oとaの上に .. )。

すぐ着きます。


タクシー以外の手段を使うと、同じところに出てきます(地下鉄出口には、バスの乗り場番号№6、7A、7B、8が書いてますので、そこから出ましょう)。

降りた近所 そこから更に(中央駅と反対側)5分ほど歩きます。


これが入り口の看板 ここが入り口です。タクシーだと多分ここに停車します。

構内のB1まで連れて行け~!と言いましょう。車ならここから入らずに、もう1本先の道を右折した方が近いです。


入ったところ 入り口からちょっと入った所。検査所はこの左奥です。


構内図 構内図は離れたところにあるのよねぇ~。目的地はB1です。

B1 この左の入り口がB1。A1の隣です。

因みにA1は総合受付

A1 この左隣がB1です。参考までにA1の向かいの風景をUP

A1の向かい


さぁ、ここでメールでやり取りした相手のアニータさんとご対面。このとき、前にも書きましたが検査申し込み用紙 を血清と一緒に渡しましょう。


おつかれさま~。あとは結果を待つだけです。


余談ですが、中央駅からストックマンに行く途中にCITYってところがあるんですがね、そこの長江飯店は中華バイキングが8~10ユーロです(飲み物も飲み放題!おかわりも自由)。

それからモスクワ在住の人は結構持ってる【ストックマンカード】、こっちでも有効ですからね~!但し、カード対象の割引商品は現金で支払わなくてはなりません。

あ、トイレは無料でキレイです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ギリシャの読者さま曰く、「こちらではDHLで送れます」との事。うらやましい。


こちらの国際エキスプレス郵便は、EMSの追跡システムすら振り切るのだ。

そう、日本を飛び立った途端、追跡不能となるのだ。

お荷物番号なんて、なんの役にも立たない。


そんなわが道を行く、ロシア向け国際郵便。

仕事の関係でひじょ~に付き合いが多かったのだが兎に角、交通警察並に罰金を取りたがる

商品のサンプルは5本以内なら問題ないはずなのに、因縁つけて金を取る。こっちはその5本が無いと商品登録が出来ないので、どうしても欲しいという弱みに付け込んでくるんだな。


さらに炭素菌の事件以来、公然と荷を抜け開けまくる。


電話で問い合わせるとずばり「輸出証明を貰って下さい」と言われた。

開けられて、血清を無許可で発送したのがばれた場合、送り返されたり、罰金少々ならまだいい。


ロシアの国際エクスプレス郵便は、連絡が遅いのだ。

血清が腐った(?)頃に、連絡があっても不思議ではない。


よって抗体検査のためには、血清を国外へ持ち出さなくてはならないのだ、無許可で。


農林水産省よ! 日本国民に密輸を働けってか?!


ここで、例外の人たちを書いておく。そう、大使館関係の人たちだ。日本人学校の派遣教員も含め、彼らには外交官特権というものがある。空港の国境警備隊はそんなものを無視しているが、彼らには荷物の取り調べを頑として拒否する権利がある。 だからポケットにでも入れて、飛行機で日本へでも持って行っちゃえばいいのだ。


これで農林水産省は、外務省からの文句は免れる。



さて我ら一般市民だが、空港のセキュリティーチェックよりも列車での越境の方が遥かにユルユルなので、こっちをお勧めする。目的地はフィンランドだ!


モスクワ-ヘルシンキ間は一日1本、22:50発 レフ・トルストイ号のみである。

レフ・トルストイ号 一等コンパートメント内


長年書いてきているが、基本的に邦人の旅行に列車を使用する場合、1等以外はお勧めしない。

2005年8月現在、往復料金4万円ほど(飛行機よりも高いのだ!)。

越境時にコンパートメントから退去させられ、立ち入り検査があるが基本的に物ではなく、密入国者を探しているのか、ベッドの下の開けて荷物が入れられるようになっている所を検査する。要らないトラブルを招かないためにもここには何も入れておかないほうが良い。


さて越境の時間だが、
まず、朝7時に車掌に起こされる。7:25Выборг(ヴィボルグ)着。ここでは税関申告をする。出発したら8:10前後に、コンパートメント立ち入り検査が行われる。

ここに血清が! 青いバッグがクーラーバック。この中に保冷材と血清が入ってます。カモフラージュのために缶ビールやらを入れておいた。

挙動不審はいけません。

平常心平常心!うちはポケットにも隠し持たず、クーラーバックに入れたまま、しれっと検査を抜けました。


(ここで時差が発生、1時間時計の針を戻しましょう)


