1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-09

天皇の大御心

テーマ:ブログ
 天皇のお気持ちが昨日午後3時から10分間程度ビデオメッセージで国民に伝えられた。

 政治的発言ができないお立場という事で、そのメッセージは間接的、婉曲的になりましょうと事前にメディアの案内が頻繁に流されていた。

 しかし、私にとってそれは十二分に直截的であった。驚く程に直截的であった。

 それは、私が事前に『今上天皇の「生前退位」報道の真意を探る』(大川隆法著)を拝読させて頂いたからであります。

 同書には畏れ多くも天皇の守護霊様が語られております。

 天皇の守護霊様のご発言で一番驚いたのが、明確に摂政による代行を否定されておられた事です。

 渡部昇一氏など、少なからずの識者は、「生前退位」報道に違和感を覚え、今回の問題は、聖徳太子や昭和天皇の事例などを引用し摂政を置くことによって解決される問題であって、皇室典範の改正云々など必要ないはずであると主張しておられました。

 しかし、昨日の天皇のお気持ちのビデオメッセージでも、摂政による代行に対して天皇は明確に異を唱えておられました。これは相当踏み込んだご発言だったと思います。
 このご発言で、摂政による代行は事実上、困難になったのではないかと思います。

 守護霊のお気持ちとピタッと寸分たがわず一致しておられたことに驚きました。この摂政の否定に関しては、放送直後の解説(NHK)において、八木秀次麗澤大学教授もポイントとして指摘しておられました。

 このように、『今上天皇の「生前退位」報道の真意を探る』とビデオメッセージの内容をセットで読み解くと、今回の天皇のお気持ちの「本心」「大御心」が余すところなく諒解せられると驚きをもって感じました。

 今回のメッセージは国民に対するものでありましたが、もっと狭義に解釈いたしますと両院で3分の2以上の勢力をもって憲法改正の発議が可能となった安倍政権に対するものであったことが了知されるのであります。





にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-07-31

本日、大川宏洋氏、ぎふチャン・ラジオ出演!

テーマ:ブログ
 本日、ぎふチャン・ハッピーサンデー(8時30分~45分)のゲストは、大川宏洋ニュースター・プロダクション株式会社代表です。

 ~8月末にリリースされる 「revolution」の誕生秘話、そしてその曲に込められたご自身の思い、願いを お話しくださいました。
幸福実現党&人生の応援歌「revolution」を、都知事選投票日の朝に、皆様にお届けできることは正に奇蹟であり、最大のエールだと思います。

 どうぞお部屋で、車のなかで、スマホヤパソコンで、是非お聴きいただきたく 宜しくお願いいたします。
全国の皆様も、radikoプレミアムでお聞きいただけます。
今回 ぎふチャン滞在は わずか2時間ほどでしたが、宏洋さまの心を感じ、与えられた立場で全力を尽くすことの尊さ、飾らないお人柄に感動し、私自身心新に誓いました。
誰にも気を使わせることなく、自然体でにこやかに、本当に愛の風のように、収録後は大阪へと向かわれました。(服部佳子)~

http://radiko.jp/

ぎふチャン・AMラジオ 1431 kHz





にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-29

東京都知事選「偏向報道に異議有り!」考

テーマ:ブログ
 今回の東京都知事選では、主要3候補の圧倒的報道時間と、その他の候補者の扱いのあまりの差に対して「偏向報道に異議有り!」と選挙戦終盤になるにつれ注目度が増している。

 当初は、小池百合子氏、増田寛也氏、鳥越俊太郎氏、主要3候補のテレビ報道もそれなりの「鮮度」があったかもしれない。

 本来、マスコミ出身の鳥越氏が「主要3候補」というセット商品の「鮮度」を保つべく引っ張る使命があったのだろうが、候補者の命である「街頭演説の言葉(言霊)」「討論会での言葉(言霊)」にキレがないばかりか、一部の医療関係者から認知症の典型的初期症状では?と疑問符がつく(都知事候補として)絶望的言動に多くの都民が失望し、スキャンダルが出るに及んで、本来擁護すべきマスコミも見放した形になった。
 
 「主要3候補」という商品の「鮮度」は長くは持たなかった。
ゆえに、一層、主要3候補の「主要」に対する異和感、そして拒絶反応が生まれたと思う。
 
 護送船団方式よろしく「主要」マスコミが、カルテルを結んで横並びで生産した「主要3候補という商品」が腐ってしまった。

 マスコミ各社のカルテルによって「この商品を買いなさい。投票しなさい」と押し付けられた商品が欠陥商品だからたまってものではない。この押し付けは、主権在民を侵害するものである。
 この押しつけは、現代の日本が「マスコミ主権」である事の証左である。

