悲しい出来事

テーマ:


今まで、いろいろなボランティアのお手伝いをさせてもらいました。ボランティアなので、もちろん無償です。

でも同じ方から毎回、それを当たり前として捉えられてたと思うと悲しかったという今日のブログです。


以前より、ボランティアのイベントのお手伝いを何回か引き受けてたのですが、


先日その方から、勢い良く「怜子さんお仕事ですよ」とまたお電話があり、今回はお仕事にしてもらえるんですか?と驚いて聞き返し、返ってすみませんと会話を交わしたので、てっきり、応援者(スポンサー)が付き、今回はこちらにもお気遣いくださったと思ってました。


仕事という言葉をそのまま受け止めました。

イベントの日、依頼のコンパニオンは2名。少しでもお役に立てればと、私もその方の宣伝用写真撮影などのお手伝いに。他にスタッフ1名、パピヨンのお客様にも声掛けて足を運んでもらいました。パピヨンスタッフは私を入れて計4名、約3時間稼働しました。

そして、料金はコンパニオン代2名の2時間分だけ清算してもらい、翌朝お礼のご連絡を入れたのですが、それきり音信不通となりました。


もし何か行き違いがあれば、即ご連絡頂きたかったです。

人間関係において嘘をついたり、誤魔化したりして来なかったので、大きなトラブルにも巻き込まれずに参りましたので、本当に戸惑いました。


それまでの経緯から誤解が生じてたのなら、きちんとした話し合いをすべきではないでしょうか?

私の方で察しろという意味でしょうか? 

仕事と言われたら料金が発生すると思わないのでしょうか?

何故、私がブロックされなければならないの? と、疑問だらけです。


正直「仕事」でないなら今回はお断りしてました。他のご依頼もありましたので。女の子の手配は大変なんです。

当然そこにはギャラが発生いたします。今回も私が支払えば良かったのでしょうか。


頑張ってくれた女の子たち、ご協力頂いたパピヨンのお客様に対し申し訳ないです。

何もご連絡、説明も無いままでは、せっかく今まで協力して来たことが仇となり、まるで悪者扱い受けてるような気分です。


ボランティアをすることは善意です。

年間通し、微力ですが私も気になるところには支援金や応援を、無理のない範囲でさせて頂いてます。


それができるのも、軸となるお仕事があるからです。


その日、そのイベントで頂いた料金は女の子のギャラと諸経費で儲けはありません、こちらの都合はどうでも良かったのかと思うと悲しいですが、以後気をつけようと学ぶことにいたしました。どんな時も事前の打ち合わせは大事ですね。私が甘かった‼︎


今日はこんなお話で、ごめんなさい。


{FB4ADC71-903B-4039-A8E8-2C2979C0B476}

スタッフの笑顔に救われます!

しっかりしなくちゃ(^_^*)













AD