すまいのレシピ【すまレピ】 パリ便り

【フランス】パリの最新インテリア、インテリアアイテム、家具、インテリアコーディネートからパリの日常まで、現地特派員が様々な情報をお届けします♪


テーマ:

数十年ぶりの長雨、セーヌの増水から、今度は約30年ぶりの大雪になりました。

気温も日中を超えても氷点下。但し少しずつ確実に日は長くなっているので、明るさが有るのはせめての救いです。

 

 

カフェに居る間にも、窓の外を見ると積もる積もる。エッフェル塔やリュクサンブール公園が閉鎖になり、路線バスは停止。

日本でも福井の大雪がニュースになりましたが、同じ頃にフランスでも740キロもの大渋滞が起こっていました。

いつになったら落ち着くかわからないパリのお天気、立春とは名ばかりの2月の寒さです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

フランスのバレンタインといえば、男性がバラの花を持って街を歩く風景が私には馴染み深いのですが、友人のフランス人の男性曰く

「15年前にはそんなこと一般的じゃなかったよ!商業だよ商業!」だそうで(※あくまで個人の見解です)。

バレンタイン=チョコレートで育った日本生まれ日本育ちの私は、「お花もいいけれど花より団子という考えもあるからなあ」…と思うこともあり。

 

しかしフランスでも近年、バレンタイン用のチョコレートを販売する専門店が確実に増えたと思います。

2月に入り、いつもパンを買っているパティスリーでもハート型のチョコレートケーキが!期間限定という言葉に弱いという方、ちょっと気がけてショコラトリーを覗いて見てはいかがでしょうか。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この間太陽を拝んだのはいつだったのか思い出せないぐらい、灰色の空が続いています。

これぞヨーロッパの冬と言われればそうなのですが、傘をさすかささないかの微妙な霧雨と強風は外出する気持ちを阻害するには充分、せっせとカロリーを溜め込むにうってつけの気候です。

 

マレ地区のセーヌ側、1905年から居を構える【Vins Des Pyrenées】。セザンヌやジム・モリソンもご近所さんだった老舗のレストランのスペシャリテはブリオッシュペルデュ。ブリオッシュで作ったフレンチトーストです。

塩キャラメルと生クリームたっぷり、でもスルスル食べてしまえる不思議なデザートです。

【Vins Des Pyrenées】

http://www.vinsdespyrenees.com/

 

 

スターシェフかつ某国民的女優の元彼シリル・リニャックのショコラティエは、カフェが併設されているのでイートインが可能。

スニッ○ーズの上位互換ことキャラメルビスキュイは、ミルクとダークの2種類に、ピーナッツ、ココナッツとラズベリーもあり。
【La chocolaterie Cyril Lignac】
http://www.lachocolateriecyrillignac.com/en/home/

 

黙々と、冬眠前の熊のようにカロリー摂取中。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎朝行くカフェで、置いてある新聞をざっと斜め読みしています。

今日の一面はバカロレアについて。センター試験が終わり日本も本格的な受験シーズンですが、フランスでも大学入試に関する話題が上がっています。

そもそもバカロレアとは「中等教育レベル認証のフランス国家資格」。バカロレアの成績によって入学できる大学の選択が決まってくるので、日本のセンター試験に感覚は似ているかと思います。

 

そんなバカロレアの改革をマクロン大統領が公約のひとつに挙げているのですが、1月24日に提出された報告書によると、一番の変化は面接の導入。3人の面接官により30分の口頭試問が実施される予定だとか。高校で選択した専門科目についてより深く掘り下げると共に、今まで複雑化していた試験の科目数を減らす狙いがあるそうです。

早ければ2021年にもはじまる新バカロレア。受験生たちの対策も変わってきそうです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

"Au Bonheur des Dames(ご婦人の幸せ)"という1970年代フランスのロックバンドに、"J'aime le beurre(バターが好きだ)"という曲があります。

しょっぱなから「バターバターバター、俺はバターが好きだ」を繰り返し、「バターがない人生はマジでひどすぎる」「もっとくれバターをくれ」と、バター愛を叫ぶのです。

 

さて昨今のフランスですがバター不足は深刻化を辿り、価格の高騰(1年で2倍になったものも)によりクロワッサンや焼き菓子を値上げしたお店もあるほどです。スーパーのバターの棚も売り場が狭められ、このままフランス人の食卓からバターが消えてしまう…なんてことはなく、あるところにはたんまり、あったりします。
老舗デパートがまるごと食品館に生まれ変わった【La Grande EpicerieRive Droite】の棚には金塊のように積まれたバター、バター、バター。パリの中心からはやや離れ日曜はお休みですが、混雑もあまりせず朝8時から夜21時までお買い物ができるのはなかなか嬉しいところ。


【La Grande EpicerieRive Droite】
80 Rue de Passy, 75016 Paris

 

バターバターバター、俺はバターが好きだ!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)