7:50(モスクワ時間8:50)Vainikkala着、8:00フィンランド側入国チェック。ここでは滞在日数や目的を聞かれるのみ。 この後、両替ワゴンがやってくる。 検査代は約70ユーロ。タクシーに乗るなら往復20ユーロ…など考えると、最低100ユーロは作っておきましょう。11:18にヘルシンキに着くまで、のんびりしてください。


最後に保冷材について。

うちは冷凍庫にいっぱいあったのを入れて、更に携帯用も持参しました。

ロシアにも有るんですな、ただ、使いにくい。床に置いて足でバン!と水袋を割って使いました。

ロシアの保冷材

デザインも凄いが、値段も凄い。30円程度だっけか? 薬局にあるらしいんですがうちの近所には無く、友人に貰いました。ありがとう。


ま、ロシアの獣医のねぇちゃんは「冷やさなくても温めなければいい」って言ってましたが。


ヘルシンキ編につづく(実は問い合わせが来てるんで、一気に書くのだ)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

TVや映画に感情移入の激しすぎる私はすぐ泣く。


特に弱いのが【お涙頂戴もの】だ。

日本でもよくやってる、行方不明の人との再会もの。


ロシアの長寿番組【ЖДИ МЕНЯ(私を待ってて)】が、それなんだな。

番組開始当初のタイトルは確か【あなたを探しています】だった。


戦争やらなにやらで、なかなか日本で見るよりも豪快な生き別れ話が披露される。

最近ではジャンキー又はアル中の親から逃げて、行方不明になった子供を捜すパターンも多い。


今日の少年も、マンホールに住んでいた。

でもなんとなんと! 実のおにぃちゃんがミネソタに住んでいて迎えに来てくれるとな。

恐縮しちゃってほとんど何も喋らないんだけど、嬉しそうだったなぁ、あの子。



身分証明書を無くしたり、盗まれたりして、国に帰れなくなったパターンも多い。


見るつもりは無かったのに、見ちゃったよぉ(ToT)泣けた。


番組HPは こちらから

↑すっごく重い。そして開かない。なぜ? このページには尋ね人の写真がいっぱいなのだ


開かないと思うから、こっちのサイトも参考に (ロシア語が分からないと???だが)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

友人(ロシア人)が荷物を取りに来た。

空港に両親を送りに行った帰りだったのだが、両親はまだモスクワのホテルだという。


「プーチン専用機がブレーキトラブルで飛べなくて、他の飛行機が全部明日飛ぶ事になった」とさ。


あ、シェレメチヴォじゃないっす。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ピアニストの友人がこっちに来ていたので、グルジア飯を食べに行く。


その店は、むかぁしからある。

むか~しは、単に食堂であった(今は偉そうなレストランになった。看板も出てるし←昔は無かった)。


最初に行った時、運良くその辺の料理に詳しいロシア人と一緒だったのでいきなり、美味いものに当たり、お気に入りとなった。


でも思い出すわぁ、そいつの勧めで取った一品が、皿にのった葉っぱだけだった んで、めちゃめちゃビックリしたことを。 今では自分でも注文しますがね、シャシリークに葉っぱ(ハーブ)の盛り合わせは必須だろう。


友人らはココに来ると必ず、ワインを数本買って帰る。


私はココに来ると、軽く1本は空けてしまう。

(通常、女友達と二人で1本注文するのだが、常連になっても店の人にびびられてた。ちびっ子日本人の私)


フレンチかぶれの方には、口に合わないか? 甘口のキンズマラウリ 略して、金妻キンズマ。

いやいや、ワインがどーのこーのという人が、キンズマやフバンチカラなどのサペラビ種のグルジア赤ワインを飲んでいない(もしくは知らない)事は、不幸だね。


この実は有名な赤ワイン。炭酸ミネラル・ウォーターのところで書いた 、グルジアの美味しい水と同様、偽物が出まくってました。 実際に1996年に友人(グルジア人)が


「私の友達、故郷でワイン工場に勤めているんだけど、本物なんて作って無いよ~。砂糖とアルコールとジュース混ぜてるってさ」


と、言っていた。あ、彼女のお陰で更にグルジア飯は詳しくなったなぁ。


ハチャプリって、チーズの入ったフォッカチャみたいなのも美味いが、やっぱアーチマが美味い。こいつはラザニアの間にチーズが挟んであるようなもの。 コレが美味いんだ。

グルジアのチーズは、スルグーニ。

でもこれも、モスクワではなかなか本物に出会えないらしい。


グルジア飯は、豆料理が多いのね。クルミとかとペーストになってる。彼らは【アンコ】を絶対に食べない。彼らにとって甘い豆は、考えられないことなのだ(緑茶に砂糖級か?)。



