パリ発インポートアクセサリー通販と卸、個性豊かなリングとピアス他

アート・デザイン・クリエイションをキーワードにヨーロッパで活躍するクリエイターブランドを独自の目線でセレクト。
職人技の光るコレクションを身に着けて大人のオシャレを楽しみましょう!


テーマ:
● フランスで仕事をすること③

フランス人の言うことを聞かず、自ら定職を手放した私。

過去記事は以下を参考にしてください。
フランスで仕事をすること①
フランスで仕事をすること②

そんな失業者の私は、自分で何か独立してやれること・・を考えて生活していました。



そして、メゾンエオブジェの展示会でローマ在住の女性二人と出会ってから、今の仕事の原型が出来上がったのです。

彼女達は、ローマ在住のイタリア人と、コロンビア人の女性二人。

ローマのアトリエでNEOというネオプレンのゴムを使ってアクセサリーやバッグをハンドメイドで作っていました。その作品は素晴らしく、彼女らの仕事ぶりを近くで見て、彼女達の作品を日本へ広めようと思ったわけです。

決まったら、即行動(笑)

ローマへ飛んで、交渉。了承後、東京と地方の美術館にアポをとり、展示会出展も決めました。

日本の美術館の方との初めてのアポは、妊婦姿でしたが、東京は、六本木の森美術館のショップと長野県の軽井沢のメルシャン美術館に納品が決まりました。再オーダーもいただきました。

妊娠・出産もすべて同時進行で、2008年の9月に長男が生まれ、2009年の1月に会社を設立しています。

フランスの子育ては、生後数カ月から預けられるシステムも整っているし、逆に、会社経営や独立している人は、子育てを優先するのであれば、補助金が出るシステムもあります。

子供を預けるには、早く手を打たないと、席が埋まってしまうリスクもありますが、何かしら仕事をできる環境にしてくれると思います。

その辺、ア・ラ・カルトなフランス制度は素晴らしいです。

精神的には、NEOの女性デザイナー二人が先輩ママ&自営業だったので、たくさん見習うところがありました。

彼女達は、仕事に行くときが、バカンスだとも言っていたのが印象的です。

彼女達の子育てのお手本を自分流にアレンジして、沢山実践してきました。

日本側でも、小さい子がいても、活動できたのは、実家の母や叔母の理解があってこそ。それから、サポートしてくれた友人がいてくれたからこそでした。

そんな子供達も今年の4月から3年生と1年生になって、少しづつ成長を感じます。

まだまだ、フルタイムでは仕事ができません。これは、私の選択でもあり、フルタイムで仕事をしたければできる環境ではあると思います。

でも、子供の成長にしたがって、こちらもまた速度を変えて行けるかなと。

その時に早く走れるよう、準備段階でもあります。

とにかく、辞めない。母業も仕事も、プライベートもすべて同時進行していく。

これがヨーロッパ生活の中で、得た一つの生活スタイルです。

それを回していく、秘訣を次回書きたいと思います。

流行を追わないで、おしゃれを楽しめるインポートアクセサリー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● フランスで仕事をすること ②

こんばんは、横井奈穂子です。



フランスで仕事をすること ①の記事はコチラへ。

イギリスで、食品科学関係の修士課程を終えて、専門職に就いていた私は、フランスで同じ仕事に就こうとは思っていませんでした。

なぜなら、同じような職種は、フランスの学歴を持っていないと難しい、と聞いた。←あくまでも聞いたレベル(笑)

私の人生の中でフランスで生活することはあり得ないと思っていましたから。

フランス語を使って、専門分野の職に就くほどのパワーはありませんでした。

結局、私は、その道では、キャリアリストではなかったんだと思いました。

でも、仕事がしたい。ということで、とりあえず、英語とある程度のフランス語ができる仕事を考えていたのですが、全く縁がなく、仕事に就くことができませんでした。

それで、やっぱり専門職を生かさないとと、思いなおしました。←すごい遠回り・・・。

何をしたかというと、日本の食品会社や貿易会社に、フランスからアプローチしてみたのです。

そうしたら、某食品貿易会社二社からお仕事の依頼を頂きました。

一社は、フランスの事務所がなく、フリーランスで日本からのミッションを行う仕事。
もう一社は、パリにオフィスがある、サラリエ(サラリーマン)のお仕事。

今なら、フリーランスとして、ミッションで行う仕事を選んでいたかもしれません。

でも、その当時、私が選んだのは、サラリエの仕事でした。

サラリエとして、フランス人の中で働き、子供を授かるチャンスもありました。

が、体調が思わしくなく、赤ちゃんを断念したことも。

30代前半、病気とは無縁だった私が、病院に通うことになりました。

他人もあまり気にしない(よくあることとみる)と思うのですが、日本の会社との連絡係りを務めていた事もあり、仕事を度々休むことに罪悪感がありました。そして、自分から辞めようと何度も思ったのです。

