今日も、明日も、ママヂカラ!

「息子を賢く育てたい!」を原動力に、小学校受験を経て、数検・漢検と宮本算数教室の賢くなる算数で、さらに息子の頭を鍛えることにまい進中の、ママのブログ♪
現在は2016年の中学受験に向けて通塾中です。

頭の体操の使用教材一覧≫・≪オススメ問題集


左のテーマ欄からご覧ください。

「頭の体操」にご興味のある方は、それぞれ過去の記事にリンクさせていますので覗いてみてください♪



オススメの本


息子が読んだ本たちのご紹介です。左のテーマ欄からご覧ください。

選ぶ本に迷ったら覗いてみてください♪

 (9/17UPNEW → オススメの本≪推理・シリーズもの≫)



注意アメンバー申請についてはプロフィール欄をご覧ください。



テーマ:



昨日今日と暖かいですね~。


春が近いと感じてテンションが上がります喜ぶ


花粉は困りますケド…ちーん





ところで。


6年になって3週間目ですが…5年の時よりもお勉強の負荷が減った我が家。


いえ、もともと負荷がかかってたのか?という疑問もありますけど…


とにかく、確実に5年よりも楽になっています笑ううさぎ




理由は理社が復習となり、新しく登場する単元がなくなったということや、漢字・知識などで困ることがないことがあります。


あとは、集中力のスイッチをいつでも押せるという特性と、処理スピードです。


「じゃ、始めよっか」で集中できる息子は、無駄な時間がとにかくないので助かります。


処理スピードの方は粗さもまだまだ残りますが、6年の塾システムのおかげで修正しつつあります。


このあたりは家庭ではとても修正が無理なので、本当にありがたいですLOVE





まぁ、そんなおかげで楽な日々を送っております。




が。




だからといって、楽な生活に胡坐をかいている場合でもありません。


だって、受験生ですし~あわわ





大まかなところは塾や息子に任せていても良いのですが、細かな部分はやはり親がフォローしなくてはいけません。


間違えた問題の管理もそうですし、国語や理社の知識部分の弱いところの管理も必要ですよね。


間違えて、お直しして終了!が通じるのも、5年前半くらいまでだと思います。


でも。


しつこくすると嫌がりますし、何よりお勉強が楽しいものではなくなってしまいます。


なので、そこで重要なのが、




すきま勉強




我が家は幼稚園の頃から取り入れています。



幼稚園の頃はお勉強というよりは、お絵かきとか巧緻性の分野のものでしたが、


集中力の切り替えの癖もつきますので、とってもオススメですオススメ




4年まで続けていた「頭の体操」も、このすきま勉強のひとつです。




ちょうど今しているすきま勉強は、


手作りの理科(植物)と、社会の年代ゲーム(半手作り)です。




時には算数が入ることもありますし、塾の小テストのお勉強が入ることもあります。




時間は10分程度のものですが、この10分は侮れません。


え~?たった10分?と思われるかもしれませんが、


通塾していなければ、週7日で70分を、月に300分をこれで確保できます。


しかも、それをお勉強時間と子どもが認識せずに!


これってとっても大事です。


気がつかずに、お勉強時間増ですから!




でも、大事なのは




求めすぎない




ということです。





完璧を求めると、お勉強ってバレちゃいますから焦る


楽しく、楽しくです。




中受って大変なものだ、という都市伝説を全く無視して、我が家はずっと楽しく頑張ります。


だって。


中受はゴールじゃないですしねむふ~




ぜひ、すきま時間を利用してみてください。





高みを目指して。


楽しく頑張ろう!


ね、息子キラキラ








にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:




またまたご無沙汰しております。


私事が目一杯忙しく…しばらく亀ペースの更新になるかと思います(汗)




ところで。


昨年の11月に書いたこの記事。


「中学受験を楽しかったと言えるために。」   (←リンクしてます)


6年カリキュラムスタート時から「お勉強系については肯定しかしない」という宣言ですが…




無事、1月半ば頃から導入できておりますミッキー




元々、小言的なことは言わないできましたが、やはり↑で書いたようなことは定期的に言ってきました。


でも…


今はぜーんぜん言いませんイエーイ!!


もちろん、教材管理や間違えた問題の管理などはしっかり継続していますけども。


塾の6年のシステムが本当に良く出来ていて、放っておいてもやる気が出るので、とっても助かります。




親はお勉強を強要する存在ではなく、同志であることが大事だと思うので、精神的な支えになってラスト一年を乗り切りたいと思っています。




お勉強の流れなどは次回に記事にしますので、亀ペースですが、また遊びにきていただけると嬉しいですティアラ




さぁ。


6年も楽しく頑張ろうか。


ね、息子キラキラ







にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ







AD
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード