Soul Music 千夜一夜

徒然なるままSoul Musicの話など、語り手はDJイベント・Mercy Soul Night主宰のBlack Panther


テーマ:
たまたま見つけたアスリートブログで、
昔の友人が亡くなっていたのを知った。
親しい方の何人かはご存知なのだが、
今の自宅の集合住宅の建て直しの間、
目黒駅のはす向かいの目黒シネマの裏に住んでいた。
今でも生まれてすんだ場所では
最も暮らしやすい所であった。
周りには、スーパーは5つ、パンを焼いている店、
珈琲の焙煎所が2つ、駅は50平米のテラスから見え、
地下のパーキングも借りられ、60を越す戸数ながら、
住み込みのうるさい管理人さんが居てヤバい事履歴なし。
しかも徒歩30秒に良いBARがある。
そんな場所に、「明石野という明石焼きの店があって、
UnplugedのLiveもしているよ」と
Blue HeatのMasterに聞いて、行ってみてから
金ちゃんと付き合いは始まった。
週に2回は飲みに行っていた感じ。
携帯とかインターネットが苦手で、照れ屋、
ただ、Southern Soul, Blues,Jazzなどには
確固たるしかも揺らがない好みがあり、楽しい人だった。
ここ3年位機会は減ったのだが、そばを通るとき
いつもいけずにいて、この前鮒一でウナギを食った時
看板が無かったので移転かと思っていた。

それがたまたま拝見したブログで
亡くなっていたのを知った。

Little MiltonとLightnin' Slimと
Hound Dog Taylorをかけてあげるから
ゆっくり飲んでくれ・・・

R.I.P.



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

Tonight's Dinner
Creations / A Dream (Zodiac 1005) 1967

先週は土曜日日曜日とParty漬けで、今夜は安息日だ。ここのところ不気味なことに遭遇したからか、怖い夢を見ているが、良い夢を見たいものだ>(笑)
ということで、緩いアップミッドの傑作がDinner。B面のダイナミックでメランコリックなUpperの"Footsteps"も素晴らしいのだが、今日はA面を。タメの効いたリズムで歌われる美メロ。曲が良いね、まず。そして展開もいい。バリっとしたLeadとエレガントなコーラスの対比も素晴らしい。
必殺のDouble Siderである。Must-Buy!!!
Point ★★★★★
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Tonight's Dinner
Donny Hathaway / The Slums

from "Extension Of A Man" (Juke Box EP) ( Atlantic ‎ SD 7-7029) 1973

5月でこの暑さ、すでに不快感が高まっているが、こういう時は、CoolなGrooveが一番。という事で、Donny Hatahwayの名盤から。7inchサイズではこの4曲入りのみ。あとはThe Ghettoの12inchのB面である。Chicago SoundのCoolな世界をもろに体現した作り、場所のクレジットは未確認だが、Chess Studioかもしれないなあ。レイドバックしたダウンテムポのミッド、ストリートテーストあふれるインストだがかっこよすぎる。 Cornell DupreeのGuitarの饒舌に痺れ、DonnyのエレピのGroove感にも痺れる。黒い!
Point ★★★★★

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Tonight's Dinner
The Dells / Don't Want Nobody (Private ZS4 04343) 1984

今夜のDinnerはThe Dells、もうすでに過去の存在でありLiveは見れないのだが、最後まで懐メロGroup化しないで、新曲を満載のアルバムを出し続けていた。かつてTemptsもそうだったが、今やつまらないCover Albumを出したり、G.C.Cameronをメンバーにしたりと、迷走してMiner落ち同然である。やはりThe DellsはToughだったなあ。もちろん2005年にAnaheimで見た、The DramaticsのJoint Liveが最後になったが、Liveではもちろん往年の名曲をしっかり歌ってはいた。ただAlbumは新曲が多かった。
今回のチョイスはUpper、それも軽快なDance Trackでかっこよい。
僕のはFrance盤のPix Sleeveだがジャケの裏面の写真が使われている。A面はChuck Jacson & Marvin Yancy作のBallad、ともに時代を象徴する打ち込み過多なのだが、貫禄で押し切っている。
Point ★★★★★

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Today's Lunch
Denny King  / Chuvas De Verao (Polygram 6969285) 1982

Late 70's -Mid 80'sのBrazilian Soulは心地よいのはご存知だと思うが、やはりUSのSoul MusicなどのPopsとの交わりは欠かせない要素であろう。このDenny King、B面はBarry Whiteの曲を取り上げているが80年代半ば過ぎの、Salasa Romantica同様にSoul Musicとして包括して聞いた方が、気持ちよさが格段に広がることは間違いない。
このA面は、Balladだが、New Soul系にも心を開いたスタイルで地味ながらナイス。
Point ★★★★★

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Tonight's Night Cap
Bobby Womack / I Wish It would Rain
from "Safety Zone" (United Artists 29907) 1975

今夜のNight Capは、UAからのLast AlbumからのCut、
このAlbumはあの"Day Light"が収録されている一枚で傑作。
個人的には、Bestの1枚ではと思っている。Poet Seriesの前に、
James Gadsonとかを従え西海岸のBandをBackにしており、
Soundをトータルで楽しめるという所が素晴らしい。
さて、曲はもちろんTemptsの大ヒットカバーだが、
大胆にアレンジされており、元歌と比して劣らない出来だ。
固めのWest Coastの音が、名曲をよみがえらせたような素晴らしさ。
The Valentinosのコーラスを従えたWomackの熱唱も最高だ。
Temptsより一段とEarthyでホット。
前述の如く良い曲が他にも多く、このLPはMust-Buyであります。
Point ★★★★★

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Tonight's Dinner
Rose E Cesar / Renascer (Aquarela 302) 1979

Brazilian Soullの極上Sweet、男女デュオのMellow。
主メロはもちろんOK、サビへ流れるところのコード進行と
背後でオブリガードで寄り添うギターが、交互に登場から
合体で歌う男女のヴォーカルを引き立てまくる。
つまらないSoulなどは、この手の音を聴くとゴミだ<>(笑)
B面の有名なUpperが有名だが、そちらは後日!
Point ★★★★★

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Today's Afternoon Sweets
Padua / E Tempo De Acorder (Kelo Music 10027) 1980?

Late 70'sにBrazilでもこれだけ完成された音があったという好例。ある面では歌い上げ系なので、バラーディア嫌いのSoul Fanにはお勧めできないのだが、聞けば好き嫌いは別にして良く作られていることははっきりするだろう。主メロ、バックの音、ハイテナーのVocalと非の打ちどころなく作られている。派手なFloor Trackではないが是非お手元に。
Point ★★★★★

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Tonight's Night Cap

Rare Pleasure / Let Me Down Easy (Cheri 505) 1976

MellowなUpper、Pointは主メロの展開に尽きる。First Choiceも1978年のLPで取り上げているが、Tom MoultonのMixで、ある面では、「またこれか」という人もいるだろう。このRare Pleasureの方が最初だろうがBeatをいたずらに強調していないところが逆にナイスなのかもしれない。7inchのほうが高いようだが裏にLong Versionも入っているし12inchよりはやはりこちらか。Longといっても4分ちょっと、全然OKだ。4つ打ちだが甘い。最初から最後まで滑らかにキメる。
Point ★★★★★

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Tonight's Dinner
Dede / Vem Comigo (Disco CBS 43.100) 1983

Brazilian SoulのMellow Midの傑作が今日のDinner、イントロから則逝きます。USのMusic SceneにBrazilのArtistsが見え隠れしたLate 60'sから70's、その遺伝子が再度Brazilで花を開いた世界を探り出すと奥が一段と深いのに気が付く。PrimitiveなBrazilian Soundと一線を画すTasteは、Soul Musicに親しんだ耳には実に美味しいところである。
このDedeの7inchも前述のとおり、頭から終わりまで美味しい。
主メロもナイス、バックの音もナイス、何一ついう事は無い。
Point ★★★★★

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。