道にあるちょっと古いもの

トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物を訪ねた記録


テーマ:
【名称】梅ノ木台2号隧道(うめのきだいいちごうずいどう)
【所在地】君津市正木
【竣工】1945(S20)年
【延長】86m(「平成16年度道路施設現況調査」より)
【幅員】3.0m(同上)
【高さ】2.5m(同上)



2013年3月10日訪問

梅ノ木台2号隧道

梅ノ木第1号隧道を抜けるとすぐに次の隧道が現れる。こちらの隧道は素掘りのポータルがイイネ!

西側より。

梅ノ木台2号隧道

西側坑口から内部を望む。

1号隧道と違って、こちらは変態直角カーブなどない。房総の典型的素掘隧道のように見えるのだが、実はコイツもなかなかの変態隧道なのだ。

梅ノ木台2号隧道

内部から見た西側坑口。

梅ノ木台2号隧道

西側の坑口近くに一カ所だけ補強されている場所がある。なんだか補強部分が壁面に食い込んでいる。でも、これは変態ぶりとは関係ない。

梅ノ木台2号隧道

中間付近の一枚。整った断面、舗装されていて荒れのない路面、浮き出る地層。

梅ノ木台2号隧道

さらに少し進むと、壁にぼんやりと光が…

梅ノ木台2号隧道

そう、分岐の登場だ。

梅ノ木台2号隧道

支線の方は車の侵入は不可能、完全な人道サイズ。

梅ノ木台2号隧道

支線の坑口の先は三島湖なので、道はすぐに右にカーブ。

梅ノ木台2号隧道

その先にあるのは…

梅ノ木台2号隧道

なんと、お社。しかも岩肌に食べられそうになっているし。

梅ノ木台2号隧道

建物自体は基礎も新しいので、建てられてさほど経っているものではないのだろう。ずいぶんと奇妙な場所にあるが、三島ダムができる前からここに(先代の)お社が建っていたのだと考えれば合点がいく。それより、この岩に押しつぶされそうな建て方は珍風景なのでは。

梅ノ木台2号隧道

さて、戻ろう。

梅ノ木台2号隧道

支線の中はダム湖からの光の照り返しで照明なしでもさほど暗くない。

梅ノ木台2号隧道

本線に戻って東側に歩みを進める。

梅ノ木台2号隧道

東側坑口を内部から。

梅ノ木台2号隧道

東側坑口。

梅ノ木台2号隧道

東側坑口から内部を。

梅ノ木台2号隧道

東側より。

梅ノ木台2号隧道

比較のために、まきき氏のテリオスッドに登場願おう。




地理 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 道・道路へ
にほんブログ村


ウメ (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

パパゲーノさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。