☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

PARACUP2016 2016年4月10日(日)開催

ランナーボランティアスタッフのエントリーを開始しました!

種目は

ハーフマラソン、10km、5km、親子RUN、キッズRUN、ボランティアスタッフです。



★エントリーいただく際、支援したい団体を選択することができます。

参加費の一部は、選択した団体から子どもたちへ寄付されます。


皆様のご参加お待ちしています。



★エントリー・詳細はこちらをご覧ください。

↓↓↓

PARACUP2016~世界の子どもたちに贈るRUN~

http://www.paracup.info/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-04-08 09:01:00

【共催企業紹介】アデオジャパン

テーマ:【多摩川】チャリティー・支援先

こんにちは!

PARACUP2016、12こ目の共催団体紹介は「アデオジャパン」です。


アデオジャパンは、ケニアの首都ナイロビやブシア県ナンバレで活動する団体です。


主に現地のオフィスでは、HIV/AIDsへの対策や、母子健康の向上に関するプロジェクトを行っています。具体的には、ティーネイジャーにむけたHIV/AIDsの予防啓発プロジェクト、保健医療分野における若者の人材育成、コミュニティヘルスワーカーと呼ばれる保健師の管轄を通した子ども達のヘルスケアなどが主な活動です。

アデオジャパンから随時派遣される日本人学生も、研修生として現地のプロジェクトに関わったり、新規のプログラムづくりを行ったりすることがあります。




日本での活動としては、主に研修生派遣のアレンジや、ケニアでのプロジェクトのサポートなどを通して、日本とケニアオフィスを繋ぐ役割を担っています。

月に一度のミーティングでは勉強会や読書会なども取り入れ、アフリカや開発・国際協力への見識を深められるような活動を目指しています。



PARACUP2016大会からの寄付金では、

研修生派遣事業を活かし、過去に行ってきたケニアのHIV/AIDs孤児院での物資の支援などのように、アデオジャパンのフィールドである現地のニーズに寄り添った支援をしていく予定です。


昨年のPARACUPからの寄付金では、

PARACUPの資金を使い、制服を製作しました。

日本人研修生を通して、60名を超える現地の孤児院の子供達に制服を届けることが出来ました。制服が無いなど、経済的な理由で学校へ通えない事が多い孤児たちに、少しでも教育の機会を与えるきっかけを作ることが出来たと思っております。



また、アデオジャパンでは2016年度の新入生メンバーを募集しています。

とにかくアフリカを肌で感じてみたい!という情熱がある方、開発・国際協力への関心・想いを持つ方などなど、是非一度活動の様子を見学に来てください。

詳細はアデオジャパンHP(http://www.adeojapan.org) にてご確認お願い致します。








いいね!(20)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>