「JUNKIESとKAMIKAZE factory」ぱらきん(・谷・)ブログ

北海道札幌の百合が原サーキット常連集団「JUNKIES」の一員です。
百合が原サーキット@レッカー屋をホームにあちらこちらに出没してはラジドリしてるおっさんです。
2016年4月よりKAMIKAZE factoryのサポートをお受けする事に!


テーマ:
神風ファクトリー製 ヨコモYD-2用RRレイアウト変換キット
その組み立ての説明です。

{3DB20B48-2722-4874-BB89-227E1985B7ED}

まずシャーシからアッパーデッキを外しギヤボックスを 前後逆に取り付けます
(注 リヤプレースサポートも外します。RRレイアウト変換キットはリヤプレースサポートを取り付けた状態には対応しておりません)

{95E2AFA0-3EEA-4BBD-9748-485DAF4B53FE}

次にキット同封の25ミリのイモネジを2ヶ所締め込みます
この時の注意点として、イモネジの左右の長さが6.5ミリずつになるように締め込みを調整してください
{6C25319A-535F-4930-A589-7F1908C071EE}

締め込んだイモネジに、台座となるスペーサーを組み付けます
画像で分かるように、マイナスの溝がある方が外側となります
{F02CD886-2571-4FF2-84B2-58D9D2A553D4}

先にネジが切ってある進行方向右側から締め付けます
イモネジに六角を当てながら、マイナスドライバーで締め込んでください
終わりましたら反対側も取り付けます
{298C6A42-B17C-4CCD-8B98-1DD4149A8329}

ギヤボックス側の取り付け部は、4ヶ所付けるとこの状態となります
{ABE1EE0B-5466-43B4-89EB-28BF64075B9E}

バーチカルプレートを 今取り付けたスペーサーへM3x6のネジで取り付けます
この時はまだ仮止めに留めます
{9DCE4051-B14A-4E2B-BD55-0479CD653A34}

前方取り付け穴にはキューブスペーサーをM3x5のネジで取り付けます
内側にくる部分には面取りしてあります
間違いなければ横穴にはネジ山が切ってあり、縦穴にはただの貫通穴が来ます

{2FB6B981-EBAB-45FE-A19C-856187FE370A}

アッパーデッキを装着し両側を取り付けると、こんな感じになります
{374F5224-7FF2-4BC2-9EEC-BE18B4D49B64}

ネジ穴の上にキット付属のカーボンプレートを載せ、4ヶ所をネジ止めします
内側2ヶ所は元々シャーシに取り付けてあったネジを使います
外側にはキット付属の一番長いM3x14のネジを使用します
下側からナイロンナット等で止める事もできますが、取り付けが楽で確実な神風ファクトリー製アルミアッパーデッキジョイントを使う事をオススメします

最後に全てのネジを増し締めして完成です
増し締めは左右均等に、対角に締めていくのがオススメです

スパーギヤとピニオンギヤのままで使用する場合、そのままではバックしますのでアンプにてリバース設定してください
ご使用のアンプのメーカーによりリバースだとターボやブーストが使えない場合もありますので、その場合は神風ファクトリー製DIB用スパープーリーアダプター(取り付け確認済み)とピニオンプーリーを使用しプーリードライブに変換していただくと、アンプ側は正回転のまま使う事ができます
{AE1A5479-4878-4D5D-957A-FB39FD59FF2F}

自分の場合、ピニオンプーリー神風ファクトリー9T
スパープーリー 3RACING 43Tを
テツジン150Tベルトで駆動しております
45Tまでは他部品に干渉せずお使いいただけます

この記事が、皆さんの素敵なRRライフのお役に立ちますように…



AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)

ぱらきんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。