愛知博に行くと、グルジア飯が食べられるんだってね。友人の影響で、友人の友人(ややこしいなぁ)が食べてきて、写真まで撮ってきたらしい。

で、友人は曰「本場の(あの~、ここモスクワなんですけど)料理を撮って見せてやる!」と宣言して、カメラを持ってこなかった。よって、私が撮影。


とはいえ、いつもの如く、食べ終わり間近にその事を思い出して撮ったのだが。

日本では食べられないのかなぁ? 葡萄酒ってカンジのキンズマラウリ(中央)。あとロービオ、プハーリ、食べ差しのアーチマ、サツヴィ。このほか、若鶏をぺっちゃんこに焼いたタバカも食べた。旦那はこーゆー系(旧ソ全般)は好きでないので、スープ(ハルチョー)とヒンカリ(豚マン…あ、大阪だけか。肉まんね)を食べて終わり。

饅頭と多分、語源は同じのマントゥイはウズベクかどっかの肉まんで、グルジアはヒンカリ。 この店で「マントゥイくれ」っていうと、イヤァな顔して「ヒンカリね」と言われるので、旦那には注文させない私。


あぁ、あとは金の雫、TOKAJを飲み収めなきゃな。

美味いよぉ。ハンガリーの貴腐ワイン(フランスよりも早い)。フランス王ルイ14世に「ワインの王様にして、王様のワイン」って言わしめただけの事はある!


これをフツーに、日々ゴクゴク飲んでるんだから、幸せだわ、私。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

担当医が休暇から戻ったので、早速、獣医へ。

ここひと月は、抗生物質をやめて栄養食品とかでケアしてたんだけど、この30日は彼女にとって地獄の日々だった。


<地獄リスト>

①米粒大のマイクロチップを埋め込まれた

②狂犬病予防接種をされた

③夜中にまた、狂犬病予防接種をされた

④その数時間後に、採血された

⑤採血に失敗し、再採血された

⑥突然やってきた日本人に、連れて行かれた(抗体検査でフィンランドに行く間、預けた)

⑦初めての家で、訳も分からぬまま5日間


…あたしだったら耐えられんぞ。


フサフサで愛嬌が売りだったうちのワンコは、すっかり…

勿論、右ね チャイニーズ・クレステッドになってしまった。


それだけではない。


乳腺のシコリも2箇所見つかった。老犬なので手術は耐えられない。

んでもって、左目もかなりやばく、ほとんど見えてない。


さらに、昨日の晩からビッコを引き出したと思ったら、脱臼らしい。


うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお(ToT)


まじで恨むぞ、農林水産省~! こんな状態で180日隔離かよぉ~!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

以前も書きましたが、これ、キャンディ キャンディの事。

大昔、やってたんですね~ロシアでも。


ここんとこ連日、古いビデオをDVDにダビングしているのですが、出るでる 古いニュース、アニメ、ドラマ…。


で、今、ロシア語版キャンディの最終回を見つけてしまったのです(因みに2時間前には、「世界で一番長い階段の巻(←分かる人にしかわからんがな)」もあった。いや~ん、オタク。

では、 ちょっとこちらのサイトでも見てもらいましょう。

漫画の方のキャンディ~! かわいいなぁ。


キャンディや花の子ルンルンは基本的にフランスが欧州でのブーム発祥地なので、このサイトでも「歌詞」がUPされていますが、フランス語です。

花の子ルンルンはシャンソン・ヴァージョンを知ってるが、キャンディは日本語で放映だったぞ!


例によって著作権を知らない(!)ロシア人らしいサイトですが、ホント、好きな人は多いです、未だに。


ま、現代のアニメ・ファンは 綾波 萌え~! とかだけどね。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

カウ・パレード ってご存知です?

