WAY TO GO, GIRL!~アメリカンライフ~

アメリカ在住★

リアルタイムなガールズスタイルのアメリカンライフ♪


テーマ:

ハリウッド映画とかで日本をえがいているものを見ると、「おいおい違うって汗」とつっこみたくなる時があるよねぇ。


ちょっとおもしろいビデオを発見しました。

お寿司やさんでのマナーについてのビデオ

これがまた、嘘八百


なかなかおもしろいのでアップしてみました。

よかったら見てください☆ 笑えます。(音声は日本語です)


「なんでやねん!」パーと突っ込めることうけあいです。

最後にいくほどアヤシイ。


日本文化をまったく知らない普通のアメリカ人に見せると、このまんまで信じると思う・・・

それはそれで面白いかも?(←無責任)


外国での日本文化の印象は、ほとんどがすごく間違ってる。w

「なんじゃこりゃ」という気持ちはもう通り過ぎて、「こんな風に見えるんだ」と面白がるようになってるし。


先週、The Fast and the Furious: Tokyo Drift を見に行ってきた。

最近アメリカ発日本風映画が好き。

いつものArclightでは上映していないので、久しぶりにChinese Theater へ。

でもやっぱりArclightが一番・・・

値段はどっちも二人で25~27ドル程度みたいだけど、コレってハリウッド価格かな?


見たかった理由はやっぱりつっこみたかったから。w


ココでも怪しい日本観が披露されてたんだけど、映画は楽しめました。

冒頭では、今回主演の Lucas Black が始めPaul Walker(前作2作の主演)の若い頃を演じてるのかと思ったけど、キャスト代わったんですね。

顔の系統にてる。どっちもおっとこまえ。


ただ・・・

メインキャストの日本人役男性陣はやはり日本人ではないアジアンばかり。

日本語がかなり微妙&ぶっ細工だった・・・ドクロ ぎゃー


あんなのばっかじゃないぞ。日本男児は。

どうせなら金城武あたりを使ってほしかったけど、地味な外見でないとダメだったのかなぁ。


実はコレ、映画の一部がL.A.のダウンタウンで撮影されてたらしい。

でもどのシーンがアメリカで撮影されたのかがいまいちわからなかった。


Memoirs of a Geisha もみたけど、ワタシ的にはこれも全然OK。

日本語変だけど、キレイなアジア人女優が日本人を演じたからかな?(勝手)

アレが日本のすべてだとおもわれると困るけど・・・

ゲイシャ用語はわたしも知らなかったので、それがヘンな日本語で発言されると、余計わからなかった。w


また日本映画系が出たら突っ込み目的で見たい 音譜

↑やっぱ関西人


No Doublt の Gwen のPVで出てた日本人の女の子(これまた変)みたいな、ミニスカ、髪の毛は二つにわけて高い位置で結んでるみたいなのもあやしいけど、どうも最近のアメリカの思い込みはソレ系みたいです。Tokyo Drift でもソレ系がたくさんでてきてた・・・あせる

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

アメリカにきてから、前よりも色んな人の魅力がわかるようになった・・・かも。


日本でのキレイの基準はわかりやすい。

顔のつくり(または上手なメイクww)と、細身体型がまず欠かせないと思う。


アメリカではびっくりするくらい色んな基準が入り混じっている。


まず、人種。

アジアンやアフリカンアメリカン、白人、ヒスパニックなどなど・・・

体型もそれぞれ。


こんなに色んな人が混在するところでは、美の基準だってひとすじなわではいかない。

顔だちよりも、笑顔がステキだったり表情がいきいきしていたりすると、きれいに見えたり。


ワタシがこれまでに持っていたきれいの基準は、やっぱり細さであったり、髪をキレイにセットしていることであったり、目が大きいとか顔立ちがきれいとか、オシャレかとか、そういうのだった。


当然今までのキレイだと思う基準は今もあるけど、それ以外の基準でも、色んな人の魅力があるんだということを、わかるようになったかもしれない。


これまで思い込んでたきれいの基準がすっごく浅はかに思えた


実はショックでもあったりしたし。

「ええ?ソレでいいわけ?」という部分もあったし。

デザイナーズレストランで食事し、髪をまいて週に何着も服を買い込んで、クラブへ繰り出しては、色んな人と出会って遊びまわる生活をしていたけど、当然ソレだけがイイわけではなくて。

