先日行った美容室で読んだ雑誌に、

 

子どもに本をたくさん読ませよう

 

というような特集がありました。

 

 

ふむふむと読んだのですが、 

 

一番気になったのは、「国語の学力つく」という一文。

 

うーん・・・

 

過去記事にも、読書と国語の関係についてはいろいろ書いてきましたけど、未だに両者が直結するものではない気がしますねぇうーん

 

 

ただ。

 

最近思うのは、本をたくさん読むことで論理的思考力は養えるだろうな、ということ。

 

本を読むと、そのストーリーを理解しなくていけませんよね。

 

いろんな情報を組み立てないと読み進められませんから、情報処理力も養えると思います。

 

ただ・・・残念ながら、それだけじゃ解けないのが国語読解問題ポリポリ

 

妙に細かく微妙な心の動きなんかも求められますから、単に読書が好きというだけの男子よりも、そういうことに聡い女の子は国語が得意なことが多いですよね。

 

例えば、国語読解に登場する「嫉妬」とか「強がり」とか「気後れ」とか・・・挙げればキリがありませんが、息子はそういう感情が上手く理解できず・・・

 

結局、そういう未経験のものは全くわからない、だからわからない、理解できない、書けない解けないって感じだったんだろうと思います。

 

息子の学校の入試問題も漢字以外はほぼ記述ですが、本当に「え?」というような細かいところを読み取らなくてはいけませんでした。

 

最初に解いた過去問は本当に20点ほどしか取れず、さすがの息子も「ヤバイ」と感じるくらいのバツがずらりと並んだ答案でしたし・・・ひぃー!!

 

とにかく微妙な心の動きが書かれている部分を、あえてピックアップして出題しているんですから、漠然と話の流れを理解しているくらいでは到底解けませんよね。

 

理解と感情は別物ですしね・・・ポリポリ

 

なので、幼い男子には高い壁なんだと思います。

 

説明文はできても、物語はさっぱり・・・とか、女の子が登場しない物語ならできる・・・とか、そういうことが出てきてしまうのも当然かなぁと。

 

 

 

でも、そのあたりは一定の解き方を習得すればカバーできるものだと思います。

 

私もかなり苦労して・・・いろんな本を読んで、できることをいろいろ試したものですが、親子で解き直しの意味を理解してからは、たった1ヵ月たらずで劇的に改善しましたので、国語は問題に慣れるものではなく、習うものなんだと思います。

 

ま、今だから言えることですけどね。

 

・・・当時は本当に頭を悩ませましたから汗

 

 

 

国語以外の教科は感情的な部分がないので、そこには多いに効果があると思う読書。

 

英語にもその効果はある気もしているので、これからも読書は続けて欲しいなぁと思っています。

 

 

そんな息子は、最近、本棚に並んだ私の本の中から赤川次郎さんのシリーズを読んでいます。

 

私が息子くらいの年齢くらいに読んでいたものなので、年季が入っている本達ですが、よほど面白いのか家でもちょこちょこ読んで、このところ1日に1冊ペースです。

 

途中で途切れているので、続きは買い足さないといけませんが、他にも赤川次郎さんの本はたくさん持っているので、しばらくは読むものに困ることはなさそうですむふ~

 

 

感受性という部分では豊かとは言い難い息子・・・

 

これからたくさんのことを経験して、そちらも養っていってほしいと思います。

 

 

ガンバレ、息子キラキラ

 

 

 

ランキングに参加しています。

みなさんのポチリが励みになります!いつもありがとうございます♪

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へにほんブログ村  

 

 

↓コチラは息子が使った問題集のご紹介です↓

塾だけでは足りない知識を補うために使ったものです。

※現在は本のご紹介だけですが、少しずつ感想や使い方などもUPします。

 

★小6問題集(算数)

★小6問題集(国語)

★小6問題集(理科)

★小6問題集(社会)

★小5問題集(全科)

★小4問題集(全科)

★中学受験の本(親向け)

 

 

頭の体操の使用教材については↓コチラ↓です。

※使い方や感想を当時の記事にリンクさせてご紹介しています。

 

★頭の体操()

 

 
 
AD
 
 
今年の中学入試も終わりましたね。
 
受験生の親御さんには心から「おつかれさまでした」と言いたいです。
 
 
 
去年も書きましたが、入試ですから合否は必ず出ます。
 
喜んだお子さんも、泣いたお子さんもいらっしゃると思います。
 
第1志望校にご縁がなくても、合格をいただいた学校に納得して手続きをされた方もいらっしゃれば、納得できず高校や大学でリベンジを!と決意した方もいらっしゃると思います。
 
息子の友人達にもいろいろあり、第1志望校に進学できたのは数人です。
 
ママ達の涙に、私も本当につらかったです。
 
良い時もヘコんだ時も、悩んだ時も上手くいかなかった時も、悩みを共有して慰め合ったり、みんなで話すことで気分が浮上したり、やる気がでたり・・・いろんなことを話して、いろんなことを知っているから、受験って残酷だとつくづく思いました。
 
 
 
でも、合否が出てから一年。
 
息子の友人達はそれぞれにご縁があった学校で、それぞれの学校生活を送っています。
 
新しい環境、友達、部活、勉強・・・
 
大半の友人達は楽しく過ごしています。
 
子ども自身にも、いろいろと思うことはあるでしょうけども、それでもやっぱり子どもの方が柔軟です、親に比べれば。
 
中受の結果で一番不幸なのは、親が切り替えられないことだと思います。
 
結果を受け入れられないママって、本当にいるんです。
 
そうするとどうなるか・・・
 
お子さんが第1志望校もしくは第2志望校に合格したとかという嘘をつくとか、入学しても学校生活が上手くいかないとか・・・
 
進学する学校について嘘をつくというのは、それこそ嘘みたいな話ですが本当にあるんですよね。
 
これは結構危険です。
 
嘘をつくことで失うものが多すぎますよね。
 
小学校時代の友人達もそうですし、入学後の自分の学校生活の希望も、ですもん。
 
 
 
受験期間中、いろんなことが起こります。
 
時には子どもに発破をかけることも必要になります。
 
でも、○○校じゃなきゃ!△△校なんてダメ!なんて言っちゃいけません。
 
中学入試を実施している学校は多いですが、だからって実際に比較対象になる学校は数校です。
 
大学受験のあるなしとか、男女別学か共学校かとかという基本的なところから、通学時間や偏差値帯、教育方針、さらに受験日程なども考えると、本当に数校なんですよね。
 
我が家は偏差値帯に関係なく、かなり幅を持って学校見学に行ったのですが、それでもやっぱり受験校として上がったのは、5校のみでした。
 
結局、1校を外して、2/1~2/3で1校ずつ受験し、2/4に考えていた学校は受けずでしたが、そんなものです。
 
つまり比較として口に出る学校は、受験する学校のひとつになり得るワケなんですよね。
 
受験って、合否が出るまでわかりません。
 
サピのいわゆるアルゼロにも「まさか」は起こるんです。
 
 
 
うーん・・・ちょっと書きたいこととズレてしまいましたが・・・
 
たかが中受、されど中受
 
後半の意味も本当だとは思います。
 
でも。
 
中受で人生は決まりません。
 
第1志望校に進もうとも、第2志望校に進もうとも、どこに進もうとも、そこでどう過ごすかですものね。
 
息子は運良く第1志望校に進学しましたが、そこがゴールではありませんし、入ってしまえば周りは全員○○生なワケです。
 
だから、息子にとってもそこでどう過ごすのかが大事だと常に思っています。
 
 
親は我が子の幸せを願って中受させる決断をするんですから。
 
それは結果に左右されないもののはずですよね。
 
 
もし、沈んでいるママがいたら、ちょっとでも届くといいなと思います。
 
 
「希望こそが人間をつくる」
(アルフレッド・テニスン)
 
 
私も。
 
がんばります。
 
 

ランキングに参加しています。

みなさんのポチリが励みになります!いつもありがとうございます♪

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へにほんブログ村  

 

 

↓コチラは息子が使った問題集のご紹介です↓

塾だけでは足りない知識を補うために使ったものです。

※現在は本のご紹介だけですが、少しずつ感想や使い方などもUPします。

 

★小6問題集(算数)

★小6問題集(国語)

★小6問題集(理科)

★小6問題集(社会)

★小5問題集(全科)

★小4問題集(全科)

★中学受験の本(親向け)

 

 

頭の体操の使用教材については↓コチラ↓です。

※使い方や感想を当時の記事にリンクさせてご紹介しています。

 

★頭の体操()

 

 
 
AD
 
いよいよ明日からですね。
 
一年も経っているのに、いろんな場面を妙に鮮明に思い出します。
 
 
お天気は良いみたいで良かったです。
 
受験生のご家庭全てに、いろんなことが起こる数日だと思います。
 
でも、泣いても笑っても一生のうちで中学入試は一度だけです。
 
全力で楽しんでください。
 
応援しています。
 
 
ガンバレ、受験生笑ううさぎ
 
 
 
 
AD