トラギスの子供

テーマ:
なかなかカメラを持って行く機会がなく、全く撮れていないですがここ最近撮れたものから。
トラギス類どれかの子になると思うのですが、現在では確認出来ずにいます。
大きくなるまで見届けたいけど、気がつけばいなくなっているパターンが多く
判らずじまいとなりそうですが、とりあえず追いかけてみましょうか。

AD

ヤツシハゼ属

テーマ:
かなりご無沙汰気味のブログですが、ここ最近やっと写真が撮れる状態になってきました。

$Tropical Reef-Fishes Of The Philippines Sea
ヤツシハゼ属の一種と思われるハゼです。臆病なのか巣穴から全身出てきてくれませんでしたが、
また後日、取り直しのハゼになります。
今年はこれまた訳の分からない種が多々確認されてきているので、ゆっくり撮りに行きたいと
考え中な今日この頃。
AD

ウミウシ

テーマ:
海の宝石と巷では言われているウミウシ??ですが、まだまだ奥が深い生き物でもあります。

$Tropical Reef-Fishes Of The Philippines Sea
今回は囊舌目ハダカモウミウシ科の一種と思われるウミウシです。
動きは結構早く、初めて見た個体で日本及び海外の図鑑を調べ尽くしても解らず
??だらけのウミウシです。

ウミウシが好きな人にはもしかしたら解る人がいるかもしれません。
AD
このハゼは普通の砂地のやや深い場所で生息しているハゼなのですが、これまた
名無しで図鑑にも出ていないかなりややこやしい一種になると思います。

$Tropical Reef-Fishes Of The Philippines Sea
観た感じからヤツシハゼ属だと思うのですが、体の模様などからもしかしたら違う属に
入るかもしれません。

珍しいと思われるものを見たらまずは横から図鑑写真のように撮っていかないと
なかなか種の同定が難しいのでしょう。

まだまだ勉強です。

ハゴロモハゼ属の一種

テーマ:
Tropical Reef-Fishes Of The Philippines Sea-ハゴロモハゼ属
個人の見解で勝手にハゴロモハゼ属の一種と決め込んだハゼです。
他のハゴロモハゼ類たちも生息してくれているとすごくうれしいのですが
贅沢な願いかもしれません。

この個体は背鰭がピント伸びて黒色ワンポイントが決まっている感じで好きなのですが、大きさも小さくかなり真剣に宝探しのように砂地を見ていかないと見つけられないのですが、個体数から考えても稀種なのか見られる確率がかなり低く、見つかったときの感動はすばらしいの一言に尽きます。

これだから砂地の匍匐前進がやめられないのでしょう。