今日も、明日も、ママヂカラ!

「息子を賢く育てたい!」を原動力に、小学校受験を経て、数検・漢検と宮本算数教室の賢くなる算数で、さらに息子の頭を鍛えることにまい進中の、ママのブログ♪
現在は2016年の中学受験に向けて通塾中です。

頭の体操の使用教材一覧≫・≪オススメ問題集


左のテーマ欄からご覧ください。

「頭の体操」にご興味のある方は、それぞれ過去の記事にリンクさせていますので覗いてみてください♪



オススメの本


息子が読んだ本たちのご紹介です。左のテーマ欄からご覧ください。

選ぶ本に迷ったら覗いてみてください♪ (6/20UPNEW)



注意アメンバー申請についてはプロフィール欄をご覧ください。



テーマ:




リーダーシップの取れる子はどうしたら育てられるのか?という記事を読みました。


それについてはいろいろと書かれていて、ふむふむと読んだのですが…。


何だかとっても難しい気もしました。


自立をさせるとか、

何でも積極的にチャレンジさせるとか、

自信をつけさせるとか…


幼児には難しいし、かといって周りが見えてくる小学生にも難しい…


だって、親側のアプローチではどうしようもない部分…子どもの性格とか心情によるところが大きいものですものね。


何と言っても…私は息子に対してそういう一連のことにチャレンジした経験がありますのでポリポリ




今でこそ、親でも「え?」というくらいの、積極性を持つ息子ですが…


年長さんくらいまでは、まぁ…真逆も真逆の、超引っ込み思案な子でした。


誰に何回会っても「はじめまして」になっちゃうような、「おとなしい」子でした。


当時リトミックが流行りましたけど、(今もあるんですかね?)


そういう時に、一切歌わないし踊らない…という息子。


周りのお友達全員が楽しげに踊っていても、微動だにしませんでしたから凹


とにかく、お友達が暴れたり遊んだりするのを、ただただニコニコと見ているような子で、親としてはちょっとじれったい気持ちでした。


子どもが小さければ小さいほど、積極的な子は「子どもらしい」と高評価を受け、おとなしい子はちょっと肩身の狭い思いをします。


なので、育て方が悪いのかな…という、意味のない不安も抱きます。


私も結構それで悩みました。


今となっては何てことないことですが、当時は切実な悩みでしたね。




でも、だからってどうしようもありません。


どこに連れて行っても、同じリアクションですしね。


全然変わりません。


幼稚園でも大人しく手のかからない子だったと思います。


良い意味で目立たない子、ですね。


それって、親としては複雑な気持ちでした。


息子が楽しく過ごしているのに、そういう気持ちも変だと思って、何だかとっても複雑でしたね…。





ですが…


今では、常にリーダーになりたい!という、自他共に認める超積極的な子になりました汗


そういう片鱗を見せ始めたのは、もうすっかり「この子はおとなしい子だから」と納得してから以降なので、特に何も働きかけはしてなかったんですけども。




積極的な子をみると、良いように見えますよね。


私もずーっとそういう風に思っていましたし。


でも性格はそれぞれですし、ずっと同じままとも限りませんし…


なので、子どもにとって迷惑なアプローチは不要かなぁと思います。


子どもは子どもでちゃんと、棲み分けているものですしね。




いろんな性格の子がいて当然ですし、だからこそ上手くいくこともあります。


そういう中で、良好な友人関係を作れるかが大事だと思います。


低学年とは違って、高学年になると、お友達の意味も少しずつ違ってきますしね。


ただ一緒に遊ぶとかではなく、お互いに信頼し合える関係が必要になってきますし。


なので、相手の気持ちを考えられる子に、と思います。


そのあたりは親の関わりでどうにかできるものですから、今後も気を配りたいです。




いろいろと我が子に望むことは多いですが…


期待しすぎず、望みすぎず、諦めず…の精神で見守りたいと思いますティアラ




心も育てよう!


ね、息子キラキラ










にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ







PR
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:




もうすぐ夏休みですねぇ。


長いハズですが…おそらくあっという間だろうなぁという夏休み。




他塾に比べ、負担は少ない息子の塾ですが…


とはいえ、どういうスケジュールを立てるかは重要です。


昨年の夏期講習は、小4ということもあり…理社の復習だけしかしませんでしたが…汗


今年はそういうワケにもいかないだろうと思います。




小5の中では甘すぎる発想の我が家ですが…少し前からお勉強スタイルを一部変えております。


(それがどう出るかわからないので、結果が見えたら記事にしますね)


秋以降のテスト増に向けての変更なんですが、それを夏期中に定着することが目標です。





ただ。


お勉強だけというのは寂しすぎるので、お友達との遊びの計画もきちんと入れようと思っています。


私学なので、子どもだけでふらっと遊ぶ…ということができないのですが、


幸いにも親子で仲良しメンバーがたくさんいるので、何とかスケジュール調整をして遊びたいですミッキー


来年はぜーったいに無理でしょうしね…あわわ





まだ小5ですし。


お勉強過多にならないように、楽しい夏休みにしたいです笑ううさぎ





バランスの良い夏にしよう!


ね、息子キラキラ







にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:




今週の塾算数の問題で、濃度算の等量交換の問題が出題されました。


クラスで息子だけが解けたらしいのですが…


どうやって解いたの?と聞くと、


「当たりをつけて解いてった」と。


がーん!!


息子、これをたまにします汗


「頭の体操」の名残ですね。


とにかく答えが出れば良い、というアレの。


大体これくらいだろう、というキリが良いところの数字から、とにかく計算してみる…という荒業。


まぁ、手を動かす(頭を動かす)という意味では良いことですが…荒業です…ポリポリ




とにかく、クラスの誰も解けなかったというその問題。


先生が解き方を説明してくださったらしいのですが…


息子としてはしっくりこなかったそうです。


息子はその算数の先生が好きですし、いつもは別解もよく聞いてきて、その解き方を披露してくれます。


なので、どうしてかな?と思って、その問題を見てみると…




宮本先生の賢くなる算数で解いたことのある問題、でした。




その時は、図に書いて解いたんですよね。


なので、思いつかなかったものの、その感覚が残っていたようで汗



今でも、息子は絵や図をよく書きます。


式は書かなくても、絵や図は書くんですよね。


「とりあえず書いてみる」という「頭の体操」の頃の習慣がしっかり残っています。




というワケで、賢くなる算数を出してきて確認。


とはいえ…解説を見せるのでは意味がないので、絵の書き方をちょこちょこと助言して、無事絵だけで解きました!


類題も解けましたが、ちょっと不安なので…賢くなる算数の問題なども渡してみようと思っています。


でも。


通塾後、次第に「頭の体操」の時間もなくなり、最近はパッと解けるような問題ばかり(速さ・割合と得意な単元続き)なので、こういう問題はありがたいです。




ただ、凡ミスは相変わらずあるので、夏休みは精度を上げていかなくてはなぁ…と思うのですが…


粗い性格なので…期待は薄いですけども…悩む



ちょっとずつ、がんばろうか。


ね、息子キラキラ





にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード