あれから四年

テーマ:

今でも毎日ブログに100名程度の方が観覧に来てある事をしりながらも、更新をしないまま四年の月日が流れました。

何度も書こう、伝えよう、そんな思いがあったのに、色んな方の言葉で、父の病気を通し傷つき、心を痛め
いつの日か、自分と家族の中で色んな思いを閉じ込めよう、、
そんな思いがありました。

どうせ、分かってもらえないなら言わないでいよう、、、

でも、今回そんな私の心を動かしたのは
小林真央さんと、お姉さまの麻耶さんのブログを拝見し、心が動きました。

私にも伝えるべき事があるのではないか、、と。


父が白血病で、しかもかなり難しい種類の白血病で治療 は難しいと宣告された日
私がamazonで取り寄せた白血病関連の本は10冊以上でした。

本の中の一冊は市川團十郎さんの白血病との闘いの体験記でした。
すべての本を徹夜で読みましたが、唯一父に見せたのは、團十郎さんの本だけでした。
何故ならそこには、常に前向きに戦う團十郎さんの姿があったからです。

他の本は悲しい内容が多く、父の為には見せるべきではないな、、、と。

なんでサブタイトルは、歌舞伎役者という言葉が入っています。笑

團十郎さんの本はずっとずっと病室の窓際に飾っていて、何度も何度も読み返しました。
いつか生還し、團十郎さんと対談する!
そんな夢も出来ていたのですが、團十郎さんが亡くなった時は涙が止まらず、受け入れるのに時間が掛かりました、、、。

團十郎さんは白血病のフルコースを味あわれており、治ったかと思えばまた発病、、、
本当に大変な治療だったと思います。
そして御家族にとっても長い長い闘いだったと。
團十郎さんは父の中で、スターでした。


でもスター亡き今、父の経験が何かしたらお役に立てたり、御家族の力やよりそう事が出来たなら幸せだと思います。

團十郎さんが亡くなり、海老蔵さんがいつかバンクの活動や赤十字の広告塔になってもらえたら、嬉しいな、、なんて思っていた矢先に、奥様の真央さんが乳癌との会見にただただ、本当に驚きました。

そして、ブログを開始された日からずっと拝見していますが、伝えることで誰かにもしかしたら勇気や、何か分からないけど伝えれたら嬉しいです。


毎日、毎日約100名に観覧していただき、白血病の方、御家族の方かもしれないし、バンクのドナーの方かもしれません。
少しずつですが、日記や今の思いを加えながら書いていけたらと思います。