周りのフランス人には、辞職するのは、バカな行為!!と言われました。

ちなみに、周りのフランス人とは、夫ではなく、親戚や友人達です。

その板挟みにとても悩んで、悩んで、悩んで、1年をめどに辞めることを選んだ私です。

(フランス人に言わせると、)なんで自分から会社辞めるの?ってわからないレベル。

それだったら、協議して、解雇された方がいいという人もいました。

いかに自分から辞めないか、ということが重視される世界です。

フランスでは、正当な病欠を利用して、自分の状況を救っている人をよく見かけます。病気なんだから仕方がないし、当たり前のことなのですが。

でも、私にとっては、二つを両立することが、困難な状態だったのです。

なんとしてでも、制度を利用して生活していくフランス人達には、本当に学んだような気がします。

その後、少ししてから、ある出会いがあり、今の仕事につながって行きました。

次回へ・・・。

パリ発 個性と自由を大切にしたいあなたへのインポートアクセサリー







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● フランスで仕事をすること ①

こんばんは、横井奈穂子です。

今回の日本滞在で、学生時代振りに再会する友達がたくさんいました。

いろんな話で盛り上がりますが、私がフランスで起業しているということに対して、どうして?どうやって?と質問を良くもらいます。

フランスに住むことになった時、私は30歳ギリギリ手前で、フランス語が全くできませんでした。(フランス人の夫とは、イギリスで出会った・・)

フランス生活は、語学学校に通うことから始まりました。

フランス語もきちんとできていれば、すぐ、仕事を探すという事が、自然だったかもしれません。

その当時私の立場は、フランス語まるでダメのフランス語学校生、主婦、できれば、子供を授かりたい。という環境で、仕事をすることは、第一には考えていませんでした。

ただ、周りのフランス人は、「車の運転」と「仕事」は自立をするために大切。と私に会う度に呪文のように言ってきました。

正直、子供を授かるかもしれない状況の時に、新しい仕事を探すのってどうなの??と自分自身とても葛藤がありました。

胸の内を話すと、フランス人はこう言いました。もし、子供を授かったら、妊婦はなおさら雇用で守られる。産休ももらえるし、何も悩むことはないと。今必要なのは、働いて、自立することだよ。と。

そんな価値観を突きつけられて、びっくりしました。私の中では、1年もたたないうちに産休をもらう可能性がある人が仕事探してもいいのぉ~!みたいな感覚。

で、素直な私??!は、しばらくして、仕事探しを始めたのでした(笑)

続きは次回の記事で・・。

パリ発 個性と自由を大切にしたいあなたへのインポートアクセサリー








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● もっと素敵になるために、固定観念を取り払う事

こんばんは、横井奈穂子です。



先週末のイベントが終わり、ほっとしています。

これからは、自分のためと、お客さまのために動きます!

イベントではいろいろな方とお話しさせていただいて、とても楽しかったです。

驚いたことは、ピアス人口が少なかったこと!

私より若い年代の方でもピアスの穴をあけたことがないという方に数名出会いました。

ピアスを開けたいのに、怖くてできないのか、別に興味がないのか、まではわかりかねますが、もし、前者でしたら、穴をあける事をお勧めしますよ~!

世界が広がると思います。

イヤリングだと、長時間付けていると、痛くなってしまったり、片方だけなくしてしまう恐れもありますよ。

そして、結構みなさん、自分で自分に制限をかけてらっしゃる。

≪私はもう、○●歳だから、これは似合わない≫

≪もう、適正の時期をすぎたから、やらない≫

≪この歳だから、赤は付けるべきではない≫

というお声をたくさん聞きました。

とっても、もったいないと思います!

似合うか、似合わないかは、試してから決めるべき、と思いますし、

適正の時期を過ぎても、自分が必要と思えば、今から行えばよいと思います。

そして、お歳を召しているからこそ、赤なども取り入れて、明るい花が咲いたように、見せる事も出来ると思うのです!

私も、黒やグレーが大好きで、いつも無難に落ち着くばかりです。

しかし、オレンジ色が似合うと言われ、撮影の時に着たら、大好評をいただきました!

自分の中にある、固定観念をはずしたら、きっと新しい自分に会えると思います♪

アクセサリー選びも、もっと楽に、楽しくできたら最高ですね!

パリ発 自分らしいおしゃれを楽しみたい方へのインポートアクセサリーはコチラ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● ポップアップストアのお知らせ 西荻窪

こんにちは、横井奈穂子です。

フェイスブックではお知らせしていたのですが、こちらでもお知らせです。

フランスにちなんだ、3人が繰り広げる、楽しい週末、≪ブラボーフランス≫を開催致します。

フランスからセレクトした、アクセサリーはもちろんのこと、フランスの専用紙を切り貼りして作る、キャンドルスタンドや、シャンパンとパテの会など、企画が盛りだくさん!

日にち:7月7日(金)8日(土)9日(日)
時間:11時から18時
場所:ギャラリーマド JR西永福駅から徒歩3分 


特殊な紙を使って作る、キャンドルスタンドは、作成するのが簡単です。

しかし、出来上がると、ピカピカして、ちょっとした、作品のようになります。

素敵な作品に仕上がりますので、満足度も大きいですよ。

シャンパンとパテの会では、私がチョイスした、シャンパンとパテをお披露目します。

フレンチエスプリたっぷりの会にしたいと思います。

セレクトアクセサリーは一部をお披露目いたします。

アクセサリーを実際に見て、触って頂ける、嬉しい機会になりますよ。

皆様にお会いできる事を楽しみにしております♪

パリ発 個性と自由を大切にしたい、あなたへのアクセサリーはコチラ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。