アーユルヴェーダで健康・幸福体質に改善♪ 渋谷区松濤 専門サロン パリナーマ 

体がだるい、肩こり、不眠症、冷え、便秘、腰痛、手首の痛み、膝の痛み等、体調不良で元気がでないお悩みの方へ。
本場アーユルヴェーダ医師直伝のトリートメントで不調の改善、若返り、自然治癒力を上げるアーユルヴェーダ専門サロンです。


テーマ:

アーユルヴェーダサロン・パリナーマ です。

ご縁をありがとうございます。

アーユルヴェーダの魅力に出会い、すっかりはまっている現在。

数年前にはこの生活、想像していませんでした


働くママ生活から心機一転。

無謀にも40代にしてアーユルヴェーダを一から学ぶべく、
1年学校に通い、チャレンジの日々

大丈夫なの~??っていう感じでした。

アーユルヴェーダに出会うまで~

1968年5月生まれ 申年(2013年で45才、いつの間に

3人兄弟の真ん中に生まれ、

当時、家にあったおもちゃはメンコやウルトラマンの怪獣、超合金のロボット。

友達の家ではお人形遊びもしてましたたけどね^ ^

保育園時代は、緊張するとよく熱を出し、学芸発表会の当日は、

母が作ってくれたドレスを他の子に着てもらうような子供でした。

(母の気持ちを考えると…ごめんね!)

小学校に入り、このままじゃいけない!と思い、

人前でも自分の意見を言うように、

しっかりした子になるように頑張って、

いつしか家族からもしっかり者と思われるようになりました。


この時、頑張ることは大事!
みたいな考えが生まれた気がします。

高校2年の時、
友達数人と一緒にアルバイトしていることがばれて、
謹慎処分になりました。
でも最初に誘った子は、親が学校にお金を積んだとかで処分なし。
喫茶店で友達と、憤りと学校に対する不満を話して、
お店を出たところで担任に会い、更に停学処分に
私立の女子高でとにかく厳しかったし、自分が悪いのですが、
教師と社会に対する不信感で、
それからの高校生活は息をしていないような日々でした。。


20才で会社に入り、
お局様に怒られながらも、認めてもらえる仕事にやりがいを感じ、

周りの方に恵まれて、OL時代を満喫しました。


26才で結婚、妊娠。

大きなお腹で働くことに不安を感じ、退職しました。


3年間、専業主婦を経験しました。

初めての育児で、色々な事に戸惑いながら。

(ミルク嫌いな娘で、なかなか大きくなれず、
夜泣きもひどかった!泣)


育児書通りにできないことが
母親失格のように感じ、
育児ノイローゼにもなっていたかも。

今はお母さんみんなが突き当たる壁だなーと、
懐かしく振り返っています。


3年後、長男を出産。

2人目の育児は慣れたものと言いますが、
よく食べよく寝る子だったので、楽でした。
子供たちが可愛くて、とにかく楽しかったかえちゃんへ

でも、○○ちゃんのお母さん、
飛永さんの奥さんと呼ばれることに、

物足りなさを感じていました。

いつも自分がなく、誰かの付属になってしまったようで。

随分考えましたが、派遣で事務の仕事に就きました。31才です。

毎日が目の回るような忙しさでした。
保育園の送り迎え…前後に子供を乗せたママチャリで、
毎日走っていましたね。

久しぶりの職場は嬉しく、張り切って仕事をしてました。

自分のやりたいことをやらせて貰っているという気持ちがあり、

最初は家事も育児も手を抜かず、とにかくフル回転。

あの頃は若かった!

寝なくても、気合で何とかなってしまったんですよね。

そんな生活を、10年程過ごしていました。

夫との不協和音が仕事に向かうことに拍車をかけていたのかも。。

派遣の仕事から転職し、正社員としてフルタイムで働くことに。

その会社の1つは倒産する寸前になり、

お給料も出ず、11時まで残業という日々もありました。


実家が近いので、子供たちの夕飯は母や祖母に頼むこともあり、

子供たちに随分寂しい想いをさせてしまって、悪い母です。


いつの間にか、自分の家族や生活を大切にすることが二の次になり、社会の一員として認めてほしい、恥ずかしくないように理想的な人でいなければ!という固執した考えにとらわれて、必死で周りが見えなくなっていました。


無理を重ねた生活で、
体中に不調を抱え、
つらい状態になりました。

転職を繰り返すことは、
職場に慣れるまで人の顔色を伺う必要もありました。

人に合わせることをしている内に、
最後にお世話になった会社では、

自分がどんな人間なのかわからなくなっていました。
怖いことです。。

精神安定剤を飲みながらの生活で、
心の支えになったのは家族でした。

ありのままの自分を必要としてくれる事がありがたかった。

そんな時期、自分の個性を大切にする、
優しい
アーユルヴェーダに出会いました。

アーユルヴェーダ基本の定義を知り、驚きました


「生命について知ることと、

生命を楽しむ方法を教えるのはアーユルベーダです」

人として生きる上で大切なことを教えてくれる、

5000年前の古代の人からのメッセージでした。

アーユルヴェーダライフを始め、自分を見つめ直すきっかけに。

体の不調には、精神的なものが大きく影響していると知りました。


人生に潤いを持たせ、成長することができたら嬉しい。
家族が健康に過ごせる助けになりたい。
本格的にアーユルヴェーダと向き合い、
体質改善をしていこうと決めました。

体が回復すると、自分の作った壁を取り除き、自然に素直になれました。


自分のために始めたアーユルヴェーダでしたが、

痛みを持つ方の役に立つことをしたいと思うようになりました。


2011年9月  同級生と共に表参道にパリナーマをオープン


2013年8月  それぞれの道へ進み、独立して渋谷区松濤に移転


現在に至ります。


体調を崩したことで、幼少期まで振り返り、
自分がどんな人間なのか、再確認できました。

これまで、こだわり自分を縛っていたものは何だったのか、
想いを深くつめていくことは、過去に触れることでもあり、かなり辛いものでした。
でも今は過去の自分とは違うんです。
1つずつ過去の想いを、解放していきました。
自然体で生きたいから。

自分を認め、大切にすることで、
人にもやさしく、許せるようになりました。
そうすると世界が広がっていく気がします。

アーユルヴェーダは奥深く、
生活の中に素敵なヒントを与えてくれます。

サロンやブログでお伝えする中で、

みなさんに何か役立ててもらえたら、とっても嬉しい

トリートメントで出会うお客様に、

心身からキレイになって、
自然治癒力を高めていただけるトリートメントをしたい 好


日々想いが強くなります。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

長々と読んでいただきありがとうございましたクローバー




クローバー こんな風にアーユルヴェーダを始めました。
         →「アーユルヴェーダで体質改善

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

アーユルヴェーダで健康・幸福体質に改善♪ ケアセラピスト飛永さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります