道にあるちょっと古いもの

トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物を訪ねた記録


テーマ:

【名称】不明
【所在地】君津市怒田
【竣工】不明
【延長】約100m?(目測)
【幅員】約2m(目測)
【高さ】約3~5m(目測)

 

 

2016年8月13日訪問

 

 

小櫃川の支流・御腹川の上流にて。現在地はこちら(←クリック)。前回紹介した(仮称)4号隧道を南(上流側)に抜けたところだ。

 

 

少し河床を歩くと切り通し状の地形が現れた。

 

 

そして、前方からザーザーと滝のような音が聞こえてきた∑(゚Д゚)

 

 

なんだか気になる凹みがイパーイ。

 

 

でも、この状態では長靴の水没は確実。最近、奥義ジャブジャブを会得した某まきき中先生の境地にはまだまだほど遠いおいらは、ここで前進を断念。

 

 

とりあえず右岸によじ登って上流を目指す。

 

 

50メートル程で河床に復帰。ザーザー音はまだ前方から聞こえてくる。

 

 

(゚д゚)ハッ!!

 

 

この日、2本目の水路隧道の登場。北側坑口(吐口)。

 

 

前の写真の右手に見えた水しぶきはこれ。房総にしては立派な滝かと。

 

なお、手や顔を洗いたい場合は、川ではなく、こちらの滝の水の利用を推奨。なぜなら、ゴニョゴニョ…

 

 

吐口の手前は微妙な感じで流路がえぐられている。写真では解りにくいが、長靴で進むと水没してしまう。ということで、右手の滑りやすそうな傾斜地をソロソロとはい進んだ。

 

 

北側坑口から内部を望む。ってか、奥は真っ暗。ただ、激しいザーザー音が響き渡っていた。

 

 

ライトを点けるとこう(゚д゚)ハッ!!

 

どうやら、あの奥が滝になっているようだ。長い年月で削られてこのような姿になってしまったのだろうか。ってか、これを通り抜けるのって無理、無理、無理( ;´Д`)

 

ちなみに、変態野郎の某M氏は以前にアップした記事のこの写真を見て、なにやら想像したようだが、そう言われてみると、、、 こら、おっさん、おかげでコノ写真が無茶苦茶猥褻なものに見えてきてしまったぞ。えーとー、それの内容を述べるとド変態野郎だと思われるので自粛w

 

 

ということで、無念の撤退をしたのだが、その途中、足を滑らせて長靴が水没。汗ふきタオルもびしょ濡れ。心が折れかかってしばしの休憩( ;´Д`)  という訳で、動画を撮る時は坑口まで近づけなかった。

 

 

ということで、再び右岸によじ登り、川廻しの結果生まれたと思われる旧河床の植林地を迂回することにした。

 

 

上から見た吐口。

 

 

それと、手前の滝。

 

 

さて、川廻しの結果できた土地は植林地に転用されていたようだ。

 

 

ここは… 溜め池か水田だったのかな?

 

 

再び水の音が聞こえてきた。

 

 

無事、御腹川に再会。

 

 

南側坑口(呑口)。

 

 

こちはら平凡?か?w

 

 

でも、やはり内部は真っ暗。そして激しいザーザー音が(^-^;

 

 

坑口から内部を望む。

 

 

ここもやはり少し深いので、これ以上の進入は断念。

 

 

さらに上流を目指す。

 

     ※     ※     ※

 

おまけ動画。

 

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地理へ
にほんブログ村

地理 ブログランキングへ

 

 エバラ ぬか漬けの素 500ml×2個

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

パパゲーノさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。