Soul Music 千夜一夜

徒然なるままSoul Musicの話など、語り手はDJイベント・Mercy Soul Night主宰のBlack Panther


テーマ:
Sheba Potts-Wright / I Need A Cowboy To Ride My Pony
(Ecko 1062) 2004

Soul Music 千夜一夜-Sheba_Potts_Wright_001

昨夜はちょこっと、三軒茶屋のMagic Soulへお邪魔して
一時を過ごし帰宅。
早寝とは言えなかったが、7時には目が覚めた。

朝からサクッと聞いたのは、Contemporary Southern Soulの1枚、
若手Lady Soulとして、Chitlin' Circuitの星の1人として活躍中の、
Sheba Potts-Wrightの3枚目。

ここ10年以上、「今」のSoulの大半は、
この手の音という認識なので、
日常生活で最も大きなポイントを占めているわけね。
歌詞は三角関係中心の人間関係どろどろ歌多し、
ま、金太郎飴みたいなものですな>笑


Soul Music 千夜一夜-Sheba_Potts_Wright_002

Malaco傘下のEckoからの作品で、歌は上手い、
曲は甘いミディアムとバラッド、音は安心して聞ける、
急いで全部しゃかりきになって集めるようなものではないが、
中古屋とかセールで見かけたら買う、という路線である。

かつては、Tyrone Davis、Johnnie Taylor、Willie Clayton、
Marvin Sease、J.Blackfoot、Denise LaSalle、Latimore、
Shirley Brown、Little Milton、Bobby Bland、Cael Sims、
そして、Mel Waiters、Arichie Lovel、Jeff Floyd、X Parker、
Patrick Green、 Sir. Charles、故Ronnie Lovejoy、Rue Davis、
あたらしくは、Mr.David、T.K.Soul、Fred Bolton
等々のような存在の1人になる可能性は高い。

Shebaのヴォーカルのイケる所は、余裕タップリの歌いっぷりだろう。
絶叫型ではない、耳障りの良い中音域でさりげなく廻すコブシもキュート。

親父は、同じく、Chitlin' Circuitで活躍中のDr. "Feelgood" Pottsだ。

Tracklisting
01. (Intro) My Name Is Sheba
02. I Need a Cowboy to Ride My Pony
03. I Can Give It Like a Woman
04. Take Your Time
05. I Need Somebody's Lovin Lovin Bad
06. Other Woman Has Got Your Man
07. Get Behind Me
08. I Can Hear Your Macaroni
09. Other Woman Has Got Your Man [Remix]
10. We're Gonna Miss You
11. Sheba's Outro

IntroとOutroを頭と終わりに配しているので、実質9曲、
ここらもいいでしょうが>笑 今時のくだらないR&Bの連中のアルバム
20曲とかでInterludeとかつまらん挿入もあるしね。
サクッと1枚聴けないわけよ、長すぎて。しかもくだらない曲が多い。
Smooth Jazz系になると、かなり曲が良くないとビビビって来ないし。
Will DowningとかJames Ingramとかでも、1枚聴けないよ>笑
それに引き替え9-10曲でカチッとというのがまず良い。


Soul Music 千夜一夜-Sheba_Potts_Wright_003

"My Name Is Sheba. I'm Diva, Queen Sheba"
という繰り返しのイントロに続き、
馬の鳴き声を真似した声から、
スタートのタイトル曲の02はお馴染みの南系ミディアム。
ピシ、ピシと馬のお尻に入れるような
鞭の擬音も出てくる想像通りの展開。>笑
03はゆったりしたダウンテムポのリズムバラッド、
一転してストレートなLove Song、
Shirley BrownやDenise LaSalleを思わせる見事な一発。
これは、聞き物だ。
04は一段とスロウなムーディなバラッド、
ナレーションからスタートでしっとりと・・・。
主メロとコード進行も安心して聴ける展開でこれまた無茶苦茶聴ける。
05はミディアム、サビで女性コーラスが出てきて
レイドバックしたリズム隊と併せて盛り上げる。
06が、ちょこっと今風のスロウ、カッティングギターと
左チャンネルから聞こえる男の声が印象的。
ABABABの構成からサビ、マイナーな曲調だが
バックで泣くギターもよろしい。
ナレーションから始まるRemixが09だが、
コーラスのアレンジも違うし、
シンプルなバックでヴォーカルが引き立っている。
ここらはそこらのR&Bのヒット曲と互しても遜色なし。
しかも聴けるのだから、こっちの勝ちでしょ>笑
07は再度のミディアム05系だ。
続く08は、主メロが印象的な今風のミディアム、
これも06同様に、アクセントに成っている。
10はスロウのバラッドでしっとり締めくくられるという事で
丸ごと聴いたが、丸ごと聴けます。

本当のSoul Fanは、やはり、「今」のSouthern Soulを聴くべきですぜ!
高い金出して、Mazeなんか行っちゃだめだよ>爆

ポイント ★★★★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Blackpantherさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。