1人目妊活女性のための妊活塾

赤ちゃんが欲しいあなたへ


テーマ:

 

 

 

こんにちは。

 

 

私が10代の頃、自分がまさか本当に

 

赤ちゃんが出来ないことに悩まされるとは

 

 

思っていませんでした。

 

 

当時は、家庭内不和もあり、自分の身体を

 

一番に考えられることが出来なかった、とも

 

言い換えられます。

 

 

 

 

それでも私は婦人科のクリニックには行っていました。

 

 

「婦人科に行くのは勇気がいる」と

 

 

いう言葉よく聞きます。

 

 

確かに勇気がいります。

 

 

 

そう思います。

 

 

 

 

それはなんでだと思いますか?

 

 

 

理由は2つ。

 

 

 

1つは、

 

私たちにとって例えば、

 

泌尿器とか婦人科とかって

 

 

 

プライバシーにもろにかかっていて

 

恥ずかしさや、どんなことをされるの?という

 

 

 

心配や不安要素も重なって

 

あれこれ思ううちに、

 

 

 

その「病院に行こう!」というせっかくの

 

タイミングを逃していくんですね。

 

 

 

 

 

私も産科に勤めていた時は、

 

 

「もしかしたら、不安も心配も

 

 あるけど勇気を出して

 

 ここにきたんだろうな、

 

 受診している今もそうなんだろうな、

 

 しかもその気持ちは今が一番ピークなんだろうな」

 

 

 

と感じていました。

 

 

 

だから、次もこうして気になることや

 

 

検診に足を運べるように、

 

 

「嫌だけど、これならまた来れそう」

 

と思ってもらえるように関わっていました。

 

 

 

 

これが始めのステップだと思います。

 

 

 

さて、自分に置き換えてみてくださいね。

 

 

 

あなたは検診や人間ドック、行っていますか?

 

 

 

こんな話、よく聞く話で分かってるよ!

 

 

という声が聞こえてきそうですが(笑)

 

 

大事なことなので何回でも言います。

 

 

 

もしかしてこんなこと思ってませんか?

 

「まだ若いから」

「忙しいから」

「子どもが小さいから」

「休みが取れないから」

「それより先にすることがある」

「自分は大丈夫」

 

 

どれもこれも、病気にならない根拠が

 

全くありませんね。

 

 

「若いから病気にならないのでしょうか?」

「時間ができたら本当に検診に行くのでしょうか?」

「子どもがどのくらい成長したら検診の時間が取れるんでしょうか?」

「休みが取れても検診に行っていませんよね?」

「健康より優先することって何ですか?」

「自分は大丈夫って思いたいだけ ですよね?」

 

 

なのに多くの人は、ダイエットや健康食品を

 

取り入れている。

 

 

 

これ、逆なんですよね。

 

 

検診で自分の健康状態が分かった上で、

 

必要なことを取り入れていくことが

 

 

最も大事なんです。

 

 

 

そうでないと、注意することすら出来ません。

 

 

 

本当は高血圧があるのに、

 

 

筋トレ筋トレと重いダンベル持ち上げて

 

 

我流で行うのがよいわけではありませんよね。

 

 

 

 

 

どれもこれも適切な方法に近づけることはできると

 

思います。

 

 

それは「自分の健康を知る」という

 

 

ことが前提になっています。

 

 

 

 

 

話が婦人科から健康全般になってしまいました(笑)

 

 

 

大事なこと2つ目は、長くなったのでまたの機会に

 

したいと思います。

 

 

 

 

ちなみに私の妊活サポートはこういった

健康に関することのアドバイスを希望者に

行っています。

 

 

医療従事者からしか見えないことを

しっかりお伝えして、

 

 

最短で健康に

妊娠に結びつくことを目的としています。

 

 

気になりましたらお気軽にどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

〜倖せのこだまを広げる〜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。