道にあるちょっと古いもの

トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物を訪ねた記録


テーマ:
【名称】石崩隧道
【所在地】足柄上郡山北町玄倉
【竣工】不明



2012年2月5日訪問

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

靑崩隧道から少し進むと次の隧道が。直角カーブで尾根を突っ切るというわかりやすい線形(^-^;

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

西側坑口。

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

正面から。

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

西側の篇額。「石崩隧道」
靑崩隧道もなかなか危なげな名前だが、こちらはさらにより直接的な。。。というか、整備する気ないんじゃね?って思いたくなるような命名(^-^;

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

西側坑口から内部を望む。坑口こそコンクリで巻立ててあるが、内部は素掘り。そして未舗装の路盤という、なかなかワイルドな仕様。

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

内部から見た西側坑口。

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

照明こそないものの、直線なので光も入ってくるため、不気味なゾクゾク感はない(^-^; ただ、今にして思えば。、崩落の危険でゾクゾクするべきだったかも(^-^;

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

西側坑口の先は開けているので、内部はかなり明るい。

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

現地では、こんな具合のウネウネ写真が撮れることに大興奮。

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

あっという間に通り抜けてしまった。内部から見た東側坑口。

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

東側坑口付近から内部を望む。路盤は荒れ気味なので、チャリのスピードは控えめに、、、(^-^;

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道


東側坑口。こちらは靑崩隧道と同様に、ロックシェッドに繋がっている。

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

東側野扁額。「石崩隧道」

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

ロックシェッドを抜けると、それまでと周囲の雰囲気(空気)が変わった、、、

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

進行方向右側を見上げると滝のように水が流れ落ちる沢?が。写真では判りづらいのだが、周囲に飛び散ったしぶきが凍っている。そういえば、まだ2月の初め、さっきまでうっすらと汗をかきながらチャリを押していたのだが、急に寒さを感じる。

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

今度は左側の川を見下ろす。やはりこちらも所々氷が。隧道の西側と比べて、一気に気温が5~10℃ぐらい下がったんじゃないかと思ったり。たぶん気のせいだけど(^-^;

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

隧道を振り返る。人里からほんの数キロしか離れていないのに、まるで遠いところに来てしまったように錯覚する。そういえば、ゲートからここまで、人の姿を見かけることがなかった。シカはいたけど、、、

道にあるちょっと古いもの-石崩隧道

ふっと、三島由紀夫の遺作『天人五衰』の最後の文章を思い出した。

「そのほかには何一つ音とてなく、寂寞を極めてゐる。この庭には何もない。記憶もなければ何もないところへ、自分は來てしまったと本多は思った。(改行) 庭は夏の日ざかりの日を浴びてしんとしてゐる。……」(三島由紀夫『天人五衰』新潮社~p.271)

まぁ、季節は逆なんだけど(^-^;
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

パパゲーノさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。