Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。

NEW !
テーマ:

昨日6月26日。

昼前、川崎駅東口の

いさご通りで恒例の街角ミュージック

 

百色シネマ

それにしてもこの日は暑かった。梅雨の中休みどころか、完全に真夏。

千宵子さんは平気そうな顔をしていたが、隆之さんは汗びっしょり。

汗が目立つ濃色のシャツにネクタイがトレードマークだけにつらい。

夏は薄色のシャツにしてもいいのではないか。

 

千宵子さんは日本酒の瓶を複数本、大事そうに持っていた。

百色シネマは夕方からカエルバナシと合同ツイキャス。

その日本酒を空けながら。ツイキャス後の結末が知りたい(笑)。

 

いさご街角ミュージックの会場の向かいにある蒙古タンメン中本・川崎店。

開店1周年記念セールで大行列。

写真奥の角を左へ曲がった先にも行列が続いていて

推定人数100人以上。

 

 

その後、大宮へ移動。

週末の大宮駅西口は川崎と並ぶストリートライブのメッカ。

STAYがライブ中。

暑い中、直射日光の当たる駅前で

12時過ぎから(休憩を挟みながら、だが)延々4時間も歌い続けていた。

アルシェ前の人通りが多い場所で、足を留める人も多数。

7/3にも大宮でストリートを予定。

7/10にはさいたま市民会館おおみやでイベント出演。

 

ストリートライブは不特定多数の人々に存在を知ってもらうチャンス。

お疲れ様です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

6月25日。

赤坂にある橋の下というジャズを中心としたライブバー。

この日、白内閣人なとちんの2マンライブ。

この2人によるライブは昨年3月、橋の下の近所にあるNovember Eleventh

NAMASというユニットでライブをして以来か。

 

2人の共作によるオリジナルの新曲も。

シャンソン風の『青い靴』、

サビの高音が印象的な『Tune of Wind』(綴り、合ってる?)。

 

後半はそれぞれのオリジナル曲。

なとちんの代表曲『世界は変わる』『世界は終わらない』には

ピアノによるアレンジとコーラス。

 

白内閣人さんはオケ使用。だが…

このお店はPA不在。

ステージ後方の陰にある機器の操作の仕方が分からず

突然別の曲が流れたり、

1曲ごとにオケを流したり止めたりするため右往左往したり。

それもまた楽しいハプニングなんだけど。

 

昨年末に初台Doorsでも披露した 『Peace and it's all right』。

最近歌う曲が変わってきたと本人も語っていたが

明るくコミカルで動きが多い曲が主流のように思えた。

どうせなら『サラスパ』も聞きたかったな(笑)。

 

終了後、ビールで一息。

 

橋の下は料理も充実。

 

伝説の生姜焼き。

前日の24日「ぴったんこカンカン」で紹介されたばかり。

 

なとちんは痩せていてもこの食欲。羨ましい体質だ(笑)。

 

お客として来場のマダラメくん。なぜかマルコメみそのTシャツ。

臨時PAをやってもらえばよかったね。

 

ゆるさの中に2人の実力とこだわりが光る、いいライブだった。

年1回でもいいから続けて欲しいな。

 

 

おしまい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日6月23日、浦和駅西口にあるナルシス

 

ナルシスがあるのは古いビルの地下。

吹き曝しの階段入口にテーブルを出して入場手続きを行う。

さすがにそれでは景観とか保安上の問題があるためか、衝立が設置されていた。

衝立に張り付けたシンバル半分が

音楽のライブハウスを象徴しているのだろう。

 

 

亮乃介3月末に続き2度目の出演。

前回は対バンが全員男性ボーカルで、

その中に紅一点が放り込まれた形になってやや毛色が違う印象があった。

今回は男・女・女装を取り混ぜたアニソン・ボカロ特集のようで

亮乃介本来のフィールドといえる。

 

但し今回は亮乃介単独ではなく、ユニットとして出演した。

ユニット名は「Я∀e'it( U・×・)❤︎」。これでラビッツと読む。

 

ボーカルの亮乃介と、

 

ベースのЯ∀I(ライ)さん。 浦和は地元だったらしい。

二人共、こことは別に様々なユニットで活動中。

 

オケとベースの併用でアニソンのカバーを歌う。

ほとんどの曲がぶっつけ本番だったそうで、歌詞が飛んだりもして

いろんな意味でこれからだなという印象。

楽しみながら試行錯誤していくのだろう。

 

 

終演後は駅前の海鮮居酒屋へ。

天ぷらを大量に注文。

これだけの量もみんなであっという間に食べてしまった。

しかし周囲のサラリーマン集団がうるさくて、話していても聞こえない(爆)。

 

 

おしまい。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月22日、蒲田ニューエイト。毎月恒例のオープンマイク。

この日は出演者もお客さんも出足が遅く、19時開演の予定が20時に。

 

早くに来ていたkazさんが早々とソロで登場。

20時になって、申し合わせたように出演予定者が続々到着。

 

 

ここでは初登場のマヨエさん。

病気から復帰後、ギターサポートでのライブはあったが

東京で歌うのも今回が復帰後初。

「未来を約束されていないサナギ」「ネバネバギブアップ」など

病気の前後に作った、彼女の心境を示す新曲のみで構成。

鉄板曲「うだうだDaDaDaDa!」を外したのはかえって新鮮だ。

7/3、大阪・長居Depoでバースデーライブ。

 

 

三浦玲菜さん。

この日も前半はソロ、後半はkazさんとのコラボ。

次の課題は緊張して声が上ずるMCかな。

 

 

灯夜さん。

いつものように仕事終わりに駆け付けた。

多忙な中、夜や休日に時間をひねり出して音楽活動を続けるバイタリティーに感心。

珍しくギターのインストにも挑戦。

 

 

個々の出演後はバンドメンバーを中心にしたコラボ。

即興的な自由さがこのイベントの特徴でもある。

 

主催の一人、マイケルさんは選挙応援の仕事があって大遅刻。

終盤にやっと到着し、平謝り。

 

出足が遅かったためではないが、児山もこの日は最後まで滞在。

帰りは激混みの京浜東北線に1時間半揺られるリスクは仕方ない。

 

 

おしまい。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もうおとといになってしまったが6月21日、恵比寿天窓.switchへ。

「静寂は玉響 其の二」。

玉響と書いて「たまゆら」と読む。

 

天窓は基本的に撮影禁止。

しかし、このマイクスタンドのあじさいで誰が出るか分かる。

百色シネマがトリ。

 

季節を意識したか、いつもは最初に歌う「水無月の花」を

アンコール後の最後の曲にもってきた。

昨年11月にここの出演した時にも歌った「灰色ルージュ」も。

 

毎度おなじみの主従関係を誇示する漫才のようなMC。

千宵子さんは最近よく名せりふを発する。

わたしが右と言ったら右なんだ!上下関係はないですから(笑)

よく考えているなぁ。

ビールとスミノフ。

出番後の一杯がお約束になっている(笑)。

 

昨年11月に観た時にも出演したアーティストとの再会もあったり。

何故か天窓.switchでは“大嫌いだった今は亡きお父さんとの思い出の曲”

を最後に歌う女性アーティストとよく遭遇する。全くの偶然なんだろうけど。

 

前日が満月でストロベリームーンだったが

この日の月もきれいだった。

 

おしまい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。