道にあるちょっと古いもの

トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物を訪ねた記録


テーマ:
【名称】不明
【所在地】君津市怒田
【竣工】不明
【延長】約50m(目測)
【幅員】約4m(目測)
【高さ】約5m(目測)



2016年3月6日訪問

御腹川の水路隧道

君津市怒田(ぬだ)、林道怒田福野線にて。現在地はココ(←クリック)

御腹川の水路隧道

「北向地蔵尊」

去年の夏にもここを通ったが、オンボロそうな建物だったのでスルーした(^-^; 後で由緒あるものらしいと知った(^-^;

御腹川の水路隧道

あの祠が本堂?のようだ。

御腹川の水路隧道

草鞋がぶら下がっていた。

御腹川の水路隧道

祠の中に安置されているお地蔵様。

御腹川の水路隧道

地蔵尊から数十メートル程東に進んだところに水場があった。

御腹川の水路隧道

「北向地蔵尊の霊水」

霊験あらたかな水をいただいて、、、

御腹川の水路隧道

と思ったけど、おいらにはもったいなさ過ぎるので、今回は遠慮しておこう(^-^;

     ※     ※     ※

御腹川の水路隧道

林道は去年通った時より随分と荒れていた。倒木もところどころにあったし、こんな崩落も箇所も。

御腹川の水路隧道

林道の終点、怒田橋までやってきた。

御腹川の水路隧道

橋の上から見える水路隧道。この日、本当は別のお目当てがあったのだが、雨が降ってきてしまった。そのままオケラで帰るのもシャクなので、この水路隧道だけでも取材しておくことに。

御腹川の水路隧道

ここから降りられそうだ。

御腹川の水路隧道

御腹川に注ぐ水路に降りた。

御腹川の水路隧道

御腹川へ。

御腹川の水路隧道

南側より。

御腹川の水路隧道

今まで見てきた水路隧道は流れの急なものが多かったが、ここの流れは穏やか。このまま通り抜けられそうだ。

御腹川の水路隧道

南側坑口から内部を望む。

御腹川の水路隧道

段のようになっているのはなぜだろう?元々はこの段の部分が河床で、削られてここまで河床が下がったのだったりとか?だとしたら、タモリの大好きな河岸段丘みたいなもの?(笑)

御腹川の水路隧道

内部から見た南側坑口。

御腹川の水路隧道

流れが穏やかなため、河床は平で歩きやすい。水深はおよそ20センチぐらいか。何ヶ所か少し深めの場所があったのだが、長靴が水没するほどではない。

それにしても、この雰囲気、すばらしい!

山奥の清流の中を歩いている、と言いたいところだが、この御腹川の水源地は産廃処分場になってしまった。周囲の水田が耕作されなくなってしまったのも、それと関係があるのかもしれない…

御腹川の水路隧道

天井。房総名物の五角形、観音掘りか?

御腹川の水路隧道

内部から見た北側坑口。

御腹川の水路隧道

北側へ。この100メートル程下流に以前紹介したもうひとつの水路隧道がある。

御腹川の水路隧道

振り返って北側坑口から内部を望む。

御腹川の水路隧道

北側坑口。

御腹川の水路隧道

先人がせっかく作った水路隧道なのに、肝心の水田が耕作されなくなってしまったのは残念。

御腹川の水路隧道

少し離れてもう一枚。

     ※     ※     ※

おまけ動画





にほんブログ村 歴史ブログ 地理へ
にほんブログ村

近代化遺産 ブログランキングへ


なぜ一流の男の腹は出ていないのか?



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

パパゲーノさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。