1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2008年07月29日(火)

家族が増えました

テーマ:キンカチョウ
080725_1622~02_0001.jpg
保護していたスズメのメイさんが07年1月に亡くなってから、約一年半ぶりに我が家に鳥さんがやってきました。
キンカチョウという種類の鳥さんです。
名前はトゥッティ(兄が命名…音楽用語らしい)
我が家にきて一ヶ月が過ぎました。

初めは手乗りではない状態だったので、病院の先生に教えていただいた方法(※)を続け二週間弱で手には乗るようになり、今ではやっと、名前を呼ぶと機嫌がよければ飛んできて指にとまるようになりました(*^U^*)

いやー、やっぱり鳥さんって可愛い!
頭やほっぺ(?耳のあたり)を撫でるとすぐ寝てしまいます(*ノェノ)
インコみたいに何か喋るようになればいいなーと密かに思っています。
小さな鳥さんでも身に付けられそうな芸をご存知の方は教えてください(笑)


※ エサを夕方に抜く→朝手のそばにエサを置いて手に慣れさせる…の繰り返し。
初めは怖がりますが次第に手が好きになり絶対に手乗りになるそうです★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月14日(金)

「11分間」

テーマ:読書記録

11分間
パウロ・コエーリョ

11分間

オススメ度★★★★★

私はこの本を、夜のお供として枕の傍に置き毎晩読んでいたのですが、一日の終わりに読むのにふさわしい本でした。
主人公であるブラジル人の娼婦マリーアが恋愛について、人生について、毎日を通しそれらの真髄を探ろうとする本です。
彼女は自国で農園を開くためにスイスに行き娼婦として働きお金を稼いでいく中で、自分の信念を貫く一方、心情に変化が…?!
…とワクワクしながら読めました★
さっぱりした彼女の格好いい考え方は興味深く、いつの間にか私もマリーアの虜に…(笑)
読んだ後にすっきりほんわかする本でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月11日(火)

「走れメロス」(新潮文庫)

テーマ:読書記録

走れメロス(新潮文庫)

太宰治


走れメロス(新潮文庫)


オススメ度★★★


太宰治は一番好きな作家です。

世界には、喜びや幸せを描いた本がとても沢山ありますが、彼の本の多くは苦難の中で描かれた本で、生きていく困難さ、立ちはばかる壁が描写されています。

そういった本を読むことで得られるものは、他のどんな本を読んでも得られませんし、その中でも、太宰治は本によって表情が全く変わります。

苦悶の日々の中で生きていく一筋の光を見出す本もあれば、退廃的な生活を送り続ける本や、人の温かさに触れる本もあるので、どの本もとても興味深く何度読んでも飽きません。


新潮文庫の「走れメロス」は、同名のとても有名な短編小説をはじめ、いくつかのお話を載せた短編集です。

その中でもオススメなのは「女生徒」。これは、女性が一人称となっているお話で、すっと心に入ってくるような内容です。大好き。短いお話なんですけれど、何度か泣きそうになりました。「女生徒」だけとれば、星5つ。

ぜひ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。