特に素朴さの魅力がわからなかったのかもしれないけど。


簡単にいうと、アメリカ人男性のもっとも大切?な着眼点は HOTかどうかだと思う。ww

HOTであれば、多少難があってもOK。

かなーりアバウト。


あとBIG SMILEもポイント高し

はにかみ笑いではなく、ガハハと笑っちゃうほうが男性ウケがいい。

キャメロンディアスもそうだよね。


国によってキレイの基準が違うってのは、おもしろいことだけど、やっぱりオンナのキレイには、色んなケアは必須

ネイルや髪、メイクやスキンケアから脱毛にいたるまで、大変であるのが事実。


年をとっても、自然体にみえながら実はオシャレに気を抜かないオンナでありたいものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本のドラマなんかみてても、「この仕事やっててこの人たちなんでこんなマンションに住めるわけ?ありえない」と思うことは多いんですけど。

最近面白い記事をMSNで見つけました。


アメリカで人気のあるドラマの主人公たちのサラリー相場


SEX and the Cityのキャリー

高いレストランに行って、マロノやプラダなどの高級ブランド御用達。

「いったいいくらもらってるの?」てかんじなんだけど。


NY Timesのジャーナリストの年俸は$57,000 らしい。

日本円にすると年俸600万円


安くないか?


年俸600万円なんて、ちゃんとした企業で数年働けば絶対もらえる額。

ワタシの元カレは20代後半で1000万円もらってた。


ジャーナリストの給料ではあんな暮らしはできない。

NYなんて家賃もL.A.より高いしねぇ。


ワタシの大好きなThe O.C.にお父さん役で出てるSandyはドラマでは弁護士という設定。

オレンジカウンティの海に面した大豪邸に住んでいる。

弁護士の推定年俸は$94,930(約1000万円)らしい。


Will and Grace のGraceはインテリアデザイナーだけど、推定年俸は$40,700。

ドラマのような暮らしをできる収入ではない。


結構みんな、もらってないのね

ドラマの出演者がいい暮らしをしているのは日本だけに限らないらしい。

特にアメリカは、生活水準がはっきりしているので、一度泥舟に乗るとずっと泥舟。シビアなのだ。


興味のある人はこちら をみてください。元記事です。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

girl アメリカではいくつになっても、オンナである限り「Girl」になる。


何年か前にハジメテ、アメリカのおばちゃん(トモダチのお母さん=50代?)が平気で「ここから先はGirl's Talk(オンナだけのハナシ)だから」と聞いたときは、「エッ」と思った。


アメリカみたく、一生レンアイ適齢期みたいな文化の中では、オンナはいつだって自分をGirlと呼ぶことにためらいがナイ。


出会いサイトやらレンアイ系トピックのサイトに、40代以上のコンテンツがあるのも欧米ならでは・・・


いくつになっても、オンナはGirl。


日本で遊びまわっていた頃、毎日ナンパされていたし、オトコなんて結局みんな同じナンパパターンだなーと思ってたけど、他に気付いたコトがある。


「ねぇいくつ?」


ナンパ開始から数分経過で間違いなく年齢をきいてくる。


コレは日本に住んでいる外国人もほぼ同等。

面白いよね。


彼らの場合は、日本人は若く見えるので興味本位ってのもあるけど、年齢を聞く理由には、年齢だってそのオンナをはかるモノサシだったりすることが多い。


「年甲斐もなく」というコトバが横行してる文化なだけに、オンナ自身も「20代後半以降=Girlじゃない」ってなワケで、肩身の狭さを感じてるヒトもいるわけで・・・


ワタシは、いくつだってGirlでいーじゃん、と思う。

セルフケアはもちろん必須だけど、オンナの外見は自分で磨けるわけで。

特に日本人ってすごくいい肌もってるヒトが多いと思う。


いくつだってレンアイもしたいし、エッチもしたいもんだしと思う。


ちなみに、海外で年齢を聞くのはPoliteではないので、ナンパ時に年齢をきかれることはほとんどナイのも文化の違い。


そういえば超年の差カップルも欧米のほうが多いよねぇ。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。