 我々日本人は、マスコミの押し付けを断固拒否する。

 しかし、過去の都知事選を振り返っても、程度の差こそあれ、偏向報道はずっと存在していた。

 今回、マスコミ御用達の3候補の質に疑問符がついた事の他に、これほど「偏向報道」が騒がれているのには何か理由があるはずだ。

 私見であるが、幸福実現党から出馬している七海ひろこ女史の存在が大きいと思う。

 女史の個人の魅力は、万人の認めるところである。「女神の降臨」と巷間囁かれている個人の魅力そのものが、「女神を〇沫扱いするとは天に唾する行為!偏向報道許すまじ!」の潜在的声を集めている。

 そして、もう一つ。女史の出馬そして勇敢な戦いの姿が、幸福実現党2009年立党以来、報道管制が敷かれたが如く報道規制がかかる中、多くの無名戦士が累々と屍を積み上げてきて蓄積されたエネルギーが、女史の身体に集約され、適切な言葉が見付からないが、いわば「光のルサンチマン」として凝縮され、浄化されている、その圧倒的パワーが、「偏向報道に異議あり!」の世論を背後から盛り上げているのではなかろうか・・・と思うのである。
 
 世の中堅女性が羨望の眼差しを送る、あるいは殿方の垂涎の的かかもしれない、女史のノースリーブのしなやかな腕を高らかに上げる演説の姿そのものが、幾百の無名戦士の「光のルサンチマン」にとって「カタルシス」なのである。

「無敵の女神」のしなやかな姿が、民族の精神「繁栄」の象徴であり、その精神の高揚を誘引しているのである。

 今回の東京都知事選は、日本史上、エポックを画することになることは間違いない。

諸行無常 諸法無我 涅槃寂静 そして光明荘厳
政治的勝利なくして光明荘厳なし。
 







にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-07-22

元NHK職員の告発「東京都知事選・政見放送」

テーマ:ブログ
都知事選挙にNHKの元職員が立候補し、「政見放送」で古巣のNHKを告発している。

以下は、「政見放送」を見た私の私見であって、「政見放送」のサマリーではない。

「ワーキングプア」「無縁社会」「老人漂流社会」「老後破産」「親子共倒れを防げ」「孤独死」・・・・
 現代の日本の空気の醸成に大きな影響を与えてきたNHK。政策にも影響を与えている。

 高給を喰むNHK職員の贖罪意識がこれらのシリーズの原動力ではないかという説がある。
 それほど、NHK職員は高給を喰んでいる。
 
 高給の源泉が、NHK受信料である。

 だから、NHK電波にスクランブルをかけ、受信料を払わない人は見れないようにするのが、最も合理的な考え方である。

 しかし、これはNHKが最もやりたくない事である。

 民営化し無料放送にするか、スクランブルをかけるか、道は二つしかない。現在のように公共放送として強制的に受信料を徴収する方法は、いつまでも許されることではない。

 多チャンネル化と、有料放送が時代のトレンドである。
このトレンドこそ、国民総洗脳から逃れる道である。

 一見、やししく見えるNHKであるが、高給を喰む立場(強者)から、弱者を見下ろす構図がある。一部の人間(漂流する老人等)を「弱者」と認識している。

 幸福実現党は、人間を弱者として認識しない。

 全ての人間は、仏子としてダイヤモンドの原石である。
数十年の地上人生はダイアモンドの原石を磨く修行である。
 喜びも悲しみもある。
この地上人生で「原石」を磨き、魂を輝かせる。

 魂の糧を得て、あの世に還り、再び地上に転生輪廻する。
人間は魂の進化を求める永遠の旅人。

 「悟り」の観点から、来世への準備段階でもある老人の孤独を見るとき、また違った世界が見えてくる。

 また、幸福実現党七海ひろこ候補の繁栄の輝きを照射すれば、これまた違った世界が見えてくる。老人の輝きとは人を刺激するものではないだろう。燻銀の輝きだろうか。

 NHKが醸成してきた「暗い空気」「重い空気」を晴らすのは、繁栄の女神・七海ひろこ候補をおいて他にないことを添えて・・・










にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-21

加納有輝彦 「最後の訴え」 追憶の第24回参議院通常選挙 

テーマ:ブログ
 私にとって、政治活動は常に「現在進行形」である。

戦いは続いている。都知事選挙に党幹部七海氏が出馬し、熱い戦いを展開している。

ただ、私は在家で仕事をしながらの政治活動ゆえ、選挙の前後ではその環境が劇的に変わる。

 毎回、前後裁断して戦っている。
 「一選挙一生」の思いで戦っている。

 ゆえに、ついこの前の選挙であるのだが、「追憶の第24回参議院通常選挙」と、そんな心象風景の中にいる。


 一般の聴衆から、「神がかっていた」と言われた(笑)『最後の訴え』をある党員の方が撮影して頂いていた。さきほど知った。

 備忘録?個人的記念碑として貼り付けさせて頂いた。撮影して頂いた、河出氏に感謝。





にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

 
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。