世界各都市(確か東京でもやってた)で催される、牛の像のペイント・アート展の事です。


で、今、それがモスクワのグム百貨店でやってるんですな。

Tシャツ買っちゃった

いやぁ、久々のグムです。

実は旦那がこのカウ・パレードがお気に♪でしてね、偶然、接待でグムにいったときにモスクワで開催中ってのを知ったんです。


で、フィンランドから戻ってすぐに行ってきました。

飛ぶ? グムの至る所に、牛です。

吊るし牛 ばあちゃんと孫 でも残念ながら、POPアートが不得手なロシア人。作品はつまんなかったです。


あ、この作品はロシア人のお家芸『著作権侵害』しまくりです。イエロー・サブマリンなの

「全体的にイケてない」と言っていた旦那と、わざわざここに来た理由があります。

それは、掟破りの座った牛の像 こいつを見るため。


んでもってそいつがグムの真ん中の泉の広場(大阪の地下街?)で、

カエルのプリンセス♪ プーシキンの童話、カエルのプリンセスになってるのだぁ~。


いやぁ、これはウケた。ロシア人にとってプーシキンの童話はアンデルセンよりも身近ですからね。誰でも知ってる。だからここでは記念写真撮影がめちゃめちゃ盛んで、競争ですわ。


英文のモスクワ・ニュースに色々写真が出てますんで、見てくださいね。

赤の広場辺りにも牛は出ているらしいですがね、グムからレーニン廟を見ると







?!













サヴィエツキ~・サユ~ズ!

どっか田舎の共産党の人たちが、なんか式典やってる~!

…行くの止めました。

どっへ~。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

(読みにくいんで、あとでパ○ナス?(HP)の方にまとめてUPします)


農林水産省指定の抗体検査機関は、ここロシアには存在しない。
参照
http://www.maff-aqs.go.jp/ryoko/newquarantine/quarantinesystem/import/kessei/kesseikikanlist.htm

で、一番近いのがヘルシンキ(フィンランド)なのね。

国立獣医及び食品安全研究所 (EELAと言います)
ヘルシンキ市所在
 
National Veterinary and Food Research Institute
PL 45FIN-0058,1Helsink

フィンランド(FINLAND)
TEL:00.358.9.39.31 726
FAX:00.358.9.39.31 932
Web site:
http://www.eela.fi/en/index.html
E-mail:
anita.huovilainen@eela.fi


うちはヴィザを切り替えるのに、毎年ヘルシンキまで行くので土地慣れたヘルシンキが候補に有ったのは不幸中の幸い。

で、マイクロチップを入れたその翌日に(7/10)、Ms.アニータへメールを送った。
拙い拙い英文メールである。

内容は、こんな感じだ。


「私はモスクワに住む、日本人のミ~シュカ♪です。実は、日本の動物検疫法変更に伴い、うちのワンコの狂犬病抗体検査をそちらでやって欲しいのです。モスクワには指定機関が存在しません。血清を持って行くので、お願いできますか?また幾らかかって、結果がでるまでに何日かかって、最悪、結果をEMSで送ってもらえますか?」


幼稚な英文がまた、悲壮さをそそる文章である(自画自賛というより自暴自棄)。

最初は、血清もEMSかDHLで送ろうと思っていたのであるが、「輸出証明書」が発行できないため、自分で持っていくこととなった。
故に飛行機よりも高い、寝台列車で行く事になったのだ。
これも乗りなれているので、国境通過時間や検査方法を知り尽くしてるのね、私ら。


血清を作ってもらうところまでは、以前書いたからここでは省略。因みにお値段100ルーブルでした。血清は2ml必要だと言われましたので、獣医にたっぷり採血してくれと頼みましょうね。でないとうちのワンコみたいに再採血になります。


あ!大事なこと思い出した!

EELAのHPにある抗体検査依頼書 をDLして情報を記入、血清と一緒に提出しましょう。

採血のときにモスクワの獣医さんにも、サインとスタンプを貰っときます。



結局、あまり作れなかった


eelaは、毎週2回(月・水)に検査を行っていますので、その日の10時に間に合うように届けるのがベスト。通常は2週間かかるのだそうですが、頼み込んで火曜の午後に提出、金曜の午後に結果を受け取りました(お値段 約70ユーロ)。

兎に角、よ~くEELAとコミュニケーションを取っておいてください。出発前にも、マイクロチップ情報などリクエスト用紙に記入したことを書いて送っておきましょう。

Ms.アニータには「今後もモスクワ在留邦人が来るでしょうから、よろしくね」って言っておきましたから。

<次回、血清の密輸法(!